糖質制限食料理人のセルフリノベーション・キッチン編no.2

〇キッチンリノベーションで大事な電気工事

キッチンのセルフリノベーション、電気工事で工夫したことをお話します。

低糖質な料理を作るため、調理家電をうまく利用すると簡単にパンや麺類を低糖質に作ることができます。

ところが家庭用の電気配線ですと、複数の調理家電を同時に使うとブレーカーが落ちてしまいます。
またたこ足配線になるなど、危険な状態になっていることがあります。

そこで、アンペア数の契約を変えずに、回路を増やすことで克服することができました。
基本的に一つのコンセントに一つの回路を割り当てました。

なお、壁の穴あけや、下処理を除き、唯一電気配線工事は外注しました。

IMG_2453

 

IMG_2547

以前の回路に5回路プラスしました。

それと、たこ足配線を防ぐため10畳のDkに11個のコンセントを設置しました。

特にエアコンや換気扇は独立した回路からとるようにしました。

IMG_2455

そして電子レンジとオーブンを同時に使えるように、隣同士のコンセントでも別の回路からとっています。(下の画像です、投稿トップが完成した画像です)

IMG_2454

最近フィリップスのヌードルメーカーや、ホームベーカリーなどで使える専用の低糖質粉が発売されて、70~80%オフの麺類やパンが簡単に作れるようになってきました。

家電を上手に使い、美味しい糖質制限食を作っていただけるよう、リノベーションの参考ににしていただければ幸いです。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.