糖質制限食とダイエット

糖質制限食を実践して標準体重よりも痩せてしまったとよく聞きます。
食事内容や摂取カロリーを尋ねますと、 主食(炭水化物)を減らした分、ほかの食品(たんぱく質・脂質)を摂っていない、 つまり魚、肉、脂質が不足している場合がほとんどのようです。

つまり、成人として摂るべき約2,000~2,400kcol(男・女や年齢・活動量によって差があります。)のうち1,400kcol以下しかとっていない場合があります。
(厚生労働省の推定エネルギー必要量 別表)
つまり、栄養失調でやせたのです。

太りすぎでのダイエットの場合、BMI20~22ぐらいで止まるところ、痩せすぎ危険域のBMI18.5以下まで痩せてしまったという、ブログの投稿をよく見かけます。(BMIと死亡率・ http://epi.ncc.go.jp/can_prev/evaluation/2830.html)

実は私も、糖質制限を始める前、170cmで64kgでBMI22.1と標準体重でした。
糖質制限開始後体重が減り55.5kgでBMI19.2と危険域に近づきました。
約3年続き、最近半年ほどでやっと58kgになりBMI20まで回復しました。

想えば、私の場合も摂取カロリー不足だったようです。
肉や魚・野菜だけでは量が食べられないのです。
何十年もの間、主食であるご飯やパン麺類と一緒に食べてきたので2,000~2,400kcolの食事ができたのだと思います。
やはり、糖質制限食の場合2,000kcolが限度でした。

最近BMI20まで回復した理由の一つとして、自分で低糖質のパンや麺を作ることができるようになったことが挙げられます。
市販のパンや麺の80~90%ofですので、血糖値もほとんど上がりません。
肉や魚・野菜そして油(脂質)も以前の1.5倍は食べられるようになりました。

もうひとつ忘れていけないのが食物繊維です。
食物繊維にもカロリー(0~2kcal)があるのです。
腸内細菌により短鎖脂肪酸となり、大腸から吸収されます。
http://wp-ostinato.eek.jp/wp/syokumotuseni-no2/
私が作っている丸パンは、ローソンのブランパンの約半分の糖質です。
食物繊維が多い分糖質が下がったのです。そして満腹感もあります。

ダイエットとは健康や美容のために、太りすぎた体を標準体重に戻すことです。
それ以上やせることはダイエットではないと思います。

体には脂肪も必要です。
脂肪酸は、体内に入り脂肪組織の中にエネルギー源として蓄えられます。
(ブドウ糖だけでなく脂肪酸もエネルギーとして利用されています。 最近は短鎖脂肪酸が腸内フローラ関連で話題になっています。そしてケトン体も短鎖脂肪酸です。)
また脳や各種ホルモン、人体の細胞膜を構成する材料となるなど重要な働きをしています。

極端なエネルギー不足の場合には、免疫力が落ち、感染症(インフルエンザなど)
になりやすくなるものと思われます。

 

参考までにストライヤー生化学から
飢餓状態が続き中性脂肪(TGトリアシルグリセロール)を使い果たした時、タンパク質の分解が加速し、否応なく死に至るとあります。

【ストライヤーの生化学第7版 東京化学同人 755pより】
http://goo.gl/MHByJC

タンパク質分解も糖新生の炭素骨格を供給する。
中略
しかしほとんどの動物では、生き残れるかどうかは素早く動けるかで決まり、それには大量の筋肉が必要になる。
そのため、筋肉の損失は最小限に抑えなければならない。

筋肉の損失はどのようにして抑えるのだろう。
飢餓のおよそ3日後には、大量のアセト酢酸とβヒドロキシ酪酸(ケトン体)が肝臓でつくられる。

○アセチルCoAからのこれらの合成が著しく増加するのは、脂肪酸の分解で生じるアセチル基すべてをクエン酸回路で酸化することはできないからである。
○アセチルCoAをクエン酸回路に入れるのに必要なオキサロ酢酸が、糖新生によって使い果たされてしまうのである。
○その結果、肝臓では大量のケトン体が形成されこれが血中に放出される。

この時点で脳はかなりの量のアセト酢酸をグルコースの代わりに消費し始める。
飢餓の3日後には脳のエネルギーの約1/4はケトン体で賄われるようになる
心臓もケトン体を燃料として使う。

飢餓が数週間続くと脳の主な燃料はケトン体になる。

○スクニシルCoAからのCoAの転移によってアセト酢酸が活性化され、アセトアセチルCoAとなる。
○アセチルCoA C-アセチルトランスフェラーゼ(チオラーゼ)による分解で2分子のアセチルCoAが生成し、これがクエン酸回路に入る

本質的にはケトン体は脂肪酸と等価な化合物だが脳が燃料として利用できる。
飢餓1日目には脳が必要とするグルコースは1日当たり約120gであるが、この時点ではわずか40gになる。

肝臓が脂肪酸を効率よくケトン体に変換し、脳でこのケトン体が利用されることによって、グルコースの必要量が著しく減少するのである。
したがって飢餓初期よりも筋肉の分解は少なくなる。
飢餓初期に1日当たり75gだった筋肉の分解量が20gに減ることは、生存にとって極めて重要である。

生存可能な飢餓の期間は、主としてヒトのトリアシルグリセロール貯蔵量によって決まる

貯蔵したトリアシルグリセロールが使い果たされた時にはどうなるのだろう。
残された唯一の燃料源はタンパク質である。
タンパク質の分解が加速し、心臓、肝臓、腎臓の機能が失われて否応なく死に至る。

Herbgarden ostinato 2016その1

もうすぐ種まきや移植に最適なゴールデンウイークということで、4/25~4/27にハーブ移植の準備をしました。
今回は、2011/3/11震災以来放置したままだった約5坪の土地の除草と、石などの取り除き作業です。

IMG_4204
根こそぎ除草です。
IMG_4222
石やごみなどは自作のふるいで漉します。
網は業務用の炭焼き用の頑丈な網です。
IMG_4234
結構重労働です。
IMG_4207
石の混ざっていたスコップ2つ分掘り、ふるいました。
IMG_4208
3日かけてやっと、
土壌を弱アルカリにするため消石灰を撒いて終了です。
夕方6時を過ぎすっかり暗くなりました。
IMG_4246
移植前のハーブ
ローズマリーは満開です。
IMG_4230
タイム・オレガノチャイブです。
IMG_4227
茎が木質化し盆栽のように立派なコモンセージです。
IMG_4226
ローマンカモミールです。
りんごの香りのするハーブで、毎年可憐な白い花を咲かせます。
去年の花から飛んだ種があちこちに芽を出し、
今年は5年ぶりに香りのジュウタンができそうで楽しみです。
花が咲くとジュウタンにならずに枯れるので、一部を除き芝生のように刈り込みます。花は20日後ぐらいに咲きます。
IMG_4224

 

SF 20年後の糖質制限食

20年後の糖質制限食はどうなっているのだろう。

そのころ私も80代です。
たぶん老人ホームに入所していることでしょう。
食事はもちろん糖質制限食で。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

SF 20年後の糖質制限食 (フィクションです)

糖尿病治療は、糖質制限の食事療法が主流になっている。
健常者にも糖質制限食が普及、スーパーでも買えるし、食堂でも食べられる。

病院の食堂はもちろん糖質制限食。
一般の人も食べることができ、ランチタイムにはサラリーマン客などが列をつくり、 30分待ちもよくある。

糖質制限深夜食堂などという店もあらわれ、営業時間は深夜0時から朝7時ぐらい、飲み物は糖質0ビールと糖質0日本酒だけ。(1人3本まで)
メイン料理は豚汁だが、「できるものなら何でも作るよ」という粋な店だ。糖質制限深夜食堂 顔に古傷のある“わけありのマスター”なんと昔は「めしや」をやっていて、TVに何度も出たことがあるそうだ。映画にも二度出ているとか。

美味しい料理を食べて糖尿病が改善するとあって、糖尿病治療で糖質制限食推進派の病院は、教育入院1年待ちが当たり前だ。
美味しい糖質制限食を作る料理人が引っ張りだこで、病院間でヘッドハンティングが頻繁に行われている。

TVでは、糖質制限料理の鉄人などという番組もあり、料理人が腕を競っている。
審査員は全員糖尿病患者、応援席には看護師さんがいっぱいだ。
○○病院で修行したフレンチの料理人が、イタリアンレストランの料理人に勝ったなど、毎回白熱した試合が繰り広げられている。(判定には食後血糖値測定もあり、200mg/dlを超えた場合、危険行為レッドカードで失格となる。)

町のレストランでも、糖質制限食が手前板前当たり前、
中でも、仙台市にあるオスティナートという糖質制限レストランは、20年以上前から糖尿病患者専門の老舗レストランだ。

topimg[1]  老人ホームに入所している、初代オーナーシェフ横車大八さんに聞いてみた、
「糖質制限の第一人者が心不全で死んだというんで、糖質制限をすると死ぬなどと言う噂がたって、20年前はほとんど予約が入らなかった。昔はみんな米やそば、パンを食っていたんだ。」と、誰もがご飯やパン麺類を食べていたことを懐かしそうに話してくれた。
このレストラン超美味しいと評判なのだが、糖尿病手帳又は医師の診断書の提示がないと入店できず、糖尿病患者以外は食べられないのだ。
糖尿病になったら一度は食べてみたいなどと、マスコミで話題になっている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おおっと、そんな時代本当に来るのかなァ~~~

2016/12/19  追記

最近「深夜食堂」を検索キーワードとしてblogにアクセスされる方増えてきました。
なんと深夜食堂シーズン4で糖質制限が登場したようです。

深夜食堂 -Tokyo Stories-

第1話「タンメン」 タクシー運転手(片岡礼子)
深夜に麺抜きのタンメンを注文するタクシー運転手・晴美(片岡)を見て、昔憧れていた戦隊モノ番組のヒロインだと気付きはしゃぐラジオ局のアナウンサー・島田(近藤公園)。
下記サイトより
http://www.cinematoday.jp/page/N0087294

 

糖質制限食とLDL-Cそしてケトン体

●糖質制限食を始めてLDL-Cが増えたが・・・。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3583.html

●コレステロール摂取基準撤廃。日本動脈硬化学会が声
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3374.html

●糖質制限食とケトジェニックダイエット、尿中ケトン体。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3107.html

※私の血中総ケトン体(アセト酢酸・βヒドロシキ酪酸)は、普段4,000~5,000です。 尿中ケトン体は-(陰性)です。http://goo.gl/pM2ha2

シンプルがいい

このブログのコンセプトはシンプルです。
まず、広告がありません。

私はレストランのホームページ(独自ドメイン)とブログ3サイトを運営しています。
年間の運営費は、約7,00円(600/月円以下)

ホームページは、htmlとcssで自作です。

ブログは、WordPressです。無料・広告なしで、誰でも作れます。
そして究極なシンプルデザインです。

4/14から続く熊本の地震が心配です。
報道を見るたびに、涙をこらえるのが大変です。

私も2011・3/11の地震と津波で、母と叔父叔母の3人溺死、自宅は全壊とすべてを失いました。

それから5年、身の回りの持ち物を最小限に減らすことをいつも考えています。

つまりどんな災害にあっても失うものが最小限ですむ暮らしです。

去年断食10日も経験しました。
人は一生のうちに、山で遭難したり災害にあったりと何があるか分りません。
その時、この食べない経験が生かされることでしょう。

熊本の皆さんがんばってください。

そして糖質制限を実践されている熊本の皆さん、支援物資の食料がおにぎりや、カップラーメン、レトルトカレーなど糖質制限NG食品ばかりだとおもいます。
私の住む仙台市でもそうでした。

糖尿病患者で糖質制限による治療をされている場合には、経口血糖降下薬の服用も検討され、またそのほかのセイゲニストの皆様は、お辛いとは思いますが、ライフラインが復旧するまでの辛抱です。

今回の災害報道を見るたびに、究極のシンプリストやミニマリスト(バックパッカー)についてあらためて考えさせられました。

低糖質餃子

低糖質餃子の皮の作り方
http://goo.gl/lfWdym

餃子の餡はハンバーグであまったパテの再利用です。
ニラ・生姜・にんにくと醤油とごま油を入れ餃子風に
IMG_4212
餡を皮で包みフライパンに並べ、少量の油をいれ火をつけます。
フライパンが温まったら、3mmぐらい水を入れます。
IMG_4214
蓋をして水が蒸発するまで過熱します。
IMG_4213
水が完全に蒸発したら、皿をかぶせてひっくり返します。
IMG_4215

餃子1個の糖質約1g(皮0.8g、餡0.2g)
1皿9個の糖質約9g(たれの糖質を除く)
IMG_4217
皮はパリパリ
IMG_4219 中はしっとりモチモチです。
IMG_4220
今回の餃子の皮は、以前作ってhttp://goo.gl/lfWdym冷凍していたものを使用しました。
最近の生地では、餃子の皮1枚の糖質が0.5gぐらいになりました。
ハンバーグのパテを使わなければ、餃子1個の糖質0.6gが可能だと思います。
また投稿します。

 

低糖質フレッシュトマトソース

材料:

トマトホール缶 600g 糖質26.4g
ジェノベーゼ 30g 糖質  0.375g
にんにく15g 糖質  0.375g
穀物酢20g 糖質 0.48g
塩 9g
ラカント 9g
粉唐辛子 2g 糖質 1.332g
コショウ 0.5g 糖質 0.333g
キサンタンガム 3g 糖質 0.267
オリーブオイル100g

総質量788.5g

総糖質量29.562g
100g当たり糖質3.75g

加熱してないので水分の蒸発がなく、また、オリーブオイルを入れて乳化してあるので、低糖質になっています。
そして、水っぽさをなくすため、キサンタンガム(増粘多糖類)でとろみづけしています。
※粉唐辛子・ラカントの量は、好みで調整してください。

容器に材料を全部入れ、ハンディーブレンダーでミキシングして完成です。
IMG_4193

IMG_4194

IMG_4198

小麦ファイバー入りブランパンその2

*パート

材料質量g糖質g/100g糖質量g
鳥越製粉オーツブランミックス粉9010.39.27
ohkura小麦ファイバー451.40.63
ユウテック小麦グルテン458.33.735
食塩300
※プリマナチュラ2
※ラカンカット6
ドライイースト310.50.315
全卵500.30.15
オイル4000
生クリーム3051.5
15500
総質量469
総糖質量15.6
焼き上がり1個当たり(1/6)673.822.56
※血糖値を上昇させないラカンカット(エリスリトール)を糖質量に含めていません。プリマナチュラは糖質量不明のため糖質量に含めていません。

IMG_4195
焼き上がり1/6個  67g 糖質2.56g(3.82g/100g)

IMG_4197

ローソンのブランパン30gで糖質2.2gです。
*パート2で焼いた場合、30gに換算すると糖質1.146g

2016/5/14追記

*ostinato独自のミックス粉の分量をすべて公開しました。
作り方は過去の投稿を参考にしてください。

初めての方や作るのが難しい方は、初心者向けパン作り教室をご利用ください。

低糖質パンは、頑張って自分で作りましょう。
今後も、改良したパンやミックス粉レシピを投稿します

なお、読者の方で自分のサイトにアップしたり、他のサイトに投稿する場合は、wp-ostinatoにリンクを張ってください。
多くの方に広めてください。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.