草取りと草刈りその5

「草取りと草刈り」最後となります。
今回は、正しい草取りの仕方、楽な草取りの仕方です。

方法はただ一つ、右手で鎌を草の下に差し込み、草の生長点の下(1~2cm)から草の根を切り取り、左手で引き抜く、これだけです。


はびこった雑草の草取りです。


上が草抜き用の「のこぎり鎌」で、成長点の下で根を切り取り引き抜いた草です。
下が手で根っこごと、引き抜いた草です。

この方法ですと、根こそぎ手で草を引き抜く方法と比べると、2~3倍の効率で草取りができます。
※効果は、
・後の雑草の生え方はほぼ同じでした。
・草を丸ごと引き抜くことと比べ、畑(土壌)の状態は、ふかふか状態を保っております。

※この方法には例外もあります。
・根で増殖する雑草(宿根草)は、スコップで根っこごと掘り上げるか、限定的に(スギナなど)薬で駆除するしかありません。

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
前回の記事でご紹介した、ウイキペディアが、いかに誤りが多いかお解りいただけるかと思います。
https://agri.mynavi.jp/2018_06_28_30278/

・「草取りと草刈り」総論となりました。
今後、全5回にわたる記事を一つ一つのタイトルとし、各論に迫りたいと思っています。

・草取りは奥が深いものです。
これからも「草取りの美学」を求めていきます。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.