糖質制限食とダイエット

糖質制限食を実践して標準体重よりも痩せてしまったとよく聞きます。
食事内容や摂取カロリーを尋ねますと、 主食(炭水化物)を減らした分、ほかの食品(たんぱく質・脂質)を摂っていない、 つまり魚、肉、脂質が不足している場合がほとんどのようです。

つまり、成人として摂るべき約2,000~2,400kcol(男・女や年齢・活動量によって差があります。)のうち1,400kcol以下しかとっていない場合があります。
(厚生労働省の推定エネルギー必要量 別表)
つまり、栄養失調でやせたのです。

太りすぎでのダイエットの場合、BMI20~22ぐらいで止まるところ、痩せすぎ危険域のBMI18.5以下まで痩せてしまったという、ブログの投稿をよく見かけます。(BMIと死亡率・ http://epi.ncc.go.jp/can_prev/evaluation/2830.html)

実は私も、糖質制限を始める前、170cmで64kgでBMI22.1と標準体重でした。
糖質制限開始後体重が減り55.5kgでBMI19.2と危険域に近づきました。
約3年続き、最近半年ほどでやっと58kgになりBMI20まで回復しました。

想えば、私の場合も摂取カロリー不足だったようです。
肉や魚・野菜だけでは量が食べられないのです。
何十年もの間、主食であるご飯やパン麺類と一緒に食べてきたので2,000~2,400kcolの食事ができたのだと思います。
やはり、糖質制限食の場合2,000kcolが限度でした。

最近BMI20まで回復した理由の一つとして、自分で低糖質のパンや麺を作ることができるようになったことが挙げられます。
市販のパンや麺の80~90%ofですので、血糖値もほとんど上がりません。
肉や魚・野菜そして油(脂質)も以前の1.5倍は食べられるようになりました。

もうひとつ忘れていけないのが食物繊維です。
食物繊維にもカロリー(0~2kcal)があるのです。
腸内細菌により短鎖脂肪酸となり、大腸から吸収されます。
http://wp-ostinato.eek.jp/wp/syokumotuseni-no2/
私が作っている丸パンは、ローソンのブランパンの約半分の糖質です。
食物繊維が多い分糖質が下がったのです。そして満腹感もあります。

ダイエットとは健康や美容のために、太りすぎた体を標準体重に戻すことです。
それ以上やせることはダイエットではないと思います。

体には脂肪も必要です。
脂肪酸は、体内に入り脂肪組織の中にエネルギー源として蓄えられます。
(ブドウ糖だけでなく脂肪酸もエネルギーとして利用されています。 最近は短鎖脂肪酸が腸内フローラ関連で話題になっています。そしてケトン体も短鎖脂肪酸です。)
また脳や各種ホルモン、人体の細胞膜を構成する材料となるなど重要な働きをしています。

極端なエネルギー不足の場合には、免疫力が落ち、感染症(インフルエンザなど)
になりやすくなるものと思われます。

 

参考までにストライヤー生化学から
飢餓状態が続き中性脂肪(TGトリアシルグリセロール)を使い果たした時、タンパク質の分解が加速し、否応なく死に至るとあります。

【ストライヤーの生化学第7版 東京化学同人 755pより】
http://goo.gl/MHByJC

タンパク質分解も糖新生の炭素骨格を供給する。
中略
しかしほとんどの動物では、生き残れるかどうかは素早く動けるかで決まり、それには大量の筋肉が必要になる。
そのため、筋肉の損失は最小限に抑えなければならない。

筋肉の損失はどのようにして抑えるのだろう。
飢餓のおよそ3日後には、大量のアセト酢酸とβヒドロキシ酪酸(ケトン体)が肝臓でつくられる。

○アセチルCoAからのこれらの合成が著しく増加するのは、脂肪酸の分解で生じるアセチル基すべてをクエン酸回路で酸化することはできないからである。
○アセチルCoAをクエン酸回路に入れるのに必要なオキサロ酢酸が、糖新生によって使い果たされてしまうのである。
○その結果、肝臓では大量のケトン体が形成されこれが血中に放出される。

この時点で脳はかなりの量のアセト酢酸をグルコースの代わりに消費し始める。
飢餓の3日後には脳のエネルギーの約1/4はケトン体で賄われるようになる
心臓もケトン体を燃料として使う。

飢餓が数週間続くと脳の主な燃料はケトン体になる。

○スクニシルCoAからのCoAの転移によってアセト酢酸が活性化され、アセトアセチルCoAとなる。
○アセチルCoA C-アセチルトランスフェラーゼ(チオラーゼ)による分解で2分子のアセチルCoAが生成し、これがクエン酸回路に入る

本質的にはケトン体は脂肪酸と等価な化合物だが脳が燃料として利用できる。
飢餓1日目には脳が必要とするグルコースは1日当たり約120gであるが、この時点ではわずか40gになる。

肝臓が脂肪酸を効率よくケトン体に変換し、脳でこのケトン体が利用されることによって、グルコースの必要量が著しく減少するのである。
したがって飢餓初期よりも筋肉の分解は少なくなる。
飢餓初期に1日当たり75gだった筋肉の分解量が20gに減ることは、生存にとって極めて重要である。

生存可能な飢餓の期間は、主としてヒトのトリアシルグリセロール貯蔵量によって決まる

貯蔵したトリアシルグリセロールが使い果たされた時にはどうなるのだろう。
残された唯一の燃料源はタンパク質である。
タンパク質の分解が加速し、心臓、肝臓、腎臓の機能が失われて否応なく死に至る。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.