シンプルどんどん焼き

レストランで新しい料理を考えた場合、その料理に合ったネーミングを考えるのも楽しいものです。
しかし未だにかなわないと思うし、気に入っている究極のネーミングがあります。

その名は、「シンプルどんどん焼き」です。

そもそもどんどん焼きは、昭和初期に池波正太郎も愛した、東京の屋台で流行った粉もの料理で、 もんじゃ焼きに影響を受け、お好み焼きの基になった料理だそうです。

水で溶いた小麦粉を薄く焼き、ねぎや天かす・紅ショウガを乗せ丸い形や、折り畳み半円形にしてソースや醤油を塗って食べていた、薄焼きとも言うそうです。。

名前の由来は、売るときに太鼓をどんどん叩いたとか、どんどん売れたからだとか。
現在では、東北地方にわずかに残っているきわめてシンプルな料理です。

そんなシンプルな料理の頭にまたシンプルが付く究極な料理であり、究極なネーミングだと思います。

この幻のメニューは、20年ほど前によく飲みに行っていたショットバーのメニューで、あまりシンプルすぎて具に何が入っていたかも今は思い出せません。(なにも入っていなかったかも)

今どうしてこんな話題を持ち出したかと言うと、私が糖質制限食を実践ししていると、以前とは違いどうしても味付けがシンプルになり、素材本来の味が重要になってきたからなのです。

そこでシンプルがテーマになるのですが、その時いつも「シンプルどんどん焼き」というネーミングが浮かんでくるのです。

さて、どんどん焼きはこのくらいにします。 そして、シンプルに関連して最近気になるのが、レストランやホテル、温泉旅館等での行き過ぎた料理の盛り付けなのです。

特にホテルの結婚式などの料理は、いつも病院の料理を非難している私でさえ、まだ病院の食事の方がましだという料理を平気で出してきます。

最近もJRの駅に隣接して建つ〇〇〇ポリタンと言う、日本発祥のスパゲッティに似た名前のホテルでの結婚式に呼ばれ、お食事を頂いてきました。

7品ほど出た料理の中でまともに食べられたのは、和牛の焼いたものだけでした。
それもボリュームがなく2口程でなくなり余計にお腹がすいたのを覚えています。

ところが、料理に合わない、食べられない行き過ぎた盛り付けが多いのと、皿が立派なことには驚きました。

北京ダックなどと言う料理もありましたが、春巻きのような皮をはいでみると、ビーフジャーキーのような破片と、白髪ねぎが入っていました。
食べる側の人間を相当バカにしていると、感心して帰ってきました。
お腹がすいたので、ローソンのブランパンを食べやっと落ち着きました。。

私を含め考えなくてはならないのは、まずは美味しくなければならない、その後に盛り付けなのではないでしょうか。

フランスの、ある三ツ星レストランでは、皿の上の食材は3種、ソースはべつの器で出すなどそれこそ究極の料理を出すお店もあるそうです。

日本料理でも西洋料理でも、最低限美味しく見せることは必要だと思います。

日本料理でいえば薬味や、季節の木の葉など、西洋料理でいえば香りのあるハーブなどをさりげなく添える。

料理の鉄人やグルメ番組・料理雑誌などの影響もあり、行き過ぎた盛り付け(写真撮影用の盛り付け)になってきたのだとは思いますが、
そろそろ、料理人も、「ちまちました料理」を出さずに、本物の料理で勝負してほしいし、 また食べる側も見かけに騙されずに、いいお店を選んでほしいものです。

そして、皿の上に存在感のある肉が「どんどん」と乗った、シンプルな料理もいいのにな、と近頃思っています。

投稿中の料理レシピについて

このブログを始めて17日で2ケ月になりました。
信じられないほど沢山の方にご覧いただき本当に感謝しています。
そして糖質制限食に関心のある方の多さに驚くばかりです。
特に20代~30代の方が半分以上占めています。
そこでご覧頂いている方への配慮も必要と思い、投稿します。

最近始めました、簡単に作れる料理レシピ(カテゴリー、料理を作ろう 糖質制限食 )について、ご注意頂くことがありますのでお話しさせていただきます。

このレシピは、私が実践しています超スーパー糖質制限食レシピです。(一日の糖質量15~20g)
通常のスーパー糖質制限食で、1日の糖質量は30~60g以下です。(江部康二医師のブログにリンクします)
くれぐれもご自分の体調に配慮していただき、また糖尿病患者の場合は、糖質制限食にご理解のある医師(ある程度料理についての知識のある医師)の指導の下に実践されることをお勧めします。

もう一つは、塩分を最小限に減らしています。
豆腐のしらす大根のように、しらすの塩気と大根の辛味だけで食べるレシピも掲載しました。
それは主食(ご飯・パン・麺類など)を食べないので、塩分が少なくても食べられる。
例えばご飯のおかずですと、ある程度の塩分がないとご飯が食べられませんが、主食を抜くと減塩でも食べることが可能になります。
なお、現在私のレストランで提供している塩分量の2/3~1/2の場合もあります。
これにより結果的に糖質量も最小限にとどめています。(味が濃くなると甘みも比例して欲しくなります)
ご自分で調理される場合は、もう少し醤油や塩の量を加減してよい料理もありますので、調整して頂きたいと思います。

減塩や糖質を減らすために、真空調理(ローストビーフなど)や、スモークなど専門的な調理法も導入しています。
基本的には、家庭でもできる調理法ですが参考程度にしてもらっても構いません。

なお、真空調理法については、電気釜の保温機能で、ある程度可能です。(温泉卵やローストビーフ等)
ネットで検索してみてください。

スモークについては、大きめの中華鍋を専用に使うことで可能です。
網は100円ショップの丸い網で可能です。
私も5年ほど使っています。
スモークチップは、ホームセンターのアウトドア用品コーナーで入手できます。

メニューについては、手の込んだものは避け、すぐできるものが中心です。
私自身、自分で食べるものにはあまり時間を掛けたくないので、短時間でできるものが主となります。
盛り付けなども、ご自分の感性で自由にアレンジしてください。

プロが使う裏ワザなどもご紹介しながら、糖質制限実践中の皆様の為に情報を提供していきますので、これからもよろしくお願いします。

古時計とヴィンテージオーディオ

去年の夏オークションで手に入れた古時計、2週間に1度ゼンマイを巻かなければ動かない、おそらく大正時代に作られたと思われる時計です。

時計の裏側に昭和五年と書かれた文字がうっすら見えます。
でもネットで調べてみると、製造はもっと古く大正時代の後期と思われます。

宅急便で届いたときは、傷だらけで、文字盤ははずれてゼンマイも巻くことが出来ませんでした。
すぐに近くの機械時計屋さんに持ち込み、オーバーホールとゼンマイの交換をしてもらい時計自体は動くようになりましたが、外観は傷だらけのボロボロです。

そこで外観は自分でリフォームすることにしました。
まず、傷の補修をし、剥げたところは、オイルステン(日本ペイントのチーク)で着色し、仕上げは全体的に、イギリスのメーカーでワトコという塗料を使いオイルフニッシュで仕上げました。

たぶん、この時計が大正時代に作られた時も、現在の様にニスなどを使わずにオイル系で仕上げたものと 想われ、非常によくなじんで、いぶし銀のような仕上がりになりました。

IMG_0757
この時計の、「カチカチ」という小気味よい音にいつも心が和みます。
携帯電話の呼び出し音や、町中にあふれる電子音に慣れた耳には非常に心地よい音として響いてきます。

心を和ませてくれるもう一つの音が、ヴィンテージオーディオです。
レコードプレーヤーと真空管アンプそしてスピーカー、どれも40年以上前に作られた傑作です。

IMG_075001
その当時にレコーディングされたLPレコードを聞くと、私の10代後半から20代にタイムスリップします。
レコードプレーヤーの針から真空管アンプを通して再現される音には、CDで聞く音とは違い暖かな又ビロードに包まれたような響きがします。

CDやネットを通して聴くことが当たり前となった現在、目の前で演奏しているかのように聞こえることに、逆に不思議な気持ちになることもあり、あらためて当時の技術の高さに驚かされるところです。

興味のない人にはどうでも良いことでしょうが、感性を刺激するこれらの音、大事にしたいと思います。
そしてこれからも感動を忘れずに生きてゆきたいものです。

 

追記

古時計のかかりつけ医
機械時計屋しのだ

ヴィンテージオーディオのかかりつけ医
おいしいオーディオ料理人 adagio audio

レコードプレーヤー:THORENS  TD-126
カートリッジ:LINN  ASAKA
MCトランス:ENTRE  ET-100
真空管アンプ: LUXMAN  SQ-38FD
スピーカー: JBL  4320

 

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.