低糖質つくねハンバーグ

昨日のオーツブランパンの耳で作ったパン粉を使い、いつもの牛豚合挽き肉ではなく、鶏もも肉を使ってハンバーグを作りました。
ブラジル産の鶏もも肉が業務用店舗で100g当たり44円で購入できるので、節約のため鶏もも肉を使った「つくねハンバーグ」となりました。
パテを多めに作くればミートボールやピーマン肉詰めなどにも使えます。(残ったパテはそのまま冷凍しておく)

材料
鶏もも肉500g
玉ねぎ160g
低糖質パン粉100g
低糖質ウスターソース25g(糖質制限.comから取り寄せ)
低糖質フレッシュトマトソース25g(自家製)
全卵1個
コショウ少量

作り方

玉ねぎをみじん切りにする
IMG_3130

みじん切りにした玉ねぎを少し食感が残る程度に炒める。
IMG_3131

鶏肉をミンチにする。
今回はFMIのキッチンエイドで皮ごとミンチにしました。
IMG_3136

材料を全部揃え混ぜ合わせる。
IMG_3133

混ぜすぎないようにしてください。全体がまとまる程度にします。焼き上がりがふっくらと仕上がります。
一般のレシピのように粘りが出るまで混ぜると、焼きあがった時にソーセージのようになります。
IMG_3137

1個当たり170gに成形して直接フライパンに並べていきます。
IMG_3138

油をひき中火以上の火力で表面をコーティングするように焼きます。
ここでは、中心部まで熱を入れず、表面にしっかりとした焼き目を付けるだけです。中心部は生の状態です
IMG_3140

皿の上にオーブンペーパーを敷きハンバーグを乗せ、冷凍庫で急冷凍します。
チルドの状態になったら、1個ずつ真空包装して完成です。
IMG_3151

ここまでで仕込みが完成しました。
そのまま冷凍保存してください。
すぐ食べる場合は、下記の加熱をして食べてください。

この段階で中芯部分は生ですので
・冷蔵庫で自然解凍した状態から、真空包装のまま約10~12分湯煎して熱を入れて食べます。
・また、冷蔵庫で自然解凍した状態から、真空包装用フィルムから取出して、180℃に余熱したオーブンで12分ほど焼いて食べます。

付け合せとソースを除く糖質約4g
item_03

ハンバーグ作りの工程を一度に全部やると大変で時間もかかります。

仕込みと仕上げを別の日に、または分けて行えば、焼きたてのハンバーグがいつでも食べられます。

 

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.