低糖質チャーシュー麺🍜

自家製低糖質麺でチャーシュー麺 を作りました。
低糖質麺の作り方は過去の投稿を参考にしてください。

真夜中の血糖値測定

まずチャーシューを作ります。
今回は、真空低温調理で3日(72時間)調理後小分けし、冷凍したイベリコ豚肩ロースを使いました。
以前の投稿を参考にしてください。

真空低温殺菌調理(イベリコ豚肩ロース肉)


調理した肉150gを小分けにして冷凍してあります。

肉を解凍し合わせ調味料をいれ真空包装します。
2時間ほどで浸透圧で味がしみこみます。


フライパンで軽く焼き目がつくくらいに焼きます。


そぎ切りにします。
具材を全部揃えます。(半熟卵・生若布・しらがネギあおネギ)

麺とスープを別々に温めます。

器に盛り付け、具をのせて完成です。

そして血糖値測定。
10:14  122mg/dl

11:16  124mg/dl

0:16  135mg/dl

食後1時間の血糖値はほとんど変わりません。
不溶性食物繊維の量が結構多いのが原因かと思います。

2時間後13mg/dl上昇ですので今回の糖質制限食試験は合格でしょう。
ちなみに総糖質量は、約12gです。

今回のチャーシュー麺には多量の食物繊維(主に不溶性)そしてタンパク質も豊富に含まれています。
食物繊維が血糖値上昇の抑制に深くかかわっているように思われます。

糖質ゼロコンニャク麺もいいのですが、どこか物足りなく長続きしません。
カロリーとタンパク質と食物繊維そして少量の糖質の含まれた今回の低糖質チャーシュー麺、結構いけると思いました。

小麦ふすま・小麦ファイバー・こんにゃく粉の麺

今日は小麦ふすま・小麦ファイバー・こんにゃく粉の麺を作りました。

材料質量g糖質g/100g糖質量g
小麦ふすま(ユウテック)3010.23.06
小麦ファイバー(ookura)601.40.84
こんにゃく粉355.41.89
小麦グルテン(小川製粉)
12524.130.125
食塩400
16000
4148.6735.915
製麺後3728.6732.27
茹で上がり6205.2032.27
茹で上がり1人前1555.208.06


水を除く材料を全部合わせます。

PHILIPSのヌードルメーカーに合わせた粉を入れ、水を入れスタートします。


麺が出てきました。こんにゃく粉が入ると少し縮れます。
小麦ふすまですので日本そばのような色です。


沸騰した湯で約5分ゆでます。


茹で上がったら冷水でしっかり洗い料理に使います。
残った麺はポリ袋に入れ冷蔵庫で保管できます。また冷凍もできます。

またアップします。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.