シェフとシュフ

シェフと言いますと

日本ではフランス料理などの料理人全般のことを言う場合がありますが 間違えた解釈となります。

「chef(シェフ)」とは、本来のフランス語で「組織の長」という意味があり、英語の「chief(チーフ)」に相当する言葉です。 最高責任者というような意味の単語なのです。

シェフというのは一般的には料理人の長を示す言葉ですが、料理人に限ったことではありません。

このシェフという言葉がフランス語であることと、洒落た外食産業のはしりがフランス料理であったこと、
それと、テレビの料理番組・グルメ番組などで、出演者やリポーターが厨房で働く料理人のことを皆シェフと呼び始めたのが、若い人たちの間で「シェフ=料理人」というように勘違いしてしまった原因と想われます。

あるテレビのグルメ番組でリポーターが、レストランの厨房で何人もの料理人が働いているのを見て、「すごい、シェフが沢山います」と言っていました。
シェフが沢山いては困ります。 テレビ局も何とかしてほしいものです。

料理人は「cuisinier(キュイジーヌやキュイジニエ)と呼びます。
料理長のことは、「シェフ(chef)」といって別の呼び方になります 。
そしてシェフ・ド・キュイジーヌ chef de cuisinier 料理人の長を示す言葉となります。

我々日本人は洋食屋さんなどで働く料理人を、コックさん、と呼ぶ方も多いのではないでしょうか

ここで気を付けて頂きたいことがあります。 料理人と言う意味の「kok(コック)」は蘭語ですが。

特に英語では、発音に気を付けないと大変なことになってしまいます。料理を作る人のことや、
料理を作ること全般を、英語で「クック(cook)」と言います。
日本語(ローマ字式)の発音コックでは、水道栓のことを指す「コック(cock)」になります。
そして俗語では、男性の性器をあらわす言葉になりますので、くれぐれも発音には注意したいものです。

 

シュフと言いますと

主婦(しゅふ housewife あるいは homemaker)とは、一般に家事・育児を主にする既婚(もしくは内縁)の女性をいう。
つまり台所を取り仕切る、家庭の料理長です。
家庭では、旦那さんも、お子さんもシュフ(料理長)に協力して美味しい料理を作ってくださいね。

 

シェフとシュフ如何でしたか、文字も発音も似ていますが、プロの味、家庭の味、どちらも美味しい料理を作る料理人でした。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.