低糖質トマトの作り方

トマト100g当たり糖質約3.1~4gですが、トマトソースを作るとなると、味を濃縮するため長時間煮込まなければならず、結果高糖質になります。
理想とすれば、生トマト100g当たりの糖質2gぐらいであればいいのですが。

今年トマト栽培をしてみて、剪定の際に青いトマトを収穫しましたが、食べてみると固く甘みもなく、とても食べられませんでした。

そこで常温で放置しておくと真っ赤なトマトになります。
食べてみると柔らかくトマトの味はしますが、決して甘くなく、おいしさは感じられませんでした。

逆転の発想として、大玉トマトを青い中玉トマトで収穫し、常温で保管、赤くなったら加工し、トマトケチャップやトマトソースなどの元となる、トマトピューレーにすれば、低糖質なトマト加工品ができそうです。
トマトのうまみや酸味を和らげる甘みは、エリスリトール(糖アルコール)により補充すれば十分だと思います。

「収穫期前の青いトマト」をもぎ取り、「常温放置して赤くなったトマト」の食品成分を、食品検査会社で調べる価値はありそうです。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.