糖質制限とエンゲル係数

糖質制限実践者(糖質セイゲ二スト)から「最近エンゲル係数上がった」という話しをよく聞きます。

私も糖質制限レストランを経営していて、以前より原価率が高くなったと実感しています。

やはり一般の家庭でも、『家計の消費支出に占める飲食費のパーセント』つまりエンゲル係数が高くなっているものと思われます。

まだ糖質制限の調味料や、加工食品、パン、お菓子なども通常の商品より割高ですし、まして市販の加工食品や総菜など低糖質なものはほとんどありません。

炭水化物は、安価で美味しく、どこでも手に入ります。
ところが肉や魚などで賄おうとすると、そうはいきません。

そして、ご飯や、パン、麺類を中心とした食事になれていますので、料理のレパートリーも限られてくるようです。

これらのことが、糖質制限が続けられなかったという理由の一つに挙げられるのでしょう。

対策を考えてみましょう。

○食材を安く買う

飲食店の場合、原価率を下げるには、大量に買い安く仕入れます。
そして無駄なく使い切ります。

家庭の場合、エンゲル係数を下げるには、やはり大量に安く買えば下がるのですが、収納のスペースなどに限界があります。

最近は、業務用店舗でも一般のお客様の利用が多いので、少量にパッケージされた商品が多くなっています。

そこで、買い物をするお店をスーパーやコンビニから、業務用の店舗や、近くに市場などがあれば市場を利用します。

もし冷凍庫に余裕があれば、まとめ買いをすると安く買うことができます。
業務用の冷凍ストッカーが通販で安く購入できます、一台あると便利です
例えば鶏のもも肉などは、ブラジル産冷凍2kgで800円前後で買うことができます。
豚肉や、牛肉も冷凍をブロックで買うとスーパーなどより3割ほど安く買うことができます。

○食材を無駄なく使う

食材は無駄なく使うことが大事です。これによりエンゲル係数が下がります。
冷蔵庫の中でわすれて干物状になった食材や食品、劣化した肉や魚、冷凍焼けした食材など結構無駄にしていることがあります。

無駄を防ぐには真空包装を利用します。

●食材は一回分また一人分に小分けにし真空包装して冷蔵庫で保管します。

●なるべく加熱調理や、真空低温殺菌電気釜の保温機能を使えば家庭でも可能です、ネットで検索してみてください)などの下処理をして、一回分また一人分に小分けにし、真空包装して冷凍又はチルドで保管します。

これにより食材のロスはほとんど無くなります。

 

最  後  に

飲食店を経営していますと、原価率がそのまま経営に影響してきます。
いい食材を安く仕入、無駄なく使うことができないと営業が成り立ちません。
家庭でもエンゲル係数を下げるため参考にして頂けると幸いです。

そして、エンゲル係数が回復しても、糖質制限食がまずかったのでは、長続きしませんので、程々に美味しく作れるよう料理の勉強も必要でしょう。

 

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.