糖質について

岩波生物学辞典 第5版 p984 cによれば
http://r-ostinato.sakura.ne.jp/na/?p=428
糖質【carbohydrate】⦅同⦆炭水化物
糖質=炭水化物です。

いつから、糖質=炭水化物-食物繊維または、炭水化物=糖質+食物繊維と言われるようになったのでしょうか。
四訂成分表では炭水化物=糖質+繊維でした。


四訂食品成分表収載の記載例  ※画像を2回クリックすると拡大します。

五訂成分表(2000年平成12年)では糖質区分が廃止され、新たに別項目で食物繊維が設けられました。
そして、四訂成分表の繊維から五訂成分表では食物繊維となり内容も変わりました。


出典:五訂増補日本食品成分表 食品成分研究調査会/編 参考資料p469

〇四訂成分表(1982年(昭和57年))
●繊維
・セルロース
・ヘミセルロース
・リグニン・・・非炭水化物
〇五訂増補成分表(2005年(平成17年1月24日))
●食物繊維
・ヘミセルロース[グルコマンナンおよびペントサン(キシランなど五炭糖の重合体)など]
・ゴム質
・ペクチン
・アガロース/アガロペクチン
・アルギンサン
・キチン
・セルロース
・ヘミセルロース
・リグニン・・・非炭水化物

※現在糖質は、食品成分表(文部科学省)での区分は廃止されたままです。

※糖質は食品表示基準(消費者庁)に定めがあります。
食品表示法に基づく 栄養成分表示のための ガイドライン – 消費者庁
【資料】食品表示基準に規定されている基準値等 【食品表示基準 別表】p46
●測定及び算定の方法
〇炭水化物
当該食品の質量から、たんぱく質、脂質、灰分及び水分の量を控除して算定すること、この場合において、たんぱく質、脂質及び食物繊維にあっては、第1欄の区分に応じ、第3欄に掲げる方法により測定し、灰分及び水分の量にあっては、次に掲げる区分に応じ、次に定める方法により測定すること。
1 灰分 酢酸マグネシュウム添加灰化法、直接灰化法又は硫酸添加灰化法
2 水分 カールフィッシャー法、乾燥助剤放、減圧加熱乾燥法、常圧加熱乾燥法又はプラスチックフィルム法
〇糖質
当該食品の質量から、たんぱく質、脂質、食物繊維、灰分及び水分を控除し算定すること。
この場合において、たんぱく質、脂質及び食物繊維にあっては、第1欄の区分に応じ、第3欄に掲げる方法により測定し、灰分及び水分の量にあっては、炭水化物の項の第3欄の1及び2の方法により測定すること。
〇食物繊維
プロスキー法又は高速液体クロマトグラフ法

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.