糖質の摂取量と摂取エネルギー比率

●摂取エネルギー比率
エネルギーを持つ栄養素(エネルギー産生栄養素)をエネルギーに換算して、摂取エネルギーとの比率を表したもの。

●糖質の摂取エネルギー比率
糖質(g)をエネルギー(4kcal/1g)に換算して摂取エネルギーとの比率(%)を表したもの。

〇ロカボ

・1日2000kcal摂取した場合
130g×4kcal=520kcal
520kcal÷2000kcal=26%

・1日2600kcal摂取した場合
130g×4kcal=520kcal
520kcal÷2600kcal=20%

〇スーパー糖質制限食

・2000kcal・3食の場合
60g×4kcal=240kcal
240kcal÷2000kcal=12%

・2000kcal・2食の場合
40g×4kcal=160kcal
160kcal÷2000kcal=8%

●エネルギー産生栄養素バランス

「PFC(ピー・エフ・シー)バランス」として表してきたものが、「日本人の食事摂取基準(2015年版)」より、生活習慣病やその重症化を予防する目的で名称が変更された。

 

江部先生がおっしゃるように、1食当たりの糖質摂取量(糖質1g当たり3mg/dlの血糖値上昇がある)が重要だと思います。

しかし、糖質摂取エネルギー比率は糖質制限食の場合、1食の糖質量に制限があるため、摂取カロリーと食事回数により変動します。

私は、スーパー糖質制限食の、1食の糖質20g以下がベストだと思っています。
(私の場合、空腹時血糖値が120mg/dl、食後血糖値いつも180mg/dl以下で収まっています。)

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.