2019 ニンニクの収穫

梅雨の晴れ間の6/20に、ボランティアのお手伝いもいただき、ニンニクを収穫しました。

その後、茎をカットし根を切り落とし、6/26日に乾燥させたものです。

今年は5/18から帯状疱疹の治療のため、収穫前1か月の追肥や芽かき作業もできず、思ったような大きさのニンニク球にはなりませんでした。
しかし、ご近所の先輩農家のものよりは一回りも大きなニンニクとなり、一安心しているところです。

予定では、読者の方に無償配布のはずでしたが、種ニンニクとして残せるものが思ったより少なかったため、無償配布は、種摂り用のニンニクの選別が終わる、9月中旬となりそうです。

数は結構あるため、ある程度の量は確保できそうですので、もうすこしお待ちください。

今年、販売はしませんが、店頭用のネットに入れてみました。


中玉ですが、そこそこ商品となりそうな出来でした。

バーク堆肥

「草取り知らずの敷き詰め堆肥」という有機肥料が販売されています。
ネット通販では売り切れも多い人気商品です。

しかし、中身は、ただのバーク堆肥です。
その割には高額です。

・参考までに
〇タキイ種苗
草取り知らずの敷き詰め堆肥(20Ⅼ入り4袋)
https://shop.takii.co.jp/CGI/shop/search/detail.cgi?item_code=MDP021

バーク堆肥は、C/N(炭素/チッソ)比率が高く使い方を間違えると、チッソ飢餓を起こすことがある、注意して施肥しなければならない堆肥(土壌改良用)です。
そして、バーク堆肥は、本当は安く購入できる堆肥(土壌改良用)なのです。

・参考までに
〇カインズホーム
バーク堆肥(40Ⅼ)398円
http://www.cainz.com/shop/g/g4549509353676/

「河村 通夫」という dj (ラジオパーソナリティ)がyoutubeや出演するラジオで広めたようです。
つまり、「ぼろ儲け」というやつです。

そうは言いながらも、私もバーク堆肥を使って菜園を作ってみました。
通路(畝間)450mm・畝幅900mm・畝の長さ3600mm
約5坪の菜園です。
今年は、この場所でハーブ苗の試験栽培や、
マイクロトマト、ミニトマト、中玉トマトの栽培をする予定です。
帯状疱疹の痛みが続いているため、作業が遅れていますが、これから植え付けていく予定です。

雨の日でも、作業ができ、またこれからの草取り作業も軽減されそうです。

ただのバーク堆肥「草取り知らずの敷き詰め堆肥」ですが、もう少し安ければ使ってもいい、しかし高すぎる。
そして結論は、
知識不足の「家庭菜園愛好者」を騙すな、と言いたい気持ちです。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.