果糖(フルクトース)について

体にいい、ヘルシー、フレッシュ、甘い、美味しい
これまで、食品の優等生のような扱いをされてきた果物(果実)やハチミツ等々。
主成分である≪果糖≫フルクトースですが、実際にはどうなのでしょうか。

●CDEJ(一般社団法人日本糖尿病療養指導士認定機構)のサイトから
http://www.cdej.gr.jp/common/fckeditor/editor/filemanager/connectors/php/transfer.php?file=/NewsLetterUpdate/uid000001_3230303930345F342E706466
CDEJ News Letter 第22 号 2009 年4 月

フルクトース摂取の功罪  帝京大学内科 山内 俊一

フルクトース摂取の功罪問題は、近年,このようにわけのわからないものが添加糖やコーンシロップの形で大量に摂取され始めていることです。

フルクトースのもう一つの問題点は,血糖としては測定され得ないため、体内での検出や濃度測定が困難であること。
また、グルコースと同等のカロリーを有する物質であるにもかかわらず低グライセミックインデックスを示す糖として扱われてしまうことです。

●江部先生のサイトから
果糖は ブドウ糖の約100倍、AGEsを生じやすい。

果物はヘルシーなイメージがありますが、はたしてそうでしょうか?
果物に含まれる糖質は、果糖・ブドウ糖・ショ糖などです。
果物と果糖について、その安全性を検討してみます。

果糖(フルクトース)とブドウ糖(グルコース)は単糖類です。
<ショ糖=ブドウ糖+果糖>です。
ショ糖(砂糖の主成分)も人体に吸収されるときは、
ブドウ糖と果糖に分解されて吸収されます。

なんとなく、果糖もブドウ糖も似たようなものと思いがちですが、
実は、化学的にも栄養学的にもフルクトースはグルコースと極めて異なる物質です。
ブドウ糖は体内に吸収されたあとの代謝は、ほぼ解明されています。
一方果糖は、生体内に入ってからの動態の詳細はほとんど判明していません。
唯一、果糖がAGEsを極めて生じやすいことだけは確定しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後半はリンクしたURLのサイトをご覧ください
http://koujiebe.blog95.fc2.com/page-8.html

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.