豆腐の食品成分

豆腐製品(木綿豆腐・絹ごし豆腐・焼き豆腐等)は、それぞれ製造行程の違いや大豆の種類によって食品成分に違いがあるようです。
http://www.tofu-as.com/tofu/howto/03.html

焼き豆腐は、絹ごし豆腐と木綿豆腐に比べると水分が少なく、脂質とタンパク質が多い、その分糖質が低くなっています。
焼き豆腐用の木綿豆腐は、焼き豆腐用に水切りが少なくて済むように、作業工程で堅めに木綿豆腐造っているのではないでしょうか。
(木綿豆腐を焼き豆腐にするのではなく、焼き豆腐用の木綿豆腐を作っている)

成分表を見ても木綿豆腐と焼き豆腐では水分量が僅か2g違いです。
タンパク質は焼き豆腐の方が木綿豆腐より1.2g多く、その面からも製造工程(「水分量」と「タンパク質」と「にがり」が関係している)で煮崩れしないように加工しているのだと思いますがいかがでしょうか。

○日本食品標準成分表(7訂)より
https://fooddb.mext.go.jp/

●木綿豆腐(100g)
エネルギー 72kcal
水分 86.8g
タンパク質 6.6g
脂質 4.2g
糖質 1.2g
食物繊維 0.4g

●絹ごし豆腐(100g)
エネルギー 56kcal
水分 89.4g
タンパク質 4.9g
脂質 3.0g
糖質 1.7g
食物繊維 0.3g

●焼き豆腐(100g)
エネルギー 88kcal
水分 84.8g
タンパク質 7.8g
脂質 5.7g
糖質 0.5g
食物繊維 0.5g

○日本食品標準成分表2015年版(7訂)
第3章 資料 1 食品群留意点より
「焼き豆腐」は、通常、若干水切りした木綿豆腐に焼き目を付けたものである。成分値は、市販品の分析値及び四訂成分表成分値に基づき決定した。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/12/24/1365346_1-0304.pdf

追記

Re: Re:Re: 焼き豆腐と絹ごし豆腐・・

オスティナート さん

ありがとうございます。
なるほど、納得です。

2017/04/08(Sat) 21:55 | URL | ドクター江部 | 【編集

手巻きと手抜き

スーパー糖質制限食を始めて4年9ヶ月になりました。
石の上にも三年と言いますがもうすぐ5年になります。
ご飯はこれからも一生食べません。

最近飲食業界も少し変わってきました、
「定食のごはん抜き」サラダ等がつくそうです。
タンメンの麺抜き」麺の替わりにもやしや野菜が追加で入った野菜スープです。

糖質制限に理解のない医師や管理栄養士よりも、一般の頭の柔軟な人(頭の自由な人)が良く勉強しているようです。
インターネットの普及により「頭の不自由」医師管理栄養士の言っている嘘を簡単に見抜くことができるようになってきました。

「抜き」とか「見抜く」とか、何を言いたいのかと申しますと、
魚好きで寿司好きの私がよく食べてる手巻きずしのことです。

それは、ご飯抜きで作る、手抜き寿司です。

ご参考までに
『頭の自由な人』と『頭の〇自由な人』そして糖質制限食
http://wp-ostinato.eek.jp/wp/atamanofujituunahito/

 

アボガドとツナのチーズ焼き

昨日に続きアボガドを使った料理です。
アボガドとマグロとわさびそして醤油少量、最高の組み合わせです。

今日は、ちょっとアレンジしてチーズ焼きです。

材料:
アボガド
ツナ缶
わさび
マヨネーズ

コショウ
溶けるチーズ
各適量

アボガドをキュウブにカットしてからくりぬき、ツナ缶、マヨネーズ・わさび・塩・胡椒と和える。

くりぬいた皮に詰め、チーズをのせてオーブンで表面に焼き色がつくまで加熱する。

皿に盛り付け完成。

昨日のマグロの太巻きに続き、アボガド料理でした。
アボガドは糖質制限のおすすめ食品です。

黒豆の煮豆

お正月に食べる黒豆の煮豆、
今日のアクセスキーワードのトップが黒豆の糖質です。

大豆及び大豆食品の糖質

血糖値を上げにくい、黒豆の煮豆の作り方を投稿します。


鍋に黒豆200gと水500gをいれ一晩浸します。
ラカンカット150gを加え煮込みます。


最初沸騰させる。(蓋をして約7分・IH調理機を使いました。)
沸騰したら蓋をしてごく弱火(保温設定)で3~4時間煮込み完成です。
〈今回はビタークラフト使いました。できれば無水で調理できる鍋などを使うとうまく調理できます。〉


柔らかく、しわがなく、甘すぎない煮豆に仕上がりました。

甘味料として、血糖値を上昇させない糖アルコールエリスリトールを主成分とするラカンカットを使いました。
ラカンカットは同じく糖アルコールエリスリトールを主成分とするラカントsよりも煮豆に適しています(ラカントsはジャリジャリとした結晶が残る)。

簡単に作れますのでぜひお試しください。

煮豆100g摂取後の血糖値測定(翌日)
※空腹ではないので血糖値が少し高めです。
2017/01/02
11:6pm  133mg/dl

0:19am  106mg/dl

1:13am  125mg/dl

追記
60歳から始めた生化学(重症)、
そしてガーデニング、DIYと結構忙しいんです。
多くの熱中病を患っています。
そして、英会話(中学英語から始めました)が加わりました。
糖質制限食もできる限り記事にしていきます。

今年も「マメに」投稿します。

小麦ふすま・小麦ファイバー・こんにゃく粉の麺

今日は小麦ふすま・小麦ファイバー・こんにゃく粉の麺を作りました。

材料質量g糖質g/100g糖質量g
小麦ふすま(ユウテック)3010.23.06
小麦ファイバー(ookura)601.40.84
こんにゃく粉355.41.89
小麦グルテン(小川製粉)
12524.130.125
食塩400
16000
4148.6735.915
製麺後3728.6732.27
茹で上がり6205.2032.27
茹で上がり1人前1555.208.06


水を除く材料を全部合わせます。

PHILIPSのヌードルメーカーに合わせた粉を入れ、水を入れスタートします。


麺が出てきました。こんにゃく粉が入ると少し縮れます。
小麦ふすまですので日本そばのような色です。


沸騰した湯で約5分ゆでます。


茹で上がったら冷水でしっかり洗い料理に使います。
残った麺はポリ袋に入れ冷蔵庫で保管できます。また冷凍もできます。

またアップします。

インスリン分泌の仕組み

食事によって炭水化物が消化・吸収され、血中グルコース濃度が上昇する。
このグルコースが各組織へ運ばれてエネルギー源となるが、各組織へグルコースを運ぶホルモンはインスリンのみである。(グルコーストランスポーターを介する(glucosetranceporter・GLUT1~14))

GLUT2を介して膵β細胞内へ流入したグルコースはグルコキナーゼによってリン酸化され、G-6-Pとなり、その後、解糖系を経てピルビン酸となり、ピルビン酸はミトコンドリア内へ入り、TCA回路を経て、ATP(アデノシン三リン酸)が産生される。
その結果、ATP/ADP(アデノシン二リン酸)比が上昇し、このATPがATP感受性K+チャネルを閉鎖する。
通常、ATP感受性K+チャネルはATP/ADP比の上昇によって閉鎖される。

膵β細胞内は、-70mV程度マイナスとなっている。
プラスに荷電しているK+イオンが外へ流出する分、細胞内はマイナスの方へ傾く。
しかし、ある程度マイナスになると、K+イオンが引き寄せられて平衡状態に達する。この平衡状態の電位が-70mV程度となる。
ATP感受性K+チャネルが閉じて、プラスに荷電したK+イオンが外へ流出しなくなると、細胞内はプラスの方向へ傾く。これを脱分極という。
この脱分極は、グルコース濃度の上昇から数分以内に起こる。-30~-50mV程度まで脱分極すると、それに応じて電位依存性Ca2+チャネルが開き、スパイク電位を発生する。
電位依存性Ca2+チャネルからCa2+ イオンが細胞内へ流入する。
インスリン分泌にはCa2+ 流入が必須である。
Ca2+ イオンは、インスリン分泌顆粒を刺激してインスリン顆粒の開口放出を引き起こす。
分泌顆粒が開口放出する過程には、数種のタンパク質が関与する。

グルコース刺激以外でもインクレチンが細胞内のcAMP(サイクリックアデノシン一リン酸)濃度を上昇させ、PKA(protein kinase A)によって電位依存性Ca2+チャネルがリン酸化されてCa2+が細胞内へ流入してインスリン分泌を促すことが考えられる。
電位依存性Ca2+チャンネルがリン酸化されると、Ca2+チャネルは開きやすくなり、開いている時間も長い。インクレチンとしては、GLP-1 (glucagon-like peptide 1), GIP(gastric inhibitory polypeptide)などがあり、いずれもインスリン分泌を促進する。

※参考にしていただきたい図
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E5%88%86%E6%B3%8C%E5%9B%B3&biw=1600&bih=751&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwiXpYfP0vLQAhUEKpQKHUG9CvwQsAQIIA&dpr=1.2

参考にさせていただいたサイト
http://polaris.hoshi.ac.jp/openresearch/index.html

糖尿病になったことに感謝

糖質制限食を始めてもうすぐ4年半になります。
今日の記事は、3年前にレストランのhpのメニューdiabetesに記載したものです。
http://r-ostinato.com/db/

今でも考えは変わっていません。

当時は一部の人から、変わり者や、新興宗教並みの扱いも受けました。
最近は糖質制限に対しずいぶん理解も深まってきたように思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■糖尿病になったことに感謝

最近まで糖尿病は贅沢病(今でもそう思っている人が多い)などと呼ばれてきました。
恥ずかしことと思い隠している人もいたくらいです。

発病の原因は、
遺伝的素因と、(私の場合、父・母・祖父母が糖尿病でした,高血糖な血統(シャレ)です)
炭水化物の摂り過ぎにより膵臓のβ細胞が疲労し インスリンの分泌量が少なく(出にくく)なること、
また肥満・メタボ(代謝症候群)などによりインスリンの効きめが悪くなること、
自動車などの交通機関が発達し歩かなくなったことにより、運動量が減ったこと等が考えられます。

以上ににより贅沢病というよりむしろ、日本の主食であるお米をたくさん食べる人、うどん・そば・パスタなどの 炭水化物をたくさん食べる人の方が糖尿病発症率が高いようです。
けっして贅沢な高級和牛や、本マグロのトロを食べた訳ではないのです。むしろ、いくら食べても血糖値は上がりません。

私の場合、遺伝的素因と糖尿病発症の1年ほど前から炭水化物を多量に摂ったことが原因と思われます。
例えば、おにぎり2個にカップラーメン、これで糖質は100gを超えます。(2型糖尿病の場合食後血糖値は400mg/dlを超えるでしょう)
ところがステーキ200gを食べても糖質は1g弱です。(血糖値の変動はほとんどありません)
情報も知識もなく(最近やっと糖質制限食がNHKでも放送されましたが)気が付いた時には糖尿病が発症していました。

インスリンは血糖値を下げる大切なホルモンです。しかし機能性低血糖・肥満・アルツハイマー・癌などを発症させるホルモンでもあることが わかってきております。
ところが糖尿病患者は、体内インスリン値が本来低いのでこうしたインスリンの害も少ないのではないでしょうか。
糖質制限食を実践すれば血糖値が上がらないのでインスリンの追加分泌も最小限で済みます。
これらのことから、糖質制限食を続ける限り、糖尿人は健常人よりもインスリンの害を受けにくい恵まれた体質なのでは?
と思っています。

糖尿病になり、人類の健康食である糖質制限食に出会えた事に感謝します。

草取り

今年は雨が多くあっという間に雑草が生えます。

2週間前に根こそぎ草取りをしたはずなのにこの通りです。
img_5207右が昨日草取りしたところ。

正午からのpm5:30まで作業してやっと終了。
すっきりしました。
img_5212雨の影響でルッコラ、レタス、レッドアジアンマスタードなどわずか残して枯れました。
手前のチャイブは元気です。
右のグリーンベルトはローマンカモミールです。
雑草も生えましたがカモミールもしっかり育ち見事なグラウンドカバーになりました。

他の個所も同じ様に雑草が生えたので、
毎日作業しても6日はかかりそうです。

今日はたくさん働いたので、夜はちょっと贅沢な低糖質料理を作って食べます。
またアップします。

1コイン糖質制限ランチ

私は4年間ほとんど外食をしていません。
(友人がいないので、食事に誘をれることはめったにありません)
外食は法事や結婚式などで、年に3~5回ぐらいでしょうか。

今日も昼食を工夫して外で糖質制限食です。
まずローソンでブランパンと糖質0ハム(合計で200円税込み)を買います。
win_20160909_132653
次にイトーヨーカドーでつぶしておいしい卵のサラダ(199円税込み)を買い、食事のできるコーナーに行き食事します。
アイスコーヒーは90円でした。

まず、ブランパン2個を指で開き、ハムと卵のサラダを乗せます。
win_20160909_132806
win_20160909_132926
挟んで食べます。
win_20160909_133001
win_20160909_133103
合計489円でギリギリセーフかな。
糖質は約8gです。これもセーフです。
味も結構おいしく、トリプルセーフでした。

Wi-Fiも60分使えるのでネット(ブログ)の更新もできました。
(Surfaceでの撮影なので、いつもの(一眼レフ)画像と違います)

三角揚げの四角い納豆ピッツァ

目の前に納豆があるとどうしても作ってしまいたくなるもの。
それは、ピッツァ、そう納豆ピッツァです。

いつものように三角揚げを包丁で開き、その上に納豆にほんの少し醤油で塩味を入れたものをトッピングします。
IMG_5124
ここで、大葉を乗せます。大葉はチーズとの相性が抜群です。
IMG_5125
溶けるチーズをのせ焼きます。
IMG_5127
カットして、大量のタバスコを掛けて完成。
IMG_5128
しびれる味でした。
なお、作って食べたい方は、くれぐれも自己責任でお願いします。

半熟味付け卵の作り方

以前の投稿、ルッコラと味付け半熟卵のサラダでご紹介した半熟味付け卵の作り方をご紹介します。

○半熟卵を作る
湯沸かし器のお湯(40~42℃)に常温にした卵を入れ強火にかけます。
ゆで時間9分または沸騰してから4分茹でます。IMG_1441

湯沸かし器の流水にあてながら殻をむくと半熟卵でもむきやすくなります。
IMG_1436

茹であがった卵の断面
IMG_1437
○味付け卵を作る
合わせ醤油と出しを2:1にあわせ、ポリ袋に卵といっしょに入れ1日漬け込みます。IMG_1443ポリ袋に入れると漬け込む液の量が少なくて済みます。

以前ご紹介したサラダや、ラーメンのトッピングそして燻製(燻卵)いろいろな料理に使えまます。
また、ちょっと小腹のすいた時のおやつにもいいですね。

ラタトゥイユ

今日はラタトゥイユを作ります。

私は一鍋作って約10日間食べています。
ブランパンに挟んだり、肉類のソースにしたり、温めたり冷たくしたりいろいろ使えますよ。

材料
茄子 450g  糖質13.05g
しめじ 120g 糖質1,56g
ズッキーニ 250g 糖質3,75g
パプリカ 286g 糖質13,16g
ホールトマト缶 400g 糖質12,4g
穀物酢 50g 糖質12,4g
塩 10g 糖質0g
オリーブオイル 20g 糖質0g
キサンタンガム1g  糖質0g

作り方

密閉性の高い厚手の鍋を用意します。
今回はビタークラフトを使います。

まず鍋にトマトホール缶詰と酢・塩・オリーブオイルを入れます。

IMG_4921

次に野菜を小口切りにして全部入れます。

IMG_4922

蓋をしてIHコンロの強火で約8分加熱します。
沸騰して来たら全体を混ぜ、また蓋をして弱火にし約40分加熱します。

IMG_4925

最後にキサンタンガムを混ぜて完成です。
弱火で煮込みますので野菜の水分で水っぽくなりますが、キサンタンガムが軽くとろみをつけてくれ、全体がまとまります。

IMG_4928
IMG_4929

オーブンを使う方法もありますが野菜の水分が蒸発してしまい糖質が高くなります。
蓋をして水を一切使わず弱火で煮込むことによって、低糖質に仕上がります。
物足りなさを防ぐため、酢を入れます。
酢により味がしまり、また濃く感じ、そして食品が長持ちします。

総質量約1,587g(煮込み時間や蓋の密閉度によって変わります。)
総糖質量56.32g

三角揚げの四角いピッツァその2

昨日に続き三角揚げの四角いピッツァです。

今日はピッツァマルゲリータ風。
以前作って冷凍していたバジルソースを使います。
三角揚げを開き、薄くスライスしたトマト、冷凍したバジルソースをスライスしたもの、溶けるチーズをトッピングするIMG_4830
IMG_4831網に乗せオーブンで加熱する。

IMG_4832薄焼きのピッツァマルゲリータの焼き上がり

IMG_4835カットして、今日はタバスコを振って完成。

バジルソースの塩分とうま味が加わりほぼ満足いく出来でした。

 

 

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.