大豆及び大豆食品の糖質

大豆及び大豆食品の糖質

糖質制限をすると、米や小麦で作られている主食が食べられません。
私の場合、主食の代用としてよく豆腐などの大豆食品を食べています。
でも、糖質が気になります。
今回は主な大豆及び大豆食品の糖質を掲載します。
文部科学省の食品成分データベースを参考にしました)

なお、大豆粉で作ったパスタやクッキー・パンなどは、製造者によって栄養成分が異なりますので、製造者のサイトでお調べください。

100g当たりの糖質と食物繊維

●国産大豆全粒・乾
・糖質 11.1g
・食物繊維 17.1g

●黒豆大豆全粒・乾(帯広市川西農協・光黒大豆)
・糖質 16.4g
・食物繊維 15.8g

●国産大豆全粒・ゆで
・糖質 2.7g
・食物繊維 7.0g

●木綿豆腐
・糖質 1.2g ( 1パック150gの糖質1.8g 1丁400gの糖質4.8g)
・食物繊維 0.4g

●絹ごし豆腐
・糖質 1.7g(1パック150gの糖質2.55g  1丁400gの糖質6.8g)
・食物繊維 0.3g

●油揚げ
・糖質 1.4g
・食物繊維1.1g

●納豆
・糖質 5.4g(1パック小40g糖質2.16g・中50g糖質2.7g・大110g糖質5.94g)
・食物繊維 6.7g

●おから
・糖質 2.3g
・食物繊維 11.5g

●豆乳
・糖質 2.9g
・食物繊維 0.2g

●調整豆乳
・糖質 4.5g
・食物繊維 0.3g

♢黒豆寒天

○材料:黒豆100g糖質16.4g
(茹でた豆の重さ215g)
・ラカンカット75g糖質75g
・寒天パウダー2.0g
ラカンカット:カロリー0で血糖値を上げないエリスリトールを主成分とする甘味料)

○作り方:
・黒豆を一晩水に浸しておく。
・適量の水とラカンカット75gを鍋に入れ豆が柔らかくなるまで煮る。
・豆が柔らかくなったら豆と煮汁を分ける。
・煮汁が200gぐらいになる様に、煮詰めるか、お湯を入れて調整する。
・容器に豆を敷く。
・煮汁200gを沸騰させ寒天パウダーを2g入れ解かす。
・寒天を解かした煮汁を、豆を入れた容器に注ぎ、冷蔵庫で冷やせば完成です。
・完成した黒豆寒天の重量417g

100g当たりのエリスリトールを除く糖質3.95g
一人分約80gの エリスリトールを除く糖質3.16g
IMG_2837
※甘みが足りない場合は、液体ラカントSをかけてお召し上がりください。

参考にさせて頂いたサイト

文部科学省食品成分データベース
http://fooddb.mext.go.jp/

 

糖質ゼロ たべる小魚

糖質制限のおやつや、酒のおつまみでもいい、かたくちいわしの干物を見つけました。
IMG_1993

材料はかたくちいわしのみ、塩やみりん酸化防止剤など一切使わずに作った干物のおつまみです。
img030

アーモンドや、クルミなどとブレンドして、小魚ミックスナッツも作れそうです。

今夜は、かたくちいわしの干物をつまみに、竹鶴を水割り(もちろん糖質ゼロ)で飲もう。
IMG_2017

 

低糖質な野菜ジュース

糖質制限食を実践していますと、主食の次に糖質の多い野菜を避けるようになり、 野菜の摂取量が少なめになってしまいます。

また、野菜ジュースなどは糖質が高いので飲むことができず、そのためマルチビタミンなどのサプリに頼っていました。

そこで忙しいときなどにすぐ飲める、低糖質な野菜ジュースがあればと思っていたところ、
本日、カゴメ株式会社から「カゴメ野菜ジュース糖質オフ」が全国で発売されました。
140724_4_001

さっそく近くのスーパーに行き、店頭にある「カゴメ野菜ジュース糖質オフ」を買って飲んでみました。

飲んだ感じは、低糖質な野菜100%ジュースなので甘味も野菜の甘味のみ、塩分もなし、特別美味しいとは言えませんが、これなら糖質制限の野菜不足が解消できると満足でした。

尚、肝心の糖質は200ccで3.3gとかなり低糖質です。
味のほうは、甘味や塩分などを自分で調整すれば大丈夫でしょう。
また一つ「糖質制限ok」食品が増えました。

これから毎日一本飲んでいく予定です。

カゴメ株式会社のサイト
http://www.kagome.co.jp/company/news/2014/07/001994.html

 

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.