ベーコンとほうれん草のキッシュその2

ベーコンとほうれん草のキッシュの仕上げです。

●材料
①具材
・ベーコン120g(市販の糖質0ベーコン)
・茹でたほうれん草120g糖質0.48g
・塩・胡椒少々
・四葉のとけるチーズ50g 糖質0.65g
②生地(ナパージュ)
・生クリーム125g  糖質3g
・全卵1個 糖質0.15g
・パルメザンチーズ8g   糖質0.15g
・胡椒少々
・塩少々(①のベーコンや溶けるチーズ・②のパルメザンチーズの塩分を考慮して調整してください)

●作り方
ベーコンと茹でたほうれん草に塩コショウをして、フライパンで炒める。(塩はベーコンの塩分を考えて控えめに)
IMG_2971

前回その1で作ったタルトに炒めたベーコンとほうれん草を入れ、その上に①の溶けるチーズを乗せる。
②の材料を全部合わせて(ナパージュ)タルトに流し込む。
IMG_2976

155℃に余熱しておいたオーブンで25分焼いて完成。
IMG_2989

完全に冷ましてからカットしてお召し上がりください。
冷たくてもおいしいですが、オーブンで温めると美味しいですよ。
エリスリトールを除くキッシュ一台の糖質15.60g
一人分1/8カットの糖質1.95g
IMG_3018

※塩は、ベーコン・溶けるチーズ・パルメザンチーズの塩分を考慮して控えめに入れてください。

同じ、練パイのタルトを使いチョコレートとアーモンドのタルト(焼き菓子)を作りました。
IMG_3010

IMG_3013
作り方は後日投稿します。お楽しみに。

ベーコンとほうれん草のキッシュその1

スターバックスコーヒーで注文を待っているときに、いつも目につくのがベーコンとほうれん草のキッシュです。

以前(糖尿病発症前)はよく作って、お客様にも食べていただいていた得意料理でしたが、パイの糖質が高いのでもう3年半作っていませんでした。

今日は、パン作り用に買ってある、低糖質(糖質81%オフ)オーツブランミックス粉で代用して、タルト用の練パイを仕込みタルトを作りました。

●ベーコンとほうれん草のキッシュその1では、タルトの作り方まで掲載します。
その2で、具材と生地(ナパージュ)を流して焼き、カットして完成までを掲載します。

○練パイ生地タルト4台分
材料
オーツブランミックス粉  330g   糖質44.22g
無縁バター                         200g   糖質0.4g
ラカンカッ                          6g
全卵                                         20g     糖質 0.06g
水                                      80g

○材料以外に用意するもの

タルト型
オーブンペーパー
タルトストーン
麺棒
フードプロセッサー(なければ指でつぶしながら混ぜる)

○作り方

材料を全部フードプロセッサーに入れ混ぜる。
ボウルに取り出し、混ざりきれないバターを指でつぶして混ぜる。
IMG_2947

ポリ袋に移し、袋の上から麺棒でたたきながら四角く成形する。IMG_2951

生地から1台分160gを取り出し、麺棒でタルト型より3~4cmほど大きめに丸く成形する。
IMG_2953

タルト型の底に丸く切ったオーブンペーパ―を敷き、成形したパイ生地を乗せる。IMG_2952

IMG_2954

タルト型のふちにパイ生地を折り込むように指で成形していく。
IMG_2955

成形が終わったら、ピンセットでタルトのふちに縄目模様の細工をする。
IMG_2956

タルトの中にオーブンペーパーを敷き、タルトストーンを入れる。
焼いているときに生地が膨らまない様にするための重しの役目。
IMG_2959

155℃に余熱したオーブンで20分から25分焼く。
IMG_2961

焼きあがりました。
オーブンから取出し、そのまま放置し、タルトストーンの余熱でタルトに熱を入れる。
その2(仕上げ)で具材と生地(ナパージュ)を流してもう一度焼くので、タルトのふちが焦げないようにするためです。
エリスリトールを除くタルト一台の糖質11.17g
IMG_2967

このまま一晩放置します。
このタルトの作り方は、クッキー生地で作る甘いお菓子フランの場合も同じです。
タルトに耳をつけて縄目の飾りをつける専門店の作り方です。
参考にしていただければ幸いです。

次回ベーコンとほうれん草のキッシュその2で仕上げです。
お楽しみに。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.