ローズマリーのスタンダード仕立て

2017/5/7にローズマリー16本を生垣として植えました。
最初は9cmポットの15cmほどの苗でした。
一緒に植えた、ナスタチュームやパンジーに隠れるほどでした。

2年後の2019/5/7のローズマリーです。


立派に育ちました。
背丈も80cmほどまで伸びました。
しかし、根元をご覧にいただくとお解りいただけると思いますが、
スタンダード仕立てではなく、根元2~3本の枝から大株に育っています。
この状態ですと、グランドカバーとして植えたビオラやパンジーが、風通しや日当たりが悪く、後に枯れてしまいました。
それと、上に伸びずに横に広がり隣同士が干渉しあい、うっとうしい生垣となってしまいました。

1ヶ月前に思い切って、すべて1本立ちにし、スタンダード仕立てに剪定しました。

別の種類ですが、最終的には根元を1本立に、こんな風に仕上げます。
これがスタンダード仕立てです。
もうすぐ1mです。これで1.8mぐらいまで育てたいと思っています。

風通しがよく、上にまっぐ伸び、隣との緩衝もなく生垣として立派に育っています。

今回剪定したこちらの株も、来年の夏ごろには立派に育っているだろうと思うと楽しみです。

風通しと日当たりがよくなった根元にナスタチュームを植えました。
ナスタチュームは、涼しくなると元気に育ちます。
サラダにして食べたいと思っています。

追記
明日は台風が通過します。
庭のセージも豪雨と強風により倒れてしまうかもしれません。
無事通過してほしいものです。

夕日を浴びたセージです。
チェリーセージとラベンダーセージ

ブルーセージ(サルビアアズレア)

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.