DIY ネームプレート(ハーブガーデン)

最近、初めて種蒔きして育てた苗や、購入した苗の名前がなかなか覚えられません。
そこで地植えしても、迷わないように、ハーブ苗のネームプレートを自作することになりました。
ネットで購入しようとも思いましたが、思ったサイズの商品がなく、あっても高額なので、自作することとなりました。

材料は、普段DIYで使う1×6材の余ったものと、同じくよく使うアルミ複合板です。
1×6材はそれぞれの材料を適当な長さに切りそろえ(300mm.450mmなど)防腐塗装をしておきます。

アルミ複合板は文字の大きさによって長さががちがうので、これも何種類かに切り分け準備しておきます。なお、幅は40mmに揃えました。

アルミ複合板を1×6材にビス止めするため、下穴を開けます。

ドリルビットにビスの頭の大きさに開けるもう一つのビットがついています。
これにより、ビスを締め付けたときに頭が隠れます。
もう一つの利点は、ビスのメッキがシルバーの為どうしても不自然です。
アルミ複合板には仕上までの保護用として 薄いシールが貼られています。
この部分がねじ山の大きさに削り取られることにより、ビスをねじ込み

ビスにさび止め用の黒のスプレーを 吹きかけた後きれいに剥がれます。



この後なかなか覚えられなかった「サルビア レウカンサ」

を書き入れて完成です。
間違えました、「レウカンサ」が正しいです。
なかなか覚えられません。書き直します。

今回はプロの看板やさんが使っている方法です。
参考にしていただけたら幸いです。
なお、看板屋さん、文字はカッティングシートを使う方が多いようです。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.