利用可能炭水化物について

2015年七訂食品成分表(公表日:2015年、平成27年12月25日)から、炭水化物成分表が公表されました。

これまで日本食品標準成分表における炭水化物量は、可食部100gから水分、たんぱく質、脂質及び灰分等の合計を差し引いた、いわゆる「差し引き法による炭水化物量」でした。
炭水化物成分表では、炭水化物の成分量算出にあたって、単糖類、二糖類およびでん粉をそれぞれ個別に直接定量のうえ、利用可能炭水化物として表示しています。

なぜ、利用可能糖質ではなく、利用可能炭水化物となったのでしょう、
また、糖質成分表ではなく、炭水化物成分表なのか謎(不思議)です。

※日本食品標準成分表2015年版(七訂)炭水化物成分表編 (文部科学省) p1
http://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/1365452.htm
利用可能炭水化物について、【(注)国際連合食糧農業機関(FAO)では、「available carbohydrate」を用いている。】としています。
国際的な混乱のないように「利用可能炭水化物」と直訳したのでしょうか。

※じつは、2009年に日本食品糖質推定成分表というものがありました。
参考までに、ご紹介いたします。
※日本食品糖質推定成分表の作成
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jisdh/21/4/21_4_314/_pdf
長文となりますので抜粋を掲載します。是非論文内容をご確認ください。
以下抜粋です。
【・緒言
糖類は、糖質の主要な構成成分であり、エネルギー源として利用されるばかりでなく、重要な栄養成分でもある。国連食糧農業機関(FAO)の報告書では、食品のエネルギー計算の基礎となる炭水化物の成分量算出にあたって、単糖類、二糖類およびでん粉をそれぞれ個別に直接定量のうえ、重量あるいは単糖当量として示すことを推奨しているので、我が国の成分表も基本的にはこのような国際的な動きとの整合性に配慮して作成されることが望ましい。・・・・・・・・
一方、※日本人の糖尿病患者の多くは2型糖尿病で、食べ過ぎや運動不足など、生活習慣の関与が大きいが、病状コントロールには※糖摂取を調整することが不可欠である。・・・・・・・・
・方法 略
・結果・・・・・・・


※画像を2回クリックすると拡大します。

・考察・・・・・・・
「糖質成分表」は糖類を分析し検討した成分表ではない。したがって、その数値は「成分表2010」と同じ精度ではないため、目安として使うものである。
・まとめ・・・・・・・・・
***
本糖質成分表は、著者により、平成21年度文部科学省委託調査中間報告(別冊)「五訂増補日本食品標準成分表準拠 日本食品糖質推定成分表」(平成21年8月31日、在団法人 日本食品分析センター)としてとりまとめた資料を、「成分表2010」に準拠するように補訂したものであり、公刊を予定している。】
※書籍名 日本食品糖質推定成分表: 五訂増補日本食品標準成分表準拠
寄与者 日本食品分析センター
出版社 日本食品分析センター, 2009.8
ページ数 131 ページ として公刊されました。
※詳細はこちらです
国立国会図書館 レファレンス協同データベース
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000182722
・・・・・・・・・・・・・

●2010年版では、日本食品糖質推定成分表として糖質の成分表でした。

●2015年七訂食品成分表では、炭水化物成分表となりました。
利用可能炭水化物として数値総量(合計)を算出し、
各利用可能炭水化物に換算係数を乗じて単糖当量の総量を算出し、利用可能炭水化物(単糖当量)として区分し、表示されたのです。

※乗じた換算係数についてはこちらを参考にしてください
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/008/attach/1341939.htm
【換算係数についての提案
(1) わが国の食品成分表の策定過程においては、これまでもFAO/INFOODSの提案や指針をできる限り尊重しているので、独自の換算係数を採用することはしない。単糖当量への換算係数は、二糖類については1.05とし、でん粉については1.10とする。】

※換算係数の必要性について「炭水化物成分表 解説」に次のようにあります。
炭水化物成分表 解説(文部科学省)p11
3 利用可能炭水化物の単糖当量及び換算係数

食品成分委員会が、成分表2015年版で、単糖当量を用いることにした理由は、単糖当量で表した収載値(g)に単糖当量で表した利用可能炭水化物に適用するエネルギー換算係数(16kj/g、3.75kcl/g)を乗ずることにより、利用可能炭水化物のエネルギーを的確に利用できると判断したためである。
従来の方法では、炭水化物のエネルギー換算の際には重量に4kcol/gを乗じていた。
しかし、、例えば単糖類のぶどう糖と多糖類のでん粉とに同一の係数を用いているため、同一の重量で比較した場合にはエネルギー量に矛盾が生じた。
すなわち、でん粉からはその重量の約1.11倍のぶどう糖が生じるため、エネルギーも約1.11倍生ずるはずであるが、これに関する補正はされなかった(ただし、FAO/INFOODSは、重量で表した利用可能炭水化物のエネルギー換算係数は17kj/g(4kcol/g)とさだめている)。

国際的基準を採用する等の実用的見地から、科学的には適切な換算係数を採用することはせず、単糖当量への換算係数は、でん粉については1.10とし、二糖類については1.05とした。

・・・・・・・・・・・

2015年七訂食品成分表、炭水化物成分表はつぎのとおりです。


※画像を2回クリックすると拡大します。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.