菊芋と私とタワシ

菊芋と私

最近まで菊芋というものを知りませんでした。
菊芋を知ったのは江部先生のブログです。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-4026.html

イヌリンを豊富に含む食品として注目されているようです。

食品成分

菊芋の食品成分(日本食品標準成分表2015年版(七訂)から)
各成分をエネルギーに換算してみました。

エネルギー 35kcal
水分    81.7g
タンパク質 1.9g(4kcla/1g)7.6kcal
脂質    0.4g(9kcal/1g)3.6kcal
糖質              12.8g(約1.8kcal/1g)22.8kcal
水溶性食物繊維 0.5g(2kcal/1g)1kcal
不溶性食物繊維 1.4g(0kcal/1g) 0kcal

糖質のほとんどがイヌリン(多糖類)のようです。
イヌリンは加水分解によってオリゴ糖(小糖類)に変わります。
成分表ではイヌリンを糖質として表示していますが、小腸で吸収されることはなく、一般に水溶性食物繊維として扱われています。
熱量から逆算しても、通常の糖質が4kcal/1gなのに対し約1.8kcal/1gと水溶性食物繊維の熱量2kcal/1gとほぼ同じです。

菊芋とタワシ

菊芋はスーパーなどでは販売されていません。
今回、食用兼種イモとしてネット通販で20kg購入しました。
土がついたまま送られてきます。
保存や、成分がぬけないようにするためだそうです。
ところが、土がなかなか落ちないのです。
ここで登場するのが「タワシ」です。
芋の形がショウガのような凸凹なので、タワシを使うのが一番でした。

タワシできれいに土を落としてから、ピーラーでむきます。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.