DIY ネームプレート(ハーブガーデン)

最近、初めて種蒔きして育てた苗や、購入した苗の名前がなかなか覚えられません。
そこで地植えしても、迷わないように、ハーブ苗のネームプレートを自作することになりました。
ネットで購入しようとも思いましたが、思ったサイズの商品がなく、あっても高額なので、自作することとなりました。

材料は、普段DIYで使う1×6材の余ったものと、同じくよく使うアルミ複合板です。
1×6材はそれぞれの材料を適当な長さに切りそろえ(300mm.450mmなど)防腐塗装をしておきます。

アルミ複合板は文字の大きさによって長さががちがうので、これも何種類かに切り分け準備しておきます。なお、幅は40mmに揃えました。

アルミ複合板を1×6材にビス止めするため、下穴を開けます。

ドリルビットにビスの頭の大きさに開けるもう一つのビットがついています。
これにより、ビスを締め付けたときに頭が隠れます。
もう一つの利点は、ビスのメッキがシルバーの為どうしても不自然です。
アルミ複合板には仕上までの保護用として 薄いシールが貼られています。
この部分がねじ山の大きさに削り取られることにより、ビスをねじ込み

ビスにさび止め用の黒のスプレーを 吹きかけた後きれいに剥がれます。



この後なかなか覚えられなかった「サルビア レウカンサ」

を書き入れて完成です。
間違えました、「レウカンサ」が正しいです。
なかなか覚えられません。書き直します。

今回はプロの看板やさんが使っている方法です。
参考にしていただけたら幸いです。
なお、看板屋さん、文字はカッティングシートを使う方が多いようです。

ビオラは1年草なのか

ビオラやパンジーなど、スミレは、はたして1年草なのでしょうか。
3年前の秋に種まきしたパンジーを、翌年の春に地植えしたことがあります。
驚いたことに根が生きており、そのパンジーは、去年も咲いたのです。
原因は、秋植えしなかったため、苗のダメージが少なく翌年も咲いたものと思います。

実験として、今年の春3月27日にビオラの種をまきました。
その後苗も順調に育ち4日前に、開花しました。

はたして、この苗(ビオラ)、夏を越し、来年まで生きることができるのでしょうか。

ビオラやパンジーはもともと多年草ですが、日本の夏を越すことができず、日本では1年草扱いなのだとか、これから観察してみます。
https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&target_c_diary_id=71088

私は植物男子ラベンダー2019

今年も、ラベンダーが満開です。
去年より4日遅れて開花したラベンダーですが、今年は一段と株も大きく、花もとても見事に咲いてくれました。
ラベンダー好きの私にとって、「一年で一番幸せな時」です。

フレンチ系のラベンダーです。
3年前に、約5mに6株植えましたが、全体がまとまり超大株となりました。

同じフレンチ系のラベンダーがもう一か所、玄関前に植えてあります。
同じく3年前に1株植えたものです。
現在1.5m幅に育ちました。

ラベンダーは他に11種類植えてあります。
それぞれ、開花時期も性質も違います。
イングリッシュ系のラベンダーはこれから咲きます。
ラベンダースティックや、ドライフラワーにはイングリッシュ系が向いているように思います。
2種ほどお気に入りのイングリッシュ系ラベンダーがありますので、又投稿します。

NHKで放送されていた「私は植物男子ベランダー」また放送される日を待っています。
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=14032

 

帯状疱疹

2019年5月17日の投稿で
「今日は、左足の違和感から、腰にわたってより強い痛みに変わりつつあるようです。
よって作業は全面中止です」の続きです。

前日16日の夜から左膝から腿に、小さな赤いイボができていましたが、17日の夜にはとても大きくなり、イボの痛みと足全体と腰の部分まで、痛みが広がり歩けなくなってしまいました。

夜もほとんど眠れないまま、翌18日、皮膚科に行きました。

病名「帯状疱疹」

ウイルス性の病気だそうで、子供のころ発症した「水ぼうそう」のウイルスが体内に潜伏していて、疲労などで免疫力が低下しているときに発症するそうです。

特徴は、強力に痛むことです。
イボだけではなく、体中が痛みます。

治療は、抗ウイルス薬と痛み止めの薬、薬による胃の荒れを防ぐための胃薬、そして塗り薬です。

発祥の主な原因です。
・60歳以上
・過度な疲労やストレス
・睡眠不足(不規則な生活)
今回は、すべて当てはまりました。

この病気は命にかかわるものではないそうですが、1週間の安静です。
完治には3週間ほどかかりそうです。
回復すれば10年ほど免疫力により発症しないようです。

予定していた、仕事がずいぶん溜まりました。
早く治して、肉体労働また頑張ります。

長期の飢餓では代謝が適応しタンパク質分解を最小限にする

>タンパク質を主たるエネルギー源として使われざるを得ないときは、
例えば「飢餓→絶食」が続いたときなどです。
体内の糖質、脂質をエネルギー源として使い果たした後は、
やむを得ず筋肉細胞のタンパク質を主たるエネルギー源として使いますが、これは死の一歩手前です。

過去の投稿をまとめてみました。
(ケトン体と脳のエネルギーそしてタンパク質)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3703.html#comment

〇ほとんどの動物では、生き残れるかどうかは素早く動けるかで決まり、それには大量の筋肉が必要になる。
そのため、筋肉の損失は最小限に抑えなければならない。

●飢餓1日目(飢餓初期)の筋肉の分解量 1日当たり75g

・肝臓が脂肪酸を効率よくケトン体に変換し、脳でこのケトン体が利用されることによって、グルコースの必要量が著しく減少する。

●飢餓数週間継続後の筋肉の分解量 1日当たり20g

生存可能な飢餓の期間は、主としてヒトのトリアシルグリセロール貯蔵量によって決まる。

貯蔵したトリアシルグリセロールが使い果たされた時にはどうなるのだろう。
残された唯一の燃料源はタンパク質である。
タンパク質の分解が加速し、心臓、肝臓、腎臓の機能が失われて否応なく死に至る。

ざおうハーブ

今日は、左足の違和感から、腰にわたってより強い痛みに変わりつつあるようです。
よって作業は全面中止です。

仙台地方の天候はとても清々しくよく晴れて、屋内でじっとしているにはもったいない。

そこで、何度か訪れているハーブの栽培農家「ざおうハーブ」にお伺いしました。

私の住む仙台市宮城野区から1時間30分から2時間ぐらいかかります。
https://www.zaoherb.com/

目的は、秋に寂しくなるハーブガーデンを演出してくれる、秋咲きハーブ「セージ」を購入するためです。

もう一つは「ざおうハーブ」でごちそうになるハーブティーや、日ごろ疑問に思う質問にも答えてくれることでしょう。
今日は冷たいハーブティーをごちそうになりました。

そして、チャイブの白い花の増やしかについてもアドバイスをいただきました。
私は、白い花の種を採取して増やそうと考えていましたが、
アドバイスは、白い花の株を1株ずつ植えるということでした。
いろいろと勉強になりました。
とても、家族的な雰囲気で迎えてくれる「ざおうハーブ」のお母さん、今日もありがとうございます。


ハーブの育苗温室です。



料金表、お安くなっています。


野菜の苗も販売しています。


「わいわい広場」こちらで会計します。

購入したハーブです。

左から「ブルーセージ」4株、そして「パイナップルセージ」5株


左から「メキシカンブッシュセージ」5株、「ラベンダーセージ」5株


そして、セージの他にグランドカバーとして、「斑入りオレガノ」5株も購入しました。

ついでに購入した固形肥料です。
1袋100円、3袋

自家播種の苗を、あるていど長期間育苗ポットで育てるため、肥料切れを防ぐためです。
早期栽培用ではありません。

追加で「ざおうハーブ」オリジナル培養土3袋 @300円

合計で4200円でした。

マキタ電動ハンマーを使った開墾その2

5/8の午後に開墾作業を開始した土地ですが、掘削と土砂の運び出し作業は、翌日ではむりで、5/10の午前まで、延べ16時間かかりました。

引き続き、土を篩い、もとに戻す作業の予定でしたが、左足に違和感を感じたため作業の中止となりました。

7/14あと2ケ月で65歳、ちょっと無理をしたようです。
じつは、土を篩う作業がどんな作業より、体力と持久力が必要なのです。
ここは無理をせず、回復まで、他の軽作業をしています。

スイスチャードとリーフレタスの地植え。


スイスチャード


リーフレタス

挿し芽用に水に差していた、ナスタチュームが発根したので、
育苗ポットへの植え替えです。

今日は、左足の違和感もいくらか回復してきました。
明日一日様子を見ようと思っています。

低糖質高カロリー冷製野菜スープ

糖質制限食によるカロリー不足を補う「低糖質・高カロリー、冷製野菜スープ」
《糖質6.4g・401kcol》の作り方をご紹介します。
(ラカントs液状・マヨネーズ・チャイブ・ふすまパンは、糖質量およびエネルギーに含めていません。)

〇用意する食材と調理器具
カゴメ野菜ジュース糖質オフ 200cc・21kcol、糖質3.3g
トマトホール缶詰(ミキサーでジュースにしておきます)100g・20kcol、
糖質3.1g日本食品標準成分表2015年版(七訂)
オリーブオイル 40g・360kcol
塩 1g
ラカントs液状 2g
計量カップ
ハンドミキサー

作り方
計量カップに食材を全部入れます。

ハンドミキサーで乳化させます。

今日はガスパチョ風に冷製スープにしてみました。
中央の白は自家製ガーリックマヨネーズそしてチャイブとピンクペッパーを添えました。

写真のスープは、今回作ったスープの1/2の分量(200.5kcol)となります。
小麦ふすまのガーリックラスクと食べると結構満足な一食となります。

私は昼夜の2食なのですが、朝仕事前に全量(401kcal)飲んで肉体労働(農作業)をしています。

マキタ電動ハンマーを使った開墾

仙台地方これから先1週間ぐらいは雨が降らないようなので、予定していた2011/3/11の震災(津波)以来一部放棄していた土地の、開墾作業を行うことになりました。

この土地は一昨年、一部開墾して畑として利用しています。
じつは、その時の作業が結構大変で、その後気になってはいたのですがそのままにしていました。

この土地の開墾がなぜ大変かと言いますと、地下30cmほどのところに、震災の瓦礫や石そしてゴミなどが混ざった状態になっているためです。
依頼した工事業者が重機を使い埋めてしまったのです。

よって、この土地を畑に戻すには、掘り返し、土を土篩いで篩い、石、瓦礫、ごみを取り除かなければなりません。

前回は人力で、鍬を使い20日ほどかけ開墾しました。

今回はずいぶん考えました、そして、マキタの電動ハンマーを使い開墾することにしました。

思った以上にパワフルで 、午後から4時間で全体の2/5ぐらい  掘り進めることができました。
前回の鍬を使った作業に比べ、10倍ぐらいのスピードです。
疲労度も比べ物にならないです。

その後、深型の一輪車で別の場所に土砂を運び、

土を篩い、最後に篩った土を戻して作業完了ということになります。

電動ハンマーによる掘削と、土砂運びは明日までに終わらせる予定ですが、大量の土砂を篩い、畑に戻すにはぎりぎり1週間かかりそうです。

一輪車で土砂を運ぶ途中に、開花したての花が、疲れを癒してくれます。

震災(津波)後、8年ぶりに咲いた「スズラン」

そして2年前から咲き、今年も咲いてくれた「カラー」
去年は3株でしたが、今年は4株咲いてくれました。

チャイブの白い花と、ワイルドストロベリーの黄色い花

去年の5月12日にも投稿しましたが、

チャイブの白い花


チャイブの白い花について、今年新たな発見がありました。

去年の投稿の後、白い花の株を掘り上げ、株分けして別の畑に植え替えました。
今年は、植え替えた畑にだけ、白い花が咲きだしました。
そして元の畑では、白い花は消えました。

植え替えた畑の白と紫の花の割合が、去年の約1/100からなんと約1/50ほどに増えてきました。

チャイブの白い花は、ネギの白い花とは違いとても繊細なんです。
是非、増やしてみたいと思います。

ネットで調べてみると、チャイブの白い花は、品種として存在するそうですが、今回のように7年かけて突然現れたのは、不思議に思えます。

同じく、ワイルドストロベリーでも、白い花が咲くはずが、

黄色い花が咲きだしたのです。

黄色い花が咲く品種は「ワイルドストロベリー」ではなく「ヘビいちご」だそうです。

しかし、8年間一度も「ヘビいちご」を植えたことはなく、「ワイルドストロベリー」はランナーで増えるので他の品種と交雑したとも思えず、とても不思議です。
黄色の花は、とても可憐なので、しばらく観察し、グランドカバーとして庭に増えたいと思っています。

私の仮説ですが、
この二つの例、進化とは逆の現象「先祖返り」ではないか。
過去の遺伝情報が、品種改良される前に戻って突然現れたのかな。

育苗温室の近況その3


リーフレタスとスイスチャード


リーフレタス


スイスチャード


挿し芽した6種のミント
発根したので育苗ポットに植え替えました。

今日でほぼ、種蒔き用のセルトレーから育苗ポットへの増え替えが終了しました。
また、後日続きを投稿します。


育苗温室の前に生垣として植えたローズマリー
ブルーの花が満開です。

 

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.