片づけ術と糖質制限食その2

最近片づけをテーマにした本を3冊読みました。

○ぼくたちにもうモノは必要ない
ミニマリスト

○減らす技術 もっと少しもっと豊かに
レオ・バボータ

○大人の断捨離手帳 「男は、そぎ落としてこそ、際立つ」「女は、手放してこそ、美しい」
やました ひでこ

どの本も収納したり、整理するのではなく片づける(捨てること)について書かれた ものです。

●片づけると似た言葉に、収納があります

○片づけるとは、モノを整理したり、元に戻したりすること、そしてモノを捨てることを意味します。
つまり、モノを減らすことです。

○収納とは しまうことでモノは減りません。
逆に、収納スペースの確保や、収納ボックス、そして棚を作ったりと モノが増え部屋を狭くします。
その後も、モノを捨てないので、モノがどんどん増えます。

●ここで糖尿病治療について考えて見ました

○糖質制限食
炭水化物(糖質+食物繊維)の摂取量を減らすこと、つまり血糖値を上昇させる 糖質を減らすことで、血糖値が上がらず結果HbA1cが下がる。

○カロリー制限食(低脂質食)
摂取カロリーの60%(50~60%)を糖質で取るので、血糖値の急激な上昇(グルコーススパイク) を抑えるため、薬やインスリン注射が必要になります。
その後も、糖質の摂取を抑えないので、糖尿病がますます悪化していきます。

●結論です
○片づけ術と糖質制限食(原因を根本から断つ)
○収納術とカロリー制限食(原因の先送り)

大人の断捨離手帳の執筆者、やましたひでこさんは断捨離でお馴染みですが、
スマート(片づけで痩せた方が多いそうです)で美人、頭の回転もよく、セイゲニスとかと思いましたが、糖質制限はしてないようです。

でも、メンタル面でどうしても糖質制限が続けられない人には参考になるかも知れません。

糖質制限食料理人のセルフリノベーション・キッチン編no.5

〇キッチンリノベーション、材料を選ぶ

キッチンのセルフリノベーション 今回は、壁材・床材・ドア・カウンター天板など、こだわりの材料についてお話します。

壁材

キッチンは、壁を丸洗いできる、アルミ複合板を使いました。(接合部は専用のジョインターと防水コーキング)
商品名は積水のアートパネル

ダイニングは漆喰仕上げ
商品名は、日本プラスターうまーくぬれーる(クリーム色)

その他の壁と天井は水性塗料
商品名 日本ペイントのエコフラット60(白色と色指定のクリーム色(日本塗装協会のサンプル帳から選択))

床材とドア(開き戸)
建材市場から取り寄せ

床材は、カバの無垢材アンティーク仕上げ(可動式カウンターテーブルの羽目板にも使用)
ドアは、パイン材のオーダー品無塗装(仕上げはwatokoでオイルフィッシュ)

IMG_2519

カウンターテーブルの天板は杉無垢材

仕入れ先 信州のとっこやさん
耳付き一枚板
サイズ45×2,600×700~600

仕上げ 中央部分を木目に合わせてマスキングし、日本ペイントのオイルステン(けやき)で着色し、その後ワシンのクリアニスで4回塗装(途中400番でサンディング)

IMG_2490

中央部分を着色したことによりダークチェリーの様な仕上がりとなりました。
杉材の場合、今回の仕入れ約5万円
ダークチェリーを仕入れた場合約30万円

糖質制限食料理人のセルフリノベーション・キッチン編no.4

〇キッチンリノベーション、キッチンのタイプは?

キッチンのセルフリノベーション、今回はオリジナルのキッチンスタイルでリノベーションしました。

一般に、キッチンのタイプとしてはⅠ型、Ⅱ型、L型、コ型があるそうです。

今回のキッチンはⅠ型を基本に、Ⅱ型をプラス、そしてオリジナルの川の字型キッチンです。

まず基本のⅠ型キッチン

IMG_2509

そして調理台とコールドテーブル(下に冷蔵庫が付いた業務用調理台)で挟みⅡ型キッチン

IMG_2510

川の字型となるために、対面式のカウンターキッチンが移動します。
キャスター付の可動式カウンターテーブルになっています。

IMG_2502

衝突防止のためサムターンでドアをロックします。

IMG_2552

調理台プラスコールドテーブルとの間隔を広げます。

IMG_2501

そして川の字型キッチンになりました。

IMG_2556

料理教室や、5人ぐらいで調理をすることができます。
また、独立したカウンターーテーブルとしても利用できます。

憧れの対面式カウンターキッチン、でもDKを狭くして使いにくく感じる方もいらっしゃることでしょう。
そこでⅠ型を基本に、可動式カウンターを組み合わせてみては如何でしょうか。

なお、カウンターを使わないときは移動できますのでキッチンやダイニングが広く使えます。

移動式カウンターテーブルは、オリジナルですので、DIYするか、大工さん家具屋さんにお願いして作ってもらいましょう。

糖質制限食料理人のセルフリノベーション・キッチン編no.3

〇キッチンリノベーションの熱源(ガスからIH)

キッチンのセルフリノベーション、熱源を以前のガスコンロからIHクッキングヒーターに変更。

ところが、IHクッキングヒーター下の魚焼き用のグリルが邪魔です。
無いタイプを探しましたが、なかなか見つかりません。
ネット検索でやっと見つけたのがパナソニック、でも廃版、定価も200,000円前後でした。
あきらめかけていたところ、北海道(札幌)のリサイクルショップでビルドイン同タイプのパナソニックIHクッキングヒーターを38,000円でみつけ即購入しました。

次に苦労したのが、何にビルドインするかでした。

結果、業務用のステンレス作業台をディスクグラインダーでカットし(火花が飛びますので必ず保護メガネなど完全防備で作業します)ビルドインしました。

IMG_2528

 

IMG_2529

副産物(カットしたステンレス)が出ました。

そしてカットしたステンレスを利用する方法を発見。

今回導入した業務用の2槽シンク、食器などの洗物の場合、右シンクに洗剤を入れて洗物を浸しておくと、左シンクで軽く洗うだけで簡単に汚れが落ちます。

しかし、普段右シンクは使いません。そこにくり抜いたステンレスがぴったり入り、作業スペースとして使うことができました。
廃棄物を利用した偶然の発見でした。IMG_2530

IMG_2531

ステンレスの業務用調理台とシンクを使うことにより、調理台、熱源、シンクすべて清潔に使うことができます。

各調理台は、防水防カビタイプのシリコンでコーキングしてあります。
なお、コーキングは消耗品ですので、2年ぐらいで全部はがして交換すると清潔に使えます。

糖質制限食料理人のセルフリノベーション・キッチン編no.2

〇キッチンリノベーションで大事な電気工事

キッチンのセルフリノベーション、電気工事で工夫したことをお話します。

低糖質な料理を作るため、調理家電をうまく利用すると簡単にパンや麺類を低糖質に作ることができます。

ところが家庭用の電気配線ですと、複数の調理家電を同時に使うとブレーカーが落ちてしまいます。
またたこ足配線になるなど、危険な状態になっていることがあります。

そこで、アンペア数の契約を変えずに、回路を増やすことで克服することができました。
基本的に一つのコンセントに一つの回路を割り当てました。

なお、壁の穴あけや、下処理を除き、唯一電気配線工事は外注しました。

IMG_2453

 

IMG_2547

以前の回路に5回路プラスしました。

それと、たこ足配線を防ぐため10畳のDkに11個のコンセントを設置しました。

特にエアコンや換気扇は独立した回路からとるようにしました。

IMG_2455

そして電子レンジとオーブンを同時に使えるように、隣同士のコンセントでも別の回路からとっています。(下の画像です、投稿トップが完成した画像です)

IMG_2454

最近フィリップスのヌードルメーカーや、ホームベーカリーなどで使える専用の低糖質粉が発売されて、70~80%オフの麺類やパンが簡単に作れるようになってきました。

家電を上手に使い、美味しい糖質制限食を作っていただけるよう、リノベーションの参考ににしていただければ幸いです。

糖質制限食料理人のセルフリノベーション・キッチン編no.1

2011.3:11の地震と津波で全壊状態となった自宅ですが、

(震災約1週間後、床のドロだしを終えたころの状態)DSC00341

キッチンの修繕がなかなか進まず4年ほど放置した状態でした。
 before  2015/6IMG_2438

IMG_2439

今年の7月からDIYを始めやっと完成しました。

after
IMG_2508

IMG_2512

IMG_2511

リノベーションでのこだわりや工夫したこと、苦労したことなど、また投稿します。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.