「低糖質 vs 低脂肪」どちらの食事療法が優れている? 議論に決着

健康的低脂肪(HLF)ダイエットと健康的低炭水化物(HLC)ダイエットについて、12ヵ月後の体重減効果は同等であることが、米国・スタンフォード大学のChristopher D.Gardner氏らが、609例を対象に行った無作為化比較試験で示された。また遺伝子型やダイエット開始前のインスリン分泌能は、いずれの食事療法の体重減効果とも関連がみられなかったという。結果を踏まえて著者は、「疾病の素因と仮定される遺伝子型およびインスリン分泌能は、HLFとHLCのどちらが至適な食事療法かを識別するのには役立たないようだ」とまとめている。JAMA誌2018年2月20日号掲載の報告。
ケアネット 公開日:2018/03/01
原著論文
Gardner CD, et al. JAMA. 2018;319:667-679.

●糖尿病ネットワークでは
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2018/027840.php
「低糖質 vs 低脂肪」どちらの食事療法が優れている? 議論に決着
2018年03月05日

●ケアネットでは
https://www.carenet.com/news/journal/carenet/45592
低脂肪vs.低炭水化物ダイエット、体重減効果は?/JAMA
2018年03月01日

〇タイトル(リード(見出し))を比べると、
・糖尿病ネットワーク:議論に決着
・ケアネット:体重減に効果は?

論文を読む限り「議論に決着」はしてないように思うのですが。
やはり「体重減に効果は?」でしょうね。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.