ニンニクの植え付けとフェンネルシードの収穫

10月中旬、ニンニク植え付けの時期ギリギリになりました。
今日15日、やっと植え付けです。

ニンニクは青森県から植え付け用を通販で購入、直径6~7cmもある大きなものです。
img_5590

2週間前に苦土石灰を入れました。
そのあと牛糞と腐葉土を入れ準備してあります。

img_5589
植え付け間隔は15cmで3列にしました。
今回はマルチを使わず、そして化成肥料も使わずに熟成牛糞と腐葉土をたっぷり入れた自然農法です。
img_5599全部で161個植え付けました。
途中足りなくなったので、スーパーで食用の青森県産ニンニクを買い植えました。
来年6月の収穫時に、特大ニンニクと食用で売られているニンニクの違いがどれだけあるのかも楽しみです。

今日はフェンネルシードの収穫もしました。
おなじみアートなフェンネル。
見事です。
img_5596雨にも負けず、風にも負けず、何度も通過した台風にも負けずあっぱれでした。
ぜひ来年もこの株の種をまき苗を育てたいものです。
もちろん多年草ですのでこの株は来年も育ちます。

残念ですが根元からばっさりカットしました。
img_5597
もう一本のフェンネルはまだ花が咲いているためもう少し待ちます。
img_5598フェンネルシードはこの後紙袋に入れ熟成させます。
そして瓶などの容器に入れ長期保存します。

料理に使ったりオイルに漬け込んだりといろいろ使えます。
魚のハーブとして知られています。

また、来年の4月下旬ごろ種まきをして苗を育てます。

 

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.