インクㇾチンとDPP4阻害薬

過去に掲載したインクㇾチンとDPP4阻害薬の記事を再掲載します。

前回、グルコースが膵β細胞に作用してインスリンが分泌される仕組のほかに、インクㇾチンにもインスリン分泌を促す作用があることを記載しました。

インスリン分泌の仕組み

今回は主にインクㇾチン、関連してDPP4阻害薬・GLP-1受容体作動薬について記載します。

経口投与されたグルコースは小腸のL細胞に作用してGLP-1 (glucagon-like peptide-1)を分泌し、またK細胞に作用してGIP (glucose-dependent insulinotoropic polypeptide)を分泌する。
これらGLP-1 、GIPを総称してインクレチンという。

インクレチンは膵β細胞内においてcyclic AMPを産生し、protein kinase Aを介して電位依存性Ca2+チャネルをリン酸化することによってCa2+イオンの流入を促進する。
よって、食後高血糖になる場合、2つの経路によってインスリンが分泌されることになる。
一つはグルコースによってATPが産生され、ATP感受性K+チャネルが閉鎖することによって脱分極し、電位依存性Ca2+チャネルが開口してCa2+イオンが流入する経路。
もう一つは、インクレチンによってcyclic AMPが産生され、上述した過程により電位依存性Ca2+チャネルが開口してCa2+イオンが流入することによってインスリンの分泌が促進されることになる。

DPP-IV阻害薬】

インクレチンはDPP-IV (dipeptidyl peptidase-IV) によって分解され、血中半減期は5分程度である。
このDPP-IVを阻害して血中のインクレチン濃度を上げるとインスリン分泌が増加するだろうと云う概念でDPP-IV阻害薬が開発された。

インクレチンは、膵β細胞内においてcyclic AMPを産生するために、膵β細胞の保護作用、増殖促進作用を示す。
GLP-1あるいはGIPによって産生されたcyclic AMPはプロテインキナーゼA (PKA)を活性化し、PKAはCREB (cyclic AMP応答タンパク質)を活性化することによってアポトーシス(積極的、機能的細胞死)を誘発するカスパーゼ3(caspase 3)を抑制し、膵β細胞の死が抑制されることになる。
また、プロテインキナーゼA (PKA)は、MAPキナーゼなどを活性化して膵β細胞の分化・増殖を促進する。
一方、プロテインキナーゼA (PKA)は、CREB (cyclic AMP応答タンパク質)を活性化して、IRS2の発現を促進し、PI3K/Aktを介して、PDX-1 (pancreatic duodenal homeobox-1)を活性化して膵β細胞の分化・増殖を促進する。

○GLP-1とGIPは、いずれもインスリン分泌を促進するが、少し作用が異なっている。
●GLP-1は、インスリン分泌促進作用、膵臓β細胞増殖作用、膵β細胞死抑制作用、グルカゴン分泌抑制作用、胃排泄能抑制作用、中枢性食欲抑制作用を示す。
●GIPは、インスリン分泌促進作用、膵臓β細胞増殖作用、膵β細胞死抑制作用を示すと共に、脂肪細胞に作用して脂肪の取り込みを促進し、肥満を誘発する作用を示す。

GLP-1受容体作動薬】

GLP-1はDPP-IVによって分解され、血中半減期は5分程度であることから、このDPP-IVを阻害して血中のインクレチン濃度を上げるとインスリン分泌が増加するだろうと云う概念でDPP-IV阻害薬が開発されたことは上記した。

GLP-1と同じような作用をする薬を外から投与すれば、すい臓からインスリンが分泌される過程を促進できることが分かる。
GLP-1そのものは体内で素早く分解されるため、分解されにくいようにGLP-1の構造を少し変えることで糖尿病治療薬が創出された。
そして、GLP-1受容体に結合する薬物がGLP-1受容体作動薬として開発された。
(薬の詳細や副作用については、こちらのサイトを参考に)

これらの薬剤は、体内の血糖値に応じて作用し、高血糖の時にのみ膵臓からのインスリン分泌を促進するため、インスリン治療に比べて低血糖発現率が低いと言われている。
また、いずれも体重減少や膵β細胞の保護作用を示すことも報告されている。

※参考にしていただきたい図
https://www.google.co.jp/search?q=dpp4%E9%98%BB%E5%AE%B3%E8%96%AC%E3%81%A8%E3%81%AF%E5%9B%B3&biw=1600&bih=751&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwi3hrXUl_PQAhWEvrwKHWcfDqgQsAQILA

参考にさせていただいたサイト
http://kusuri-jouhou.com/medi/diabetes/dpp4.html
http://polaris.hoshi.ac.jp/openresearch/index.html

追記
江部先生の(2017年07月23日)ブログ記事「DPP-4阻害剤。低血糖を起こしにくい。SU剤との作用機序の違い。」
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-4269.html

人間ドック

今日明日と一泊二日の人間ドックです。
場所は仙台オープン病院、
今年で連続6回目となります。


受付を済ませます。


ゆったりとしたソファーそしてマッサージチェアーもあります、


宿泊はホテルと同じ、広めのシングルです。

朝8:30から検査スタート

※検診スケュールは次の通りです。
*身長・体重・腹囲・血圧測定・採血
*腹部超音波検査
*視力・眼圧測定・聴力検査
*胸部x線検査
*心電図・肺機能・骨密度
*内科診察(結果説明)
眼科検査はかかりつけの眼科で検査を受けているので省略
糖負荷検査は糖尿病のためHba1cのみで省略
※今回私が選んだオプション
*脳検査(MRI)
*胸部CT検査
*頸動脈超音波検査
*心臓超音波検査
*動脈硬化検査
*AFP(肝臓がん腫瘍マーカー)
*アミノインデックス(AICS血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、現在がんである可能性を評価する検査です)

12:00のランチです。(ブランパンは持ち込みです)

16:30一日目の検査がすべて終了しました。
18:00から夕食、楽しみです。。

明日の検査は
胃の内視鏡検査と大腸の内視鏡検査です。

ブログをご覧いただいた皆様にも一年に一度人間ドックをお勧めします。
スタッフも丁寧で感じがよく、ストレスなく検査を受けることができました。
料理も結構おいしく満足です。

追記
胃の内視鏡検査(胃カメラ)で問題個所発見、がんの恐れありということで組織を取って調べています。
以前退治したピロリ菌が関係しているようです。
結果は8月8日です。
早期発見早期治療、もしがんだとしても内視鏡手術が可能だそうです。

自覚症状がなくても体の中では何が起きているかわかりません。
もう一度言います、年に一度人間ドックを受けましょう。
いつもは年配の方が多かったのですが、今年は40~50代の受診者が半分以上でした。

α-グルコシダーゼ阻害薬

ストライヤーの生化学 第7版 から一部抜粋と
私の過去のブログ記事から一部ご紹介します。

ストライヤーの生化学p413から一部抜粋

グルコースは食事の炭水化物から産生される

私たちは、一般に、食事において多量のデンプンと少量のグリコーゲンを摂取する。
これらの炭水化物複合体は、腸管からの吸収と血中での輸送のために、より単純な炭水化物へと変換させる必要がある。
デンプンとグリコーゲンは、その大部分が膵臓の酵素であるα-アミラーゼ(α-amylase)によって、またその一部は唾液のα-アミラーゼによって消化される。
アミラーゼはデンプンとグリコーゲンのα1→4結合を切断するが、それらのα1→6結合を切断しない。
その代謝物は、二糖類または三糖類のマルトース(麦芽糖・二糖類)とマルトトリオース(三糖類)である。α1→6結合をもつため消化されないそれらの物質は、限界デキストリン(limit dextrin)と呼ばれる。
マルターゼ(maltase)はマルトースを2分子のグルコースに切断するが、一方、α-グルコシダーゼ(α-giucosidaase)は、アミラーゼによる消化を免れたマルトトリオ―スと他のオリゴ糖を消化する。
α-デキストリナーゼ(α-dextrinase)は、限界デキストリンをさらに消化する。
マルターゼとαグルコシダーゼは、腸管細胞の表面に局在する。
野菜に由来するスクロース(ショ糖)をフルクトース(果糖)とグルコースに分解するスクラーゼ(sucrase)も同様である。
ラクターゼは(lactase)は、乳糖のラクトースをグルコースとガラクトースに分解するのに重要な酵素である。単糖類は腸管壁細胞に輸送され、さらにそこから血中に輸送される。
ここまでが、ストライヤーの生化学 第7版 p413からの抜粋です。

私の過去のブログ記事から一部です。

食事により摂取された炭水化物は、小腸においてαアミラーゼによって小糖類(オリゴ糖)・二糖類に分解さ れる。
小糖類(オリゴ糖)・二糖類は、小腸膜上(刷子縁膜上)に存在するα-グルコシダーゼ、マルターゼ、ラクターゼ、スクラーゼ(サッカラーゼ)、グルコアミラーゼにより、単糖類(グルコース、フルクトース、ガラクトース)に分解される。

グルコースは、小腸粘膜細胞上に存在するNa・グルコース共輸送体1(SGLT1)によってNaと共に細胞内へ輸送される。
α-グルコシダーゼ阻害薬が小腸内に存在すると、α-グルコシダーゼ阻害薬がα-グルコシダーゼに結合する。

αグルコシダーゼ阻害薬(グルコバイ・ベイスン・セイブル)は上記の作用によって、二糖類の分解を阻害する。

したがって、食後の急激な血糖値の上昇(グルコーススパイク)は抑制される。
また、血糖値が徐々に上昇するため、インスリンもそれに応じて徐々に分泌されることになり、高インスリン血症が改善されることになる。

追記

江部先生のブログに「αグルコシダーゼ阻害薬」についての記事があります。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-4255.html

菊芋とワタシとタワシその3

最近、いろんな所で雑草がすごい勢いで生えてきました。

菊芋畑も草だらけです。
菊芋は栄養分がたくさん必要なので、苗の植え付け前にたくさんの有機肥料を入れました。

菊芋とワタシとタワシその2


よって雑草も立派に育ちました。

たくさん取りました

背丈は70cmまで育ち、葉の色も濃い緑で丈夫に育っています。

秋ごろには3m近く育つと思うと末恐ろしい感じがします。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.