ベーコンとほうれん草のキッシュその1

スターバックスコーヒーで注文を待っているときに、いつも目につくのがベーコンとほうれん草のキッシュです。

以前(糖尿病発症前)はよく作って、お客様にも食べていただいていた得意料理でしたが、パイの糖質が高いのでもう3年半作っていませんでした。

今日は、パン作り用に買ってある、低糖質(糖質81%オフ)オーツブランミックス粉で代用して、タルト用の練パイを仕込みタルトを作りました。

●ベーコンとほうれん草のキッシュその1では、タルトの作り方まで掲載します。
その2で、具材と生地(ナパージュ)を流して焼き、カットして完成までを掲載します。

○練パイ生地タルト4台分
材料
オーツブランミックス粉  330g   糖質44.22g
無縁バター                         200g   糖質0.4g
ラカンカッ                          6g
全卵                                         20g     糖質 0.06g
水                                      80g

○材料以外に用意するもの

タルト型
オーブンペーパー
タルトストーン
麺棒
フードプロセッサー(なければ指でつぶしながら混ぜる)

○作り方

材料を全部フードプロセッサーに入れ混ぜる。
ボウルに取り出し、混ざりきれないバターを指でつぶして混ぜる。
IMG_2947

ポリ袋に移し、袋の上から麺棒でたたきながら四角く成形する。IMG_2951

生地から1台分160gを取り出し、麺棒でタルト型より3~4cmほど大きめに丸く成形する。
IMG_2953

タルト型の底に丸く切ったオーブンペーパ―を敷き、成形したパイ生地を乗せる。IMG_2952

IMG_2954

タルト型のふちにパイ生地を折り込むように指で成形していく。
IMG_2955

成形が終わったら、ピンセットでタルトのふちに縄目模様の細工をする。
IMG_2956

タルトの中にオーブンペーパーを敷き、タルトストーンを入れる。
焼いているときに生地が膨らまない様にするための重しの役目。
IMG_2959

155℃に余熱したオーブンで20分から25分焼く。
IMG_2961

焼きあがりました。
オーブンから取出し、そのまま放置し、タルトストーンの余熱でタルトに熱を入れる。
その2(仕上げ)で具材と生地(ナパージュ)を流してもう一度焼くので、タルトのふちが焦げないようにするためです。
エリスリトールを除くタルト一台の糖質11.17g
IMG_2967

このまま一晩放置します。
このタルトの作り方は、クッキー生地で作る甘いお菓子フランの場合も同じです。
タルトに耳をつけて縄目の飾りをつける専門店の作り方です。
参考にしていただければ幸いです。

次回ベーコンとほうれん草のキッシュその2で仕上げです。
お楽しみに。

残り野菜の真空浅漬けとつぶし卵のサラダ

糖質制限食に伴うエンゲル係数の上昇を防ぐには、食材を使い切ることが一番です。
冷蔵庫の中のものをすべて使い切ってから、新鮮なものを買うようにします。
今日は冷蔵庫に残った、半端な野菜くずを使ってイッピンを作りました。

○残り野菜の真空浅漬け

●材料
残り野菜いろいろ(捨てずにとっておいた大根の茎、赤カブ、ベビーキャロット、キャベツの芯、生姜、ゆずの皮)
合わせて130g
塩2g
ラカントs液状5g
生姜千切り3g
ゆずの皮2g
オリーブオイル15g

●作り方

オリーブオイル以外の食材を真空包装用のフィルムに入れて真空包装する。
IMG_2910

IMG_2912
10分後にフィルムから取出し、器に盛り付けオリーブオイルをかけて完成
IMG_2930

●もう一品つぶし卵のサラダです。
キューピーが販売している「つぶしておいしいたまごのサラダ」税抜190円を買って食べていたのですが、値段が高いので最近は自分で作っています。
作り方は簡単です。
ポリ袋に茹で卵2個と自家製の低糖質タルタルソースを入れ手でつぶし、盛り付ければ完成です。(原価60円税込)
IMG_2913

IMG_2924

今日の夕食(ソースを含めすべて自家製です)
IMG_2934
下左オーツブランの丸パンガーリックトマトソース焼き
真空低温殺菌調理した合鴨のポアレレモンバターソース。
総糖質量約10g

2015/12/1    7:01pm   食事開始時血糖値
IMG_2937
1時間後
IMG_2938
2時間後
IMG_2944
2時間後 血圧IMG_2942

野菜の真空浅漬けが浸透圧により、約5分で出来上がりです。
長時間漬け込まないので栄養が逃げません。歯ごたえもいいです。
キュウリやナス・パプリカなどの野菜を使えば彩のよい浅漬けができます。
是非お試しください。
※浅漬けの塩分濃度は、今日の場合1.5%ですがお好みで調整してください。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.