限りない欲望

最近LPレコードを2枚買いました。

井上陽水の「断絶」と
二葉百合子の「岸壁の母」です。
なぜ、「岸壁の母」なのかは、40年前にお世話になった二葉百合子さんと、
そのスタッフことなど、また後日投稿します。

今日は、井上陽水の断絶というアルバムに収められた
「限りない欲望」という曲について、

『断絶』は、井上陽水の1枚目のアルバムです。
アンドレ・カンドレとして活動していた井上が、井上陽水の名義で再デビューを果たした作品です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

限りない欲望

限りないもの それが欲望
流れゆくもの それが欲望

子供の時欲しかった白い靴
母にねだり手に入れた白い靴
いつでもそれを どこでもそれをはいていた
ある日僕はおつかいに町へ出て
靴屋さんの前を見て立ち止まった
すてきな靴が飾ってあった 青い靴

限りないもの それが欲望
流れゆくもの それが欲望

僕が20歳になったとき 君に会い
君が僕のすべてだと思ってた
すてきな君を欲しいと思い 求めていた
君と僕が教会で結ばれて
指輪かわす君の指 その指が
なんだか僕は見飽きたようでいやになる

限りないもの それが欲望
流れゆくもの それが欲望

僕はやがて年をとり 死んでゆく
僕はそれをあたりまえと思ってる
それでも僕はどうせ死ぬなら 天国へ

限りないもの それが欲望
流れゆくもの それが欲望
限りないもの それが欲望

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「限りない欲望」当時23歳の井上、井上陽水として初めてのアルバムの中の一曲です。

私が、40年ほど前になんども聞いたレコードの中の一枚でした。

その当時聞いたのはjazzでしたが、井上陽水だけは特別で、
「断絶」と「氷の世界」はレコード盤がすり減るほど聞きました。

なかでもアルバム「断絶」の「限りない欲望」が特に印象的でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※人の欲望

金銭欲
出世欲
性欲
食欲
物欲
その他限りない

※何度聴いてもドキッとする歌詞。

「僕が20歳になったとき 君に会い
君が僕のすべてだと思ってた
すてきな君を欲しいと思い 求めていた
君と僕が教会で結ばれて
指輪かわす君の指 その指が
なんだか僕は見飽きたようでいやになる」

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.