麻生太郎氏の問題発言について

『麻生太郎副総理兼財務相は4月24日夜、都内で開かれた会合で「食いたいだけ食って、飲みたいだけ飲んで糖尿になって病院に入るやつの医療費を俺たちが払っているんだから、公平じゃない」と述べた。医療費の膨張が財政を圧迫していることを踏まえ、十分な健康管理を呼び掛けた発言とみられるが、一部の患者の反発を招きそうだ。麻生氏は「生まれつき弱いとかは別の話」と断った上で、「こいつが将来病気になったら医療費を払うのかと思うと、無性に腹が立つときがある」とも語った。』

糖質制限食を実践している糖尿人は、医療費がかかりません、薬代もかかりません。財政難のなか、医療費の削減に協力しています。ところが、毎日のように外食をし、帰りに飲み屋で一杯、〆にラーメンこれではメタボ、生活習慣病目前です。

麻生氏の発言が問題となっておりましたが、糖尿人である私は、麻生氏の意見に賛成です。前者と後者どちらに医療費が掛かるのでしょうか、好きなだけ飲み食い(炭水化物摂り放題)している後者のほうが現在又将来的に医療費が掛かるでしょう。

私糖尿人は年一回の人間ドック(もちろん全額自己負担)と自治体の基本健診、それと血糖値の自己測定器(インスリン注射患者以外保険の適用なし)で測定しています。      前者と後者に同じように医療費を支払うというのは、いかがなものかというのが麻生発言の真意であると思いたい。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.