加圧トレーニングと成長ホルモン、そして乳酸について

加圧トレーニングと成長ホルモン、そして乳酸について
予備知識としてこちらがサイトが参考になりました。

加圧トレーニングと成長ホルモンについて
e-ヘルスネット >  情報提供 > 身体活動・運動 > 運動の考え方と進め方 > 加圧トレーニング
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-04-008.html

乳酸について
e-ヘルスネット >  情報提供 > 健康用語辞典 > 身体活動・運動 > 乳酸
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-045.html

かつらサンバイザー(禿専用帽子)

最近髪の毛が薄くなってきました。
かつらは嫌なので何か対策を考えていました。
禿を隠すのではなく、ユーモア(受け狙い)として、また実用的(危険防止、防寒対策)なもの。

決定、これです。

禿専用の帽子、かつらサンバイザー、
早速購入しました。

実は、あまり受けません。

原因は、
まだ薄毛の段階で、髪の毛が残っていて、帽子を取った時のギャップがないからなのでしょう。

丸刈りにしたら、受けるのか、
また、投稿します。

追記
防寒対策としては優れています。
とても暖かく快適ですが、夏は蒸れそうです。
やはり禿専用なのでしょうね。

〇と△の歌とおでん

石川セリ「翼 武満徹ポップ・ソングス」の収録曲のなかに
「〇と△の歌」という曲があります。
現代音楽の作曲家として活躍された、武満徹さんが作詞・作曲された合唱曲で、またポップ・ソングです。

最近スーパーで丸い(玉)こんにゃくが売られています。
つい口ずさんでしまうのが

蒟蒻は丸いぜ~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~
バラライカは三角だぜ♪♪♪~~~

正しくは、
「○と△の歌」  作詞・作曲 武満徹
地球は丸いぜ
りんごは赤いぜ
砂漠は広いぜ
ピラミッドは三角だぜ

空は青い
海は深い
地球は丸い
小さな星だぜ
空は青い
地球は丸い
海は深い
地球は丸い
小さな星だぜ

地球は丸いぜ
りんごは赤いぜ
ロシアはでかいぜ
バラライカは三角だぜ

20年ほど前によく聞いたものでした
石川セリ「翼 武満徹ポップ・ソングス」には、たくさんの名曲が収録されています。

もう一曲お気に入りが
「三月の歌」です。

そして、おでん好きの私が今日食べたのが
「〇と△のおでん」でした。

いつもの「おでん」がこちら
自家製超低糖質(糖質3.53g/100g)田楽みそをかけて食べます。
「万能甘みそ」ですので、作り方は後日投稿します。

 

 

Amazonで購入できますのでお勧めです。

石川セリ「翼 武満徹ポップ・ソングス」
https://www.amazon.co.jp/%E7%BF%BC-%E6%AD%A6%E6%BA%80%E5%BE%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9-%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E3%82%BB%E3%83%AA/dp/B00005EQHA/ref=pd_sim_15_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=028BK2Y2XW0PWN554EVN

武満徹:MI・YO・TA
https://www.amazon.co.jp/%E6%AD%A6%E6%BA%80%E5%BE%B9-MI%E3%83%BBYO%E3%83%BBTA-%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E3%82%BB%E3%83%AA/dp/B000IB13GQ/ref=pd_lpo_sbs_15_t_0?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=JGG4SNYHDZF0068Z9S0A

追記
「三月のうた」こちらもいい
演奏はショーロクラブ、歌・おおたか静流
何度聞いても涙腺が緩みます。

宮城県図書館

今日の仙台地方、晴れで穏やかな天気でした。

久しぶりに資料の閲覧のため、仙台市泉区にある宮城県図書館に行ってきました。

仙台駅から北に車で30分ほどのところにあります。
山を切り開いたところに建てられていて、
近隣には、住宅地、ホテル、大学、中高学校などがあり、環境のいいところです。

帰りに、図書館内のcafe restaurantでコーヒーを飲みました。
窓越しに見えた紅葉が素晴らしかったです。

豚の角煮

豚の角煮は、豚のバラ肉を長時間、柔らかく煮込み、作られます。

長時間煮込まない豚の角煮を作りたいとずっと考えていました。

遂に完成しました。

深夜3:30を過ぎましたので、
作り方は、後日詳しく投稿します。

消化酵素、グリコシダーゼとグルコシダーゼ

≪マルターゼ、スクラーゼ、グルコアミラーゼなどの酵素を総称して、α-グルコシダーゼと呼びます。この、α-グルコシダーゼの働きを阻害することにより、腸管からの糖質の分解・吸収を遅延させて、
食後高血糖を抑制するお薬が、『α-グルコシダーゼ阻害薬』(グルコバイ、ベイスン、セイブル)です。≫
について、前から疑問に思っていましたので投稿いたします。

【全国の薬剤師で創る薬剤師専門サイト 薬剤師専門サイトのファーマシスタ
https://pharmacista.jp/contents/skillup/academic_info/diabetes/2286/

食後の血糖値上昇を抑えるαグルコシダーゼ阻害薬がボグリボース(商品名:ベイスン)です。
ボグリボースの作用機序、服薬指導のポイントについてまとめてみました。

作用機序(セイブル・グルコバイとの違い・比較)

ボグリボース(ベイスン)はグルコアミラーゼ、マルターゼ、イソマルターゼ、スクラーゼといったαグリコシダーゼを阻害することで、でんぷんやスクロースがグルコースに分解されるのを防ぎ、血糖値の上昇を抑えます。

ボグリボース(ベイスン)と同じαグルコシダーゼ阻害薬(αGI)にミグリトール(商品名:セイブル)やアカルボース(商品名:グルコバイ)があります。

アカルボースに特有の作用に唾液・膵液中のαアミラーゼ阻害があり、ミグリトールにはラクトースやトレハロースの分解を抑える作用があります。】

【日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
グリコシダーゼ
https://kotobank.jp/word/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BC-56761

配糖体あるいはオリゴ糖(少糖)のグリコシド結合を加水分解する酵素の総称。グリコシドヒドラーゼともいう。多糖のグリコシド結合を加水分解する酵素(アミラーゼ、セルラーゼなど)とは区別されるが、その境界は明確ではない。国際生化学連合(現在は国際生化学・分子生物学連合)の酵素委員会が制定した酵素の分類による「EC3.2.グリコシル化合物に作用する酵素群」に属す。

グリコシド結合とは単糖のアノマー性ヒドロキシ基(単糖が環状構造を形成するときにできたヒドロキシ基のこと)の水素が他の化合物と置換してできる結合のことである。配糖体とは非糖物質に糖がグリコシド結合したものである。オリゴ糖とは単糖が2~10個グリコシド結合したものである。

グリコシダーゼにはα(アルファ)-グリコシダーゼとβ(ベータ)-グリコシダーゼがある。
糖のアノマー性ヒドロキシ基は他のヒドロキシ基との位置関係からαとβの2種類に区別される。
単糖が6員環(炭素5個と酸素1個からなる環。ブドウ糖のようなアルデヒド基をもつ六炭糖が環状構造を形成するときに形成される。6員環状の糖をピラノースと総称する)を形成した場合、6位(糖の炭素にアルデヒド基の方から順に番号をつけて6番目の炭素のこと)のCH2OHと、環面に対してトランス(反対側の意味)配位のアノマー性ヒドロキシ基をα-アノマー、シス(同じ側の意味)配位のものをβ-アノマーとして区別する。α-およびβ-アノマー性ヒドロキシ基が関与した結合を、それぞれα-グリコシド結合およびβ-グリコシド結合とよぶ。グリコシダーゼはこの立体配位を厳密に区別する。酵素名には分解できるグリコシド結合のアノマー配位を併記する。

また、オリゴ糖を加水分解するグリコシダーゼは内部のグリコシド結合を分解するエンド型と、糖鎖の非還元末端のみに作用するエキソ型に大別される。

グリコシダーゼは自然界に広く存在し、基質名にちなんだ名が別名として広く用いられている。
たとえば、
スクラーゼ(スクロースすなわちショ糖を加水分解する。系統名はSucroseα-D-glucohydrolase。EC3.2.1.48)、
マルターゼ(マルトースすなわち麦芽糖を分解する。系統名はα-D-Glucoside glucohydrolase。EC3.2.1.20)、
ラクターゼ(ラクトースすなわち乳糖を分解する。系統名はβ-D-Galactoside glucohydrolase。EC3.2.1.23)など。

グリコ-、glyco-は糖一般をグルコ-、gluco-はグルコースすなわちブドウ糖を意味する。

グリコシダーゼの研究には江上不二夫(えがみふじお)らのグループの寄与が大きい。[徳久幸子]】

ストライヤー生化学から
http://wp-ostinato.eek.jp/wp/%e4%ba%8c%e7%b3%96%e9%a1%9e%e3%83%bb%e5%a4%9a%e7%b3%96%e9%a1%9e%e3%81%a8%e6%b6%88%e5%8c%96%e9%85%b5%e7%b4%a0/

グルコースは食事の炭水化物から産生される

私たちは、一般に、食事において多量のデンプンと少量のグリコーゲンを摂取する。
これらの炭水化物複合体は、腸管からの吸収と血中での輸送のために、より単純な炭水化物へと変換させる必要がある。
デンプンとグリコーゲンは、その大部分が膵臓の酵素であるα-アミラーゼ(α-amylase)によって、またその一部は唾液のα-アミラーゼによって消化される。
アミラーゼはデンプンとグリコーゲンのα1→4結合を切断するが、それらのα1→6結合を切断しない。
その代謝物は、二糖類または三糖類のマルトース(麦芽糖・二糖類)とマルトトリオース(三糖類)である。α1→6結合をもつため消化されないそれらの物質は、限界デキストリン(limit dextrin)と呼ばれる。
マルターゼ(maltase)はマルトースを2分子のグルコースに切断するが、一方、α-グルコシダーゼ(α-giucosidaase)は、アミラーゼによる消化を免れたマルトトリオ―スと他のオリゴ糖を消化する。
α-デキストリナーゼ(α-dextrinase)は、限界デキストリンをさらに消化する。
マルターゼとαグルコシダーゼは、腸管細胞の表面に局在する。
野菜に由来するスクロース(ショ糖)をフルクトース(果糖)とグルコースに分解するスクラーゼ(sucrase)も同様である。
ラクターゼは(lactase)は、乳糖のラクトースをグルコースとガラクトースに分解するのに重要な酵素である。単糖類は腸管壁細胞に輸送され、さらにそこから血中に輸送される。
ここまでが、ストライヤーの生化学 第7版 p413からの抜粋です。

グリコシダーゼとグルコシダーゼについて
Wikipediaを、まとめてみました。

●グリコシダーゼは、グルコースを含めた糖全般のグリコシド結合を分解する酵素の総称である。
グルコシダーゼは、グルコースとのグリコシド結合を分解する酵素の個別名である。(αグルコシダーゼマルターゼ(マルターゼはαグルコシダーゼと同義語))

●グリコシダーゼは通常、作用する基質に基づいて命名される。例えば、グルコシド結合を加水分解する酵素はグルコシダーゼ、キシロースのホモポリマーであるキシランを分解する酵素はキシラナーゼ(xylanase)と呼ばれる。
他にも、ラクターゼ、アミラーゼ、キチナーゼ、スクラーゼ、マルターゼ、ノイラミニダーゼ、インベルターゼ、ヒアルロニダーゼ、リゾチームなどがある。

結論
【グリコシダーゼは、グルコースを含めた糖全般のグリコシド結合を分解する酵素の総称である。
そしてαグリコシダーゼを阻害する薬剤名が αグルコシダーゼ阻害薬(グルコバイ、ベイスン、セイブル)である。】

追記

Re: グリコシダーゼとグルコシダーゼについて

オスティナート さん

情報をありがとうございます。

浅学にして、グリコシダーゼというものを知りませんでした。
医学部の教科書でも、αグルコシダーゼ阻害薬の話はありますが、
グリコシターゼに関しては、全くでてきません。

オスティナートさんの結論でいいのだと思います。

この件に関しては素人の私には
以下のウィキペディアの記載が、わかりやすいと思いました。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BC

グルコシダーゼ
グルコシダーゼ(glucosidase)は、グリコシダーゼ(glycosidase)のうち、グルコースとのグリコシド結合を加水分解する酵素である。α-グルコシダーゼとβ-グルコシダーゼがある。
グリコシダーゼは、グルコースを含めた糖全般とのグリコシド結合を分解する酵素の総称であり、グルコシダーゼは、グルコースとのグリコシド結合を分解する酵素の個別名である。

2017/11/11(Sat) 19:49 | URL | ドクター江部 | 【編集

天才ドラマー

第16回 東京JAZZフェスティバル(9/1-3開催)
から
川口千里さん(20歳)世界的なドラマーに成長した、女子大生です。
youtube視聴できます。
NHKBSなので間もなく削除されると思います。
BSの録画をしてない方は是非どうぞ。

新菊芋で糖質制限的肉じゃが風

今日は菊芋料理です。
新菊芋で肉じゃが風です。

沸騰した湯の中に皮付きのままの菊芋を入れます。
約10分茹でて皮をむきます。
茹でて皮をむいた菊芋を鍋の底に敷き、


その上に仕込んでおいた牛の煮込みをかぶせ、5分ほど煮込み、火を止め冷まし味をしみこませます。

食べるときに温めて食べます。

ジャガイモよりおいしい。

作り方は過去の投稿を参考にしてください。

糖質制限的深夜食堂2の9話 肉じゃが

グルカゴン分泌に対するアミノ酸による刺激の重要性

グルカゴン分泌に対するアミノ酸による刺激の重要性

≪「グルカゴン分泌>インスリン分泌」のタイプで、
タンパク質摂取もあるていど、血糖値を上昇させるのだと思います。≫
について

ガイトン生理学 原著第11版 p1030から

アミノ酸はグルカゴンの分泌を刺激する。

これはアミノ酸がインスリン分泌を刺激するのと同じ作用である。
このように、この場合は、グルカゴンとインスリンの反応は逆ではない。

グルカゴン分泌に対するアミノ酸による刺激の重要性はグルカゴンがアミノ酸をグルコースに迅速に変換することで、組織に利用できるグルコースをより多くすることである。】

ここまでがガイトンの生理学です。

色文字によると、アミノ酸のグルカゴン刺激の目的は、(インスリン作用があったとしても、)組織に利用できるグルコース多くすること、
つまり血中グルコース濃度を上げるのが目的のように思えます。

私の仮説です。

狩猟採集(肉食)だった我々人類の祖先は、最低必要とするブドウ糖を確保するため、タンパク質を摂取した場合でも、バックアップシステム(バックアップ機能)としてグルカゴン分泌を直接刺激し、アミノ酸をグルコースに迅速に変換していたのではないでしょうか。

同時に、アミノ酸がインスリン分泌を直接刺激することによって、インスリンがグルカゴンに作用し、高血糖を防いでいるのだとしても、
当然ある程度の血中グルコース濃度の上昇があるのではないでしょうか。

追記

Re: グルカゴン分泌に対するアミノ酸による刺激の重要性

オスティナート さん

私も同感です。

「グルカゴン分泌>インスリン分泌」のタイプが、圧倒的に多いので
こちらが人類の主流と思います。

狩猟・採集時代のご先祖は、常に低血糖対策に余念がなかったのであって、
高血糖対策は、ほとんど必要なかったので、こうなったのだと思います。

アミノ酸摂取により、グルカゴンが分泌され、
肝臓や腎臓で<アミノ酸、乳酸、グリセロール>からブドウ糖が新生されて、
血糖値維持の一貫を担っていたのでしょう。

2017/11/04(Sat) 19:18 | URL | ドクター江部 | 【編集

菊芋とワタシとタワシその6

菊芋の成長記録、いよいよ収穫です
時期的には11月中旬から下旬収穫ですが。
長雨と、何度も訪れた台風の影響で、株も倒れ枝も枯れたので前倒しし、今日の収穫となりました。

根を起こしてみるまでは不安でした。

スコップで掘り起こしてみると意外とたくさんの菊芋が出てきました。

菊芋とワタシとタワシ、のタイトル通り今日もタワシできれいに泥を落としました。

素晴らしい出来です。
今後、菊芋料理を紹介していく予定です。
これからも菊芋の普及に努めますのでよろしくお願いします。

追記
早速茹でて(500g)食べてみました。
採りたての新菊芋、皮ごと茹でてもそのまんま食べられます。
また、薄皮が簡単に剥けました。
やはりシンプルに茹でて塩を振って食べるのが一番おいしいですね。

菊芋とワタシとタワシ
過去の投稿は、カテゴリー菊芋をご覧ください。
http://wp-ostinato.eek.jp/wp/category/%e8%8f%8a%e8%8a%8b/

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.