糖質制限食と脳の働き

私の個人的感想ですが、糖質制限食を実践して脳の働きが前より良くなってきたような気がします。   1年半もの間、糖質を断っていますが、お腹が空かない、低血糖にならない、 一番の驚きは食事の後眠くならない(脳がお休みしない)のです。

トマト私の脳にはブドウ糖を与えておりませんが、前より活性化しています。   現在は、ケトン体(βーヒドロキシ酪酸)をエネルギー源としているようです。

59歳にしてテンプレートを使わず、htmlとcssで初めてのホームページを作ることができました。   苦手としていた Excelも使えるようになり糖質量計算で活用しています。

すくなくとも私の人体実験の結果、糖質制限により脳の働きが悪くなることは無いようです。 むしろ脳の働きが悪くなるのは、炭水化物をたくさん食べ昼寝をし、   新しい事に何も挑戦しない(以前の私の)ことだと思いました。

美味しくお腹いっぱい食べよう

カロリー制限食では炭水化物が55%から60%です。これでは体を作るのに大事なたんぱく質は15~20%で脂質は20~25%です。 もちろん炭水化物はエネルギー源として必要ですが、血管内が高インスリン値となり、肥満などいろいろな問題をひき起こします。   (糖新生・ケトン体・脂肪酸等ブドウ糖に代わるエネルギーのメカニズムについては専門家の書いた書籍をご覧ください)

R_12rosso_480糖質制限食ではお肉もお魚も食べ過ぎなければ食べても構いません。   卵もマヨネーズもチーズも食べてもよいのです。   炭水化物である、ご飯、麺類、パンなどは食べられません。 ただし最近ではコンビニのローソンが1個の糖質量が3.4gのブランパンを販売しています。(私はいつも有るだけ買い占めます)

麺類は代用品ですが豆腐干糸(中華の食材で楽天の通販でお求めいただけます)がお勧めです。ラーメン・そうめん・パスタの代わりとして   食べています。ただ調理にはちょっとしたコツがあります、それはゆで時間です挑戦してみてください。

お酒は、蒸留酒と低糖質の赤ワインがお勧めです。ほかに糖質0の日本酒とビールも有ります。 ちなみに私が飲んでいる赤ワインは、糖質量が1000㏄当たり1.2g(残糖、0.12%)・ココファームの農民ロッソです。

糖質制限食はカロリーを気にせず美味しく、お腹いっぱい食べられます。

 

目標を持とう、たまにはご褒美を糖質制限食レストラン

何事もやり遂げるには目標を持つことが大事です。   最初はあまり大きな目標ではなく手の届きそうな小さな目標を立てましょう。 ただ糖質制限食を実践すると、予想以上の効果が出るので喜びもひとしおです。

目標は、血糖値(hba1c)・体重・hdl/ldl・血圧ぐらいでいいと思います。   (私の場合動脈硬化測定(cavi)で血管年齢が若返るというおまけがつきました)

a0940_000357糖質制限食は自炊が原則です。外食やスーパー・コンビニの食品、惣菜は糖質量が多く 糖質制限の効果は期待できません。 どうしても無理な場合はとりあえず主食だけを抜き代わりに豆腐を食べる、また緑の野菜サラダを多めに食べる、 こんにゃくを麺の代わりにする等私が実践した例です。

だんだん慣れてくると料理にもいろいろバリエーションが出てくると思います。   最近では、糖質制限食のレシピ本が多数販売されています、ご参考にされるといいでしょう (オスティナートにご来店されたお客様には簡単レシピ等をお教えしております)

そして1年もすると貴方は健康な普通人となっているでしょう。 そこでご褒美に仲間を誘い糖質制限食レストランでコース料理はいかがですか。   毎日外食もせず、市販の食品も、お惣菜も食べずに頑張ったご褒美です。   乾杯は低糖質な赤ワインはいかがでしょう、ボトル1本飲んでも糖質量1gほどですよ。

それでは1年後に、健康になった貴方のご来店をお待ちしております。

軽くなった体でスイスイ歩こう

糖質制限食を実践すると脂肪をエネルギーとして消費するのと、肥満ホルモンであるインスリンの追加分泌が少なくて済みブドウ糖を中性脂肪として貯えないため、あっというまに体重が減ります。私の場合1ヶ月で-5kg、1年で合計-8kgの減量となりました。 ただ、どこまでも減っていくのではなく自分の一番ベストな体重で止まるようです。私の場合56.5㎏で止まりました。 その後は食べても食べなくても変化はないようです。

目的は血糖値を正常に戻すことでしたが、何の苦労もなく体が軽くなりとても爽快です。 ためしに8㎏の荷物をリュックに入れて背負ってみました、毎日この荷物を背負って歩くとなると結構しんどいものだなというのが実感でした。 でも1年半前まで脂肪として体に身に着けて歩いていたのです。

体が軽くなると歩きたくなります。ダイエットのためのウォーキングではありません。歩きたくて歩くのです。   街中を歩くと同年代のサラリーマンに出会います、お腹がポッコリ、大量の脂肪を身に纏い完全武装です。   是非糖質制限食を勧めてメタボを解消させてあげたいと、つくづく思います

そして今日も、彼らをわき目に(優越感にひたりながら)軽くなった体でスイスイ歩いています。

糖尿病になったことに感謝しよう

最近まで糖尿病は贅沢病(今でもそう思っている人が多い)などと呼ばれてきました。
恥ずかしことと思い隠している人もいたくらいです。

発病の原因は、   遺伝的素因と、(私の場合、父・母・祖父母が糖尿病でした,高血糖な血統(シャレ)です)   炭水化物の摂り過ぎにより膵臓のβ細胞が疲労し  インスリンの分泌量が少なく(出にくく)なること、 また肥満・メタボ(代謝症候群)などによりインスリンの効きめが悪くなること、   自動車などの交通機関が発達し歩かなくなったことにより、運動量が減ったこと等が考えられます。

以上ににより贅沢病というよりむしろ、日本の主食であるお米をたくさん食べる人、うどん・そば・パスタなどの 炭水化物をたくさん食べる人の方が糖尿病発症率が高いようです。
けっして贅沢な高級和牛や、本マグロのトロを食べた訳ではないのです。むしろ、いくら食べても血糖値は上がりません。

f私の場合、遺伝的素因と糖尿病発症の1年ほど前から炭水化物を多量に摂ったことが原因と思われます。
例えば、おにぎり2個にカップラーメン、これで糖質は100gを超えます。(2型糖尿病の場合食後血糖値は400mg/dlを超えるでしょう)
ところがステーキ200gを食べても糖質は1g弱です。(血糖値の変動はほとんどありません)
情報も知識もなく(最近やっと糖質制限食がNHKでも放送されましたが)気が付いた時には糖尿病が発症していました。

インスリンは血糖値を下げる大切なホルモンです。
しかし機能性低血糖・肥満・アルツハイマー・癌などを発症させるホルモンでもあることが  わかってきております。
ところが糖尿病患者は、体内インスリン値が本来低いのでこうしたインスリンの害も少ないのではないでしょうか。
糖質制限食を実践すれば血糖値が上がらないのでインスリンの追加分泌も最小限で済みます。
これらのことから、糖質制限食を続ける限り、糖尿人は健常人よりもインスリンの害を受けにくい恵まれた体質なのでは? と思っています。

糖尿病になり、人類の健康食である糖質制限食に出会えた事に感謝します。

低糖質な食材・食品を探そう

糖質の少ない食材を探すには、食品成分表や糖質制限食用のハンドブック等を手元に準備されることをお勧めします。   自分で食べて甘くないと思っても以外に糖質が多い食材、反対に少ない食材もあります。   自分の感に頼らず、書籍またはインターネットで調べ、最初は大雑把で構いませんので把握しておくことが大事です。

なお、スーパーなどで販売されている惣菜の殆どは多量の糖質が含まれています、   特に根菜類の煮物は高糖質ですご注意を。

仲間を作ろう

炭水化物を摂らない生活を続けるには、自分一人だけでは難しいと思います。 家族の理解や、協力はもちろんのこと 糖質制限食を実践している仲間を作ることが大事です

また、ホームページや、ブログ、フェイスブック等で広く情報を発信していくことも大切ですそれにより自分も情報を得ることができます。

私の場合、理解し協力してくれた姉に感謝しています。 また、インターネットによりたくさんの情報を得ることができました。 そして今、自分も情報を発信しています。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.