絶対わからないし、発見されない路地裏のレストラン

私のレストランは、道路から少し奥に入った所にあります。 したがって、通りを歩いている人からはまったく見えません。 もちろん看板も有りませんのでよけいに分かりません。

一般に飲食店を含め、営業する店舗は、通りに面した目立つ所に出店し、目立つ看板を掲げ、通りすがりのお客をいかに引き込むかというのが普通であり、商売の常識とされています。

したがって、私のレストランは普通ではなく、そして非常識なレストランなのです。

利点と言えば、厨房機器や食材業者、そして求人広告・ぐるナビ・雑誌への掲載依頼などの営業マンが来ないことです。
彼らは、相当目立たないところで営業していても、たいていは見つけて来ますので、私のレストランは、プロにも見つけることのできない、絶対わからないし、発見されないレストランなのです。

ただ、去年の暮例外がありました、それは、NHK受信料契約の営業の方です。
私は、NHK・BS等をよく見ますので快く契約させていただきました。
ついでに、その方も糖尿病とお聞きし、他人事とは思えず、何冊か江部先生の糖質制限食の本を差し上げ、糖質制限食を勧めました。
その方は、私よりもまだ若いのに、医師からかなり薬を盛られているようでした。
そしてメタボでした。
NHK受信料契約の営業と言えば、つらいお仕事だと思います、ストレスも溜まるのでしょう。ぜひ糖質制限食でメタボを解消し血糖値を改善し、薬から抜け出して欲しいものです。

ここで常識、非常識について考えてみます。

糖質制限食はどうでしょう。

世間一般、老若、男女、日本人はご飯や餅そしてうどんやそばを食べるのが、普通で常識です。

それを食べないという糖質制限食は普通ではなく、やはり非常識なのです。

糖質制限反対派には、普通ではなく、非常識、だという理由が根底にあるようにも思われます。

常識とは何でしょう。

それには幾つかあり、
一つは、宗教・道徳やマナー・教養そして法律など社会生活を営む上で最低必要なことなどについての常識です。一般常識や常識人などとして使われます。

もう一つは、今まで長く行われてきた習慣やただ社会的に無難(客観的に見て当たり前)だと思われていること、そのほか慣習的な様々な常識です。
ただ、社会によって常識は異なるため、ある社会の常識が他の社会の非常識となることも珍しくありません。
これは文化摩擦などとして表面化することもあります。 (日本のうどんやそばの汁や麺を啜る文化など)

ここで常識についてもっと考えてみましょう。

常識と良識

哲学者の三木清によりますと、常識の上位概念として良識(りょうしき)があるといいます。彼によれば【常識人が常識を無謬のものとして受容し、常識を盾にして非常識を断罪するのに対して、常識に疑問を持てる知恵が良識なのだ。】と言っています。

そしてアインシタイン博士は、【常識とは、18歳までにあなたの精神の底に沈殿した偏見の堆積にすぎない】
と言いました。

学者が使う言葉に定説と真実があります。 定説はすべて真実ではありませんし、真実は定説とされていないところに存在することもあります。

糖質制限食に戻ります。

糖質制限食の普及につれ、新聞や週刊誌にそれこそ常識を疑う常識人の書く、内容はどうでもいい最初から糖質制限反対を前提とした記事が目立つようになりました。
「良識」を持つ糖質制限実践者のみなさん頑張りましょう。
哲学者の三木清氏の言う「良識」が、つまり「常識に疑問を持つ知恵が」、常識を超えて真実にたどり着くのだと。
糖質制限に携わる江部康二先生をはじめ多くの「良識」ある医師・医療関係者のみなさんのご健闘を期待しています。

そして本題の、「絶対わからないし、発見されない路地裏のレストラン」 目立たないうえに、
地方都市では理解されない糖質制限食、なかなか営業的に難しいものがあります。
そこはオスティナート (頑固者)何とかなるでしょう。

参考にさせて頂いたサイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E8%AD%98

『頭の自由な人』と『頭の〇自由な人』そして糖質制限食

糖質制限推進派と反対派の違いはなんでしょう。

天動説、地動説にも例えられる大問題です。

「頭のいい人」「頭の悪い人」で分けることはできません。

アインシュタインなぜなら、一般に「頭のいい人」と思われている人たちは、名門大学を卒業し 医師、弁護士、大学教授、政治家や企業経営者等社会的地位の高い人たち、また、学者や芸術家です。

反対派の中には「頭のいい人」と思われる東大出身の医師も大学教授もいます。
また「日本人たるもの米を食わずして何を食う」というような精神論を持ち出し 反対する人もいます。
それに、自己流で糖質制限を実践し、失敗し、逆恨みしている人さえいます。

私は推進派ですが県立高校を追試で卒業した「頭の悪い人」です。
もちろん推進派には、糖質制限食の草分け的存在である江部康二医師・山田悟医師や夏井睦医師など 「頭のいい人」もたくさんいます。

そしてまた、他人に対し「頭がいい」特に「頭が悪い」等ということは、差別用語に近いものがあり、好ましい表現 とはいえません。

砂時計2そこで頭の悪い(自分で言う分には問題なし)私が考えました。

小さな声で言います

糖質制限推進派は『頭の自由な人』

糖質制限反対派は『頭の不自由な人』

差別用語を使わず解決!これですっきりしました。
なお、アインシュタイン博士は『頭の自由な人』です。

追記
『頭の不自由な人』の正しい意味はネットでお調べください。

加工食品や惣菜に多量の糖質が含まれているのはなぜ?

スーパー、コンビニなどで販売されている加工食品や惣菜の、ほとんどに多量の糖質が含まれているのはなぜでしょうか。
人間の味覚には、しょっぱい(塩味)甘い(甘味)酸っぱい(酸味)苦い(苦味)があります。(辛いは、痛みですので味覚には含めません)

いちご美味しいと感じるには、しょっぱいだけですと美味しくありませんが、甘じょっぱいと美味しく感じます、甘酸っぱい、ほろ苦い(ビタースイート)など、甘味と組み合わさるとおいしく感じるのです。
甘味は調味料ですと、砂糖、味醂、日本酒、蜂蜜など、食材ですと穀類、玉ねぎ、ジャガイモ、ニンジン、トウモロコシ等(特に根菜類に多い)です。

ジャンルでいえば、和食と中華は糖質が多く、イタリアンやフレンチは、パン・パスタ・ジャガイモを除くとそのまま糖質制限食です。
ところが、日本ではレストランの料理やレトルト食品を含め必要以上に糖質が含まれているようです。
なぜでしょう、それは、甘いとおいしく感じるので来店客が増える、商品が良く売れるからなのです。

これは、糖質中毒です、日本だけでなく世界的な現象だと思います。

特に和食は、うま味(日本独特の鰹だし、昆布だし等)を上手に使う日本料理店等は別として、要注意です。

各種どんぶり、日本のカレーライス(インドカレーには糖質が少ない)、和食として定着してきたラーメン、(ラーメンライスは最悪)

B級グルメと呼ばれる、俗に言う粉もの、お好み焼き・たこ焼き、うどん・そば(吸収は穏やかですが糖質は多い)これに天ぷらや天かすをのせたり、コロッケまでのせます。炊き込みご飯が付いたりもします。
これを食べれば糖質量は100gをはるかに超えるでしょう。(私も数年前、かき揚げうどんに海鮮はらこ飯という恐ろしいランチを出していたことがあります、深く反省しています)

しかし、どれもとても美味しいですね。
糖質制限を実践中の私糖尿人は、1年半食べておりません。
(たまに鱈腹食べた夢を見ることはありますが)

そこで糖質制限食では、うま味(日本独特の鰹だし、昆布だし等))香り(ニンニク・ハーブ・香辛料等)辛味(唐辛子)などを使い 素材本来の味を引き出すのです。減塩効果もあります。

私もオスティナートに来て下さるお客様と一緒に、美味しいくて、人類の健康食である糖質制限食を勉強していきたいと思っています。

麻生太郎氏の問題発言について

『麻生太郎副総理兼財務相は4月24日夜、都内で開かれた会合で「食いたいだけ食って、飲みたいだけ飲んで糖尿になって病院に入るやつの医療費を俺たちが払っているんだから、公平じゃない」と述べた。医療費の膨張が財政を圧迫していることを踏まえ、十分な健康管理を呼び掛けた発言とみられるが、一部の患者の反発を招きそうだ。麻生氏は「生まれつき弱いとかは別の話」と断った上で、「こいつが将来病気になったら医療費を払うのかと思うと、無性に腹が立つときがある」とも語った。』

糖質制限食を実践している糖尿人は、医療費がかかりません、薬代もかかりません。財政難のなか、医療費の削減に協力しています。ところが、毎日のように外食をし、帰りに飲み屋で一杯、〆にラーメンこれではメタボ、生活習慣病目前です。

麻生氏の発言が問題となっておりましたが、糖尿人である私は、麻生氏の意見に賛成です。前者と後者どちらに医療費が掛かるのでしょうか、好きなだけ飲み食い(炭水化物摂り放題)している後者のほうが現在又将来的に医療費が掛かるでしょう。

私糖尿人は年一回の人間ドック(もちろん全額自己負担)と自治体の基本健診、それと血糖値の自己測定器(インスリン注射患者以外保険の適用なし)で測定しています。      前者と後者に同じように医療費を支払うというのは、いかがなものかというのが麻生発言の真意であると思いたい。

糖質制限食を始めてみませんか!

私は、糖尿病になり糖質制限食に出会えたことに感謝しています。 もし以前のように、炭水化物中心の食事を続けていたならこの先大変な事になっていたでしょう。  糖質制限食は血糖値はもちろんのこと、コレステロール・中性脂肪などの数値が驚くほど改善します。またアンチエイジングでも注目を集めています。
現在59歳、身長170㎝、体重56Kgで高校生の頃の体重です。体が軽く、胸を張って歩いてもお腹はぺったんこです。

インスリン分泌不足(膵臓のβ細胞からのインスリン分泌量が少なくなること)とインスリン抵抗性(肥満などが原因してインスリンの効き目が悪くなること)を合わせてインスリン作用不足といいます。 インスリン作用不足になると血糖値のコントロールができなくなり糖尿病を発症します。

そこで糖質制限食を実践し、糖質を食べなければ血糖値は上がりません。 したがってインスリンの追加分泌が最小限で済みます。 インスリンは、血液中のブドウ糖を筋肉細胞や脂肪細胞に取り込みます、余ったブドウ糖はインスリンにより中性脂肪として貯えられ、これが肥満の原因となります。インスリンは、肥満ホルモンとも呼ばれています。 私は現在、糖質を食べると糖尿人、糖質を食べなければ健康な普通人です。

糖質制限食に対するいろいろな非難や反対、危険だという意見もありますが、内容をよく見ると糖質制限食を実践していない人がほとんどです。 また、実践したものの続かなかった方もいらっしゃいます。せめて2~3ヶ月実践し、前後の健診データ を比べてほしい(自ら体験してほしいと)と思います。

ただし、あくまでも食事療法ですので病院で簡単な健康診断を受けられることをお勧めいたします。なぜなら腎臓・膵臓・肝臓の障害また、現在糖尿病の治療中でインスリン注射又はSU剤を服用されている場合は糖質制限はできません。また健診を受けておくと実践前後の数値を比較することにより、糖質制限の効果を確認することもできます。何より励みになります。

糖質制限食に関する医学的又は栄養学的な問題は、糖質制限食に理解のある医師、または管理栄養士にご相談なさるか、書籍などをご覧いただくことをお勧めします。(自己流で行うと危険です) ご納得のうえあくまでも自己責任で実践されますようお願いいたします。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.