育苗温室その3

最近種まきした苗が育っています。


手前からブロッコリー・ダークオパールバジル・レッドアジアンマスタード・中玉トマト・パセリ・コモンセイジ・えごま・かぶ中玉・はつか大根・クレソン・レタス(ミックス)・ステビアその他


レタス


ステビア

おまけ

私、植物男子ラベンダーが育てている12種類のラベンダーのうち
お気に入りのラベンダー2種です。

おまけその2
去年の夏グランドカバーとして植えたローマンカモミールが満開です。

おまけその3
アヤメが咲きました。

ニンニクの収穫

去年の9月に青森県田子町の「にんにく屋岡崎商店」から購入した種ニンニク
(福地六片ニンニク)

去年11月に植えつけました。


順調に育ちました。


いよいよ収穫です。


7.5㎝の巨大なニンニクに育ちました。

花壇その2

前回の花壇

花壇


で整地したところに、垣根としてローズマリー17本とグランドカバーとしてビオラとナスタチュウムを植えました。

ローズマリーは成長すると横にも伸びますので、株間は60cmにしました。
剪定しながら育てて、垣根になるまで5年ぐらいはかかりそうです。

おまけ

午後から雨風が強くなったので、育苗温室でステビアの株分けです。
去年の枯れたステビアの根元からたくさんの芽が出ています。

これを株分けし、育苗ポットに植え替えました。

全部で56株元気に育つといいのですが。

菊芋とワタシとタワシその2

前回は菊芋との出会いや、菊芋の下ごしらえなどを記事にしました。

菊芋と私とタワシ

今回はいよいよその菊芋栽培についてです。

今年植え付けを予定していた畑及びその周辺農地で、去年の暮から今年の春にかけ、農林水産省による大規模な農地(畑)の改良工事が行われました。

結果は、土壌が悪い(粘土質で根菜類の栽培に向かない)、水はけが悪い、かさ上げにより法面が急で不便で危険、そのうえ法面が崩壊し始めている。
一番の問題は、かさ上げの目的であった、水はけをよくするどころか逆に悪くしてしまった。
原因は、工事期間が短すぎたのと、施工方法に問題があったようです。

近所の耕作者とも話し合い、農林水産省にかけあい工事のやり直をしてもらうようよう交渉中です。

使えない畑の替わりに、震災(津波)後がれきやごみ混ざりで使えなくなっていた空き地を、開墾し畑にして植えることになりました。

まず、5月16日に菊芋の育苗です。

1週間かけ整地しました。
今朝6:00から、苦土石灰・牛糞・腐葉土・有機化成肥料を入れ土づくり。

畝たて(畝幅80㎝、株間50cm)

AM8:00ごろ雨の中の植え付けとなりました。

苗が150株ほど余ってしまいました。
今後近所の農地を(畑)を借りて植える予定です。

ボリジ 青花

首を垂れて咲く「ボリジ青花」とても可愛い花です。
小鳥のくちばしにも見えます。

はじめは蕾が下を向いていたので、水が切れたと思い急いで水をあげてしまいました。。
サラダに入れて食べたり、また白ワインに浮かべるとブルーの花がピンクに変わるそうです。
でも、もったいないので食べたり白ワインに浮かべたりはしません。
育苗温室に入るたび癒されます。

おまけ

コモンセージが開花しました。
ハーブの花はブルーが多いですね。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.