低糖質万能合わせ醤油

和食で醤油を使う場合、味醂が必要になります。
味醂と醤油を合わせることで醤油の角が取れた美味しい合わせ醤油ができます。
しかし、みりんは高糖質なので糖質制限NG食品です。
そこで味醂の代用品を作り合わせ醤油にしました。

万能ですので是非作ってお試しください。

材料
醤油500g
ラカンカット115g
水385g

作り方

鍋に水とラカンカットを入れる。
IMG_3168

ラカンカットが溶けるまで加熱する。
IMG_3172

水とラカンカットを合わせたもの500gと醤油500gを合わせる。
IMG_3170

ペットボトルに入れて完成です。
IMG_3174
右が合わせ醤油、。
左が水にラカンカットを溶かしたものです。 これを多めに作っておくと、みりん代わりに甘みの補充ができます。

以前は、糖質0の日本酒を使って味醂の代用を作っていたのですが、現在アルコール依存症のため断酒しています。
再飲酒防止のため身の回りからアルコールを排除しました。

ただ今断酒継続46日目です。
これからも油断せず断酒していきます。
≪油を断たず酒を断つ≫

自家製味醂風調味料

和食など、醤油を使う料理には、味醂や砂糖など甘味のある調味料が必要になります。
でも糖質制限実践中は使うことができません。
そこで糖質0の日本酒とラカントsを使い、自家製味醂風調味料を作っておくと便利です。

自家製味醂風調味料の方
鍋に糖質0の日本酒500gとラカントs150g~200gを入れ弱火で溶かせば完成です。(ラカントの量は好みで調整してください)
醤油などと合わせて直接かける場合は、煮きってアルコールを飛ばしてください。

自家製味醂風調味料と醤油を使い、自家製合わせ醤油を作っておきましょう。
丼の割り下や煮物また、直接おひたしや、刺身などにかけて使うこともできます。
直接使う場合、醤油の量が半分に減りますので減塩そして糖質制限になります。(醤油100gの糖質10.1g)

自家製合わせ醤油の作り方
自家製味醂風調味料と醤油を1:1に合わせるだけです。

料理を作ろう 糖質制限食に掲載中の料理レシピでも自家製味醂風調味料や自家製合わせ醤油を使っています。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.