スンナック菓子と依存症

依存性のある食品といえばスナック菓子があります。
炭水化物の塊、超B級グルメです。
若いころから食べ続け、成人病になった人も数多くいることでしょう。

代表的なものが「カ○ピーのかっ○えびせん」や「ポテトチップス」。
この会社は炭水化物依存症を意識したCMを流し続けていました。
CMがそのまま依存症の定義です。
やめられない とまらない カ○ピーのーかっ○えびせん♪♪

最近読んだ本『レイグ・ナッケン著「やめられない心」依存症の正体』
https://www.amazon.co.jp/「やめられない心」依存症の正体-クレイグ・ナッケン/dp/406217491X

amazonの商品の説明・内容紹介より
【アディクション(やめられない心)には、しだいに深みに入っていくという、やっかいな特徴があります。
つまり、アディクションは進行性の障害であり、止まらずに進行を続ける病気であることを理解しなければなりません。
このいきさつは、がんの進行に似ています。
がんには様々な種類がありますが、どのがんも悪化する過程はみな同じです。
つまり、がん細胞の増殖が止まらなくなるということです。
アディクションも、それと同じで、様々な種類があります。
どのようなアディクションも放っておけば進行が止まらなくなります。
対象物の使用や対象となる行動の頻度が増し、むなしい追及が止まらなくなるということです。】

食品製造企業はいかに消費者を自社商品(糖質を多量に含む商品)に対する依存状態にするか(至福点の追及)に焦点を置いているようです。
糖質過多のドリンク・菓子・惣菜・ご飯・パン・麺類これらすべて、美味しければ美味しいほど依存状態になります。

最近の子供は物心ついたころから、これらすべての商品(食品)の中毒(依存)状態になっています。
その結果、子供のころからメタボやアレルギーの症状が現れる傾向があるのだと思いますがいかがでしょうか。

≪アメリカの子供の1/3が肥満そしてその多くが貧困層、そして貧困層の子供は炭水化物によるカロリー摂取が主になっている。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2992.html

○えびせん(炭水化物:67.33g/100gメーカー表示)
○ポテトチップス(炭水化物:54.7g/100g食品成分表七訂)
○ご飯(炭水化物:37.1g/100g食品成分表七訂)

追記

Re: スンナック菓子と依存症
オスティナート さん

コメントをありがとうございます。

全く同感です。

炭水化物依存症という概念が日本では希薄であることも問題と思います。

2017/05/25(Thu) 19:08 | URL | ドクター江部 | 【編集
Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.