目立たぬように、はしゃがぬように、似合わぬことは無理をせず

阿久悠さんが大ヒット路線から一転、
これまでになかった、後ろ向きというか地味な作詞でした。

1986年にリリースされた川島英五さんが歌った曲「時代遅れ」
作詞 阿久悠   作曲  森田公一

サビの部分 「目立たぬように、はしゃがぬように、似合わぬことは無理をせず」
60歳を過ぎた私の、これから生きていくうえでのテーマとなりそうです。

「私こと思い起こせば恥ずかしきことの数々」、これはフーテンの寅さんが正月に虎屋に送った年賀状の一節です。DSC_0504

寅さんがひと悶着おこして去った柴又虎屋の平和なお正月、そこに届いた寅さんからの年賀状。
映画もめでたしめでたしで一件落着。

私も「思い起こせば恥ずかしきことの数々」でした。
人生折り返しをとうに過ぎた今でも、年甲斐もなくたびたび反省の日々です。

「目立たない、はしゃがない、似合わぬことは無理をしない」そういうものに わたしはなりたい 。
・・・・・・・・・・・・・・・・・〈 大工見習い 横車大八〉

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.