糖質と利用可能炭水化物その3

われわれ糖質制限をしているものにとって、とても重要な「糖質」です。
今回は、糖質の定義についてコメントいたします。

糖質とは

●生物学
岩波生物学辞典 第5版
p984 c
糖質【carbohydrate】⦅同⦆炭水化物。
Cm(H2O)nすなわち見かけ上炭酸と水からなるような組成をもつ化合物の総称。
多価アルコールのアルデヒド、ケトン誘導体、それらに近縁の誘導体や縮合体を含める。
糖は元来は天然の甘味成分を意味する。
糖質の基本は*単糖で、これらがグリコシド結合した化合物を、その糖残基の数により*オリゴ糖及び*多糖に分類する。
また、これらが蛋白質や脂質などと共有結合したものを*複合糖質と呼ぶ。
単糖やオリゴ糖の還元基にアルコール、フェノール、サポニン、色素などのアグリコンが結合した*配合体も天然に広く分布する。
糖質の生理機能としてエネルギーの貯蔵・運搬(*グリコゲン、*澱粉、グルコース、ショ糖など)、構造支持(*セルロース、*キチン、*ペプチドグリカン、*プロテオグリカンなど)に加え種々の細胞間相互作用や生物的認識の過程で糖質(複合糖質)が特異的なマーカーやシグナルとして重要な役割を果たしている。

●日本食品標準成分表
五訂増補日本食品標準成分表
食品成分研究調査会/編  医歯薬出版株式会社
p468
参考資料 食品成分研究調査会 編
参考資料1 「炭水化物」の成分内容
(1)五訂成分表における区分変更

五訂成分表・五訂増補成分表おいては、炭水化物内の成分区分である「食物繊維(水溶性、不溶性、総量)」のみを後段に記載し、四訂成分表の「糖質」区分を廃止した。

従前JAS規格の延長線上規定されていた糖質(炭水化物から繊維(粗繊維)を差し引いた成分区分)は行政上その根拠を失ったことになる。

※五訂以降、2010年版、七訂2015年版と「糖質」区分は廃止されたままです。
そして糖質(炭水化物から繊維(粗繊維)を差し引いた成分区分)は行政上その根拠を失ったままで、現在、七訂2015年版でも同じです。
上記参考資料では、続いて次のような記載があります。

JAS規格の立場から定める成分値は各食品あるいは食品群の品質や特性に照らして、それぞれ規定された方法で測定されるので、その間の統一性は必ずしも図られていない。
研究・教育あるいは関係技術面で当面「糖質」が二様あるいはそれ以上の意味合いで用いられることがあり得るので、混同のないように注意し、場合によっては断り書きも必要になろう。

注:例えば「ここで「糖質」とは、食品の栄養表示基準(平成15年厚生労働省告示第176号)に基づく糖質をいう」など。

※全文はこちらです。
資料jpg no.1
http://r-ostinato.sakura.ne.jp/na/wp-content/uploads/2019/09/1jpg.jpg
資料jpg no.2
http://r-ostinato.sakura.ne.jp/na/wp-content/uploads/2019/09/2jpg.jpg
資料jpg no.3
http://r-ostinato.sakura.ne.jp/na/wp-content/uploads/2019/09/3jpg.jpg
資料jpg no.4
http://r-ostinato.sakura.ne.jp/na/wp-content/uploads/2019/09/4jpg.jpg

注:四訂までは炭水化物を糖質と繊維に区分して表示していました。
五訂では炭水化物とは別区分で食物繊維の項目をもうけ、四訂成分表の「糖質」区分を廃止しました。
資料jpg no3では、四訂の「繊維」と五訂の「食物繊維」の違い(内容)も確認できます。

●「食品表示法」と「食品表示基準」
栄養成分表示及び栄養強調表示とは – 消費者庁https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/health_promotion/pdf/health_promotion_170901_0001.pdf

栄養成分の量及び熱量(基準別表第9)
〇炭水化物
当該食品の質量から、たんぱく質、脂質、灰分及び水分の量を控除して算定すること、この場合において、たんぱく質、脂質及び食物繊維にあっては、第1欄の区分に応じ、第3欄に掲げる方法により測定し、灰分及び水分の量にあっては、次に掲げる区分に応じ、次に定める方法により測定すること。
1 灰分 酢酸マグネシュウム添加灰化法、直接灰化法又は硫酸添加灰化法
2 水分 カールフィッシャー法、乾燥助剤放、減圧加熱乾燥法、常圧加熱乾燥法又はプラスチックフィルム法
〇糖質
当該食品の質量から、たんぱく質、脂質、食物繊維、灰分及び水分を控除し算定すること。
この場合において、たんぱく質、脂質及び食物繊維にあっては、第1欄の区分に応じ、第3欄に掲げる方法により測定し、灰分及び水分の量にあっては、炭水化物の項の第3欄の1及び2の方法により測定すること。
〇食物繊維
プロスキー法又は高速液体クロマトグラフ法

次回は「利用可能炭水化物」についてコメントさせていただきます。
(農作業(ニンニクの植え付けなど)の関係で2週間後を予定しています。)

低糖質ビール風味アルコール飲料の製造方法

ビールの糖質を考える場合、低糖質や糖質0のビール風味アルコール飲料の製造過程が参考になると思います。
なぜなら、≪炭水化物成分表の利用可能炭水化物(単糖当量)tr、それでは血糖値を上げた栄養素は「何」≫にいくらか迫れると考えたためです。
ビールメーカーが、開発した糖質off(低糖質や糖質0)の正体が解れば、少しは納得いただけるかと思います。

酒類を製造する場合、ワイン、日本酒、ビールなど酵母による発酵が必要です。
ビールの原料は炭水化物(穀類(でん粉)糖類、小糖類(オリゴ糖など))そして、酵母のエサは糖(糖質)です。
発酵の際に酵母が糖質をほぼ完全に資化し、残らないように、つまり残糖※ゼロにすれば糖質0が可能になります。
(※残糖とは:ビールができた後に、酵母. が食べきれずに残った糖分が、残糖です。)

こちらは、タイトル: 公開特許公報(A)_低糖質ビール風味アルコール飲料の製造方法 という、生命科学関連特許情報です。
https://biosciencedbc.jp/dbsearch/Patent/page/ipdl2_JPP_an_2011020702.html

上記のサイト大変わかりにくいと思いますので、私のサイトで、
http://r-ostinato.sakura.ne.jp/na/?p=349
改行、改段落、マーキングし、読みやすくしてみました。

グルカゴンとケトン体

私が糖尿病関連で一番興味があるのは、グルカゴンとインクㇾチン(GLP-1)
そして、ケトン体です。

医療関係者向けの本ですが、参考にしていただけたら幸いです。

●グルカゴンについて

実験医学 2015年4月号 Vol.33 No.6
グルカゴン革命 糖尿病の真の分子病態を追え!北村忠弘/企画
残念ながらamazon及び出版元 羊土社のすべて品切れの様です。
但し、出版元 羊土社のサイトからPDF版が購入できるようです。
https://www.yodosha.co.jp/yodobook/book/9784758101387/index.html
私はamazonで本を2年前に購入し、何度も読み返しています。

●ケトン体について

糖尿病 医師・医療スタッフのための プラクティス
知って得するケトン体の不思議-ケトン体:敵か,味方か?-医歯薬出版株式会社
https://www.ishiyaku.co.jp/magazines/practice/PracticeBookDetail.aspx?BC=003401
こちらの本大変難しいですが、素晴らしい内容です。
以前私のブログで、ほぼ全面無断転載し、著作権法違反で訴えられかねましたので、内容の紹介はできません。
(医歯薬出版の法務担当の方に改めてお詫び申し上げます。)

ローズマリーのスタンダード仕立て

2017/5/7にローズマリー16本を生垣として植えました。
最初は9cmポットの15cmほどの苗でした。
一緒に植えた、ナスタチュームやパンジーに隠れるほどでした。

2年後の2019/5/7のローズマリーです。


立派に育ちました。
背丈も80cmほどまで伸びました。
しかし、根元をご覧にいただくとお解りいただけると思いますが、
スタンダード仕立てではなく、根元2~3本の枝から大株に育っています。
この状態ですと、グランドカバーとして植えたビオラやパンジーが、風通しや日当たりが悪く、後に枯れてしまいました。
それと、上に伸びずに横に広がり隣同士が干渉しあい、うっとうしい生垣となってしまいました。

1ヶ月前に思い切って、すべて1本立ちにし、スタンダード仕立てに剪定しました。

別の種類ですが、最終的には根元を1本立に、こんな風に仕上げます。
これがスタンダード仕立てです。
もうすぐ1mです。これで1.8mぐらいまで育てたいと思っています。

風通しがよく、上にまっぐ伸び、隣との緩衝もなく生垣として立派に育っています。

今回剪定したこちらの株も、来年の夏ごろには立派に育っているだろうと思うと楽しみです。

風通しと日当たりがよくなった根元にナスタチュームを植えました。
ナスタチュームは、涼しくなると元気に育ちます。
サラダにして食べたいと思っています。

追記
明日は台風が通過します。
庭のセージも豪雨と強風により倒れてしまうかもしれません。
無事通過してほしいものです。

夕日を浴びたセージです。
チェリーセージとラベンダーセージ

ブルーセージ(サルビアアズレア)

糖質と利用可能炭水化物

〇日本食品標準成分表2015年版(七訂) 炭水化物成分表編
http://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/1365452.htm
・説明(PDF)によれば、
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/12/01/1365338_4-0101r8.pdf
【1 炭水化物成分表の目的及び性格
1)目的  略
2)性格
本成分表は、我が国において常用される重要な食品について、炭水化物のうち、ヒトの酵素により消化され、吸収され、代謝される利用可能炭水化物(注)、糖アルコール及び有機酸の標準的な成分値を収載している。以下略
(注)国際連合食糧農業機関(FAO)では、「available carbohydrate」を用いている。】(文部科学省のサイトより引用)

私には、「available carbohydrate」がそのまま訳され、「利用可能炭水化物」となったように思えます。

ちなみに、四訂日本食品標準成分表(1983年公開)を調べてみると、炭水化物の項目として糖質と繊維が分類され表示されています。
・四訂日本食品標準成分表の例(画像)
http://r-ostinato.sakura.ne.jp/na/wp-content/uploads/2019/09/fail2.jpg
糖質はnon-fibrousとあり、non-fibrous carbohydrateとなります。
non-fibrous carbohydrateで検索すると
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.milkproduction.com/Library/Scientific-articles/Nutrition/Non-fiber-carbohydrates/&prev=search
非繊維性炭水化物 (とうもろこしや大麦などの穀物は、牛の食餌中の澱粉の大部分を占めてる。)と、家畜の飼料を意味します。

私には、
●糖質=非繊維性炭水化物  non-fibrous carbohydrate よりも、
利用可能炭水化物 available carbohydrate の方が良いように思えます。

五訂日本食品標準成分表(1円)と日本食品標準成分表2010年版(198円)をAmazonで注文しましたので、四訂、五訂、2010年版と日本食品標準成分表の流れをつかんでから、
糖質と利用可能炭水化物について、後日また投稿させていただきます。

 

利用可能炭水化物

私が以前から参考にさせていただいているサイトです。
※(一財)日本食品分析センター
食品の熱量(エネルギー)について ~ エネルギー換算係数の話 ~
https://www.jfrl.or.jp/storage/file/news_no35.pdf
という資料がpdfで公開されています。2003の資料ですが参考になると思います。

7訂食品成分表2015(利用可能炭水化物(単糖当量))が公開される前の資料ですが,
江部先生のおっしゃる通り、≪糖質=利用可能炭水化物≫ですね。

表2 食品成分のエネルギー換算係数(栄養表示基準対応)
食品成分
〇タンパク質:4kcal/g
〇脂質:9kcol/g
〇炭水化物
●利用可能炭水化物:4kcal/g
●利用不能炭水化物
・難性消糖化質
第1群の難性消糖化質:3kcal/g
第2群の難性消糖化質:2kcal/g
第3群の難性消糖化質:0kcal/g
・食物繊維
発酵性食物繊維:2kcal/g
難発酵性食物繊維
第1群の食物繊維素材:2kcal/g
第2群の食物繊維素材:1kcal/g
第3群の食物繊維素材:0kcal/g
●アルコール:7kcal/g
●有機酸:3kcal/g

秋咲きセージと蝶

これから、秋咲きセージの季節です。
ガーデンには、13種類のセージが植えてあります。
今咲いているのは、チェリーセージ、ペインテッドセージ、ブルーセージ、ラベンダーセージ、メドーセージなどです。

仙台地方今日は一日、小雨が降っていましたが、ブルーセージ、ラベンダーセージ、メドーセージに大きめの蝶が何匹も訪れました。
撮影できましたので、ご紹介します。

ラベンダーセージにとまった蝶です。
30cmぐらいの距離からの撮影です。逃げずにじっとしていてくれました。
手前は、幼虫のようです。


こちらはメドーセージです。
羽を広げると10cmぐらいの蝶です。

秋咲きセージ、これからパイナップルセージ、メキシカンブッシュセージが咲き、カラフルになります。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.