軽くなった体でスイスイ歩こう

糖質制限食を実践すると脂肪をエネルギーとして消費するのと、肥満ホルモンであるインスリンの追加分泌が少なくて済みブドウ糖を中性脂肪として貯えないため、あっというまに体重が減ります。私の場合1ヶ月で-5kg、1年で合計-8kgの減量となりました。 ただ、どこまでも減っていくのではなく自分の一番ベストな体重で止まるようです。私の場合56.5㎏で止まりました。 その後は食べても食べなくても変化はないようです。

目的は血糖値を正常に戻すことでしたが、何の苦労もなく体が軽くなりとても爽快です。 ためしに8㎏の荷物をリュックに入れて背負ってみました、毎日この荷物を背負って歩くとなると結構しんどいものだなというのが実感でした。 でも1年半前まで脂肪として体に身に着けて歩いていたのです。

体が軽くなると歩きたくなります。ダイエットのためのウォーキングではありません。歩きたくて歩くのです。   街中を歩くと同年代のサラリーマンに出会います、お腹がポッコリ、大量の脂肪を身に纏い完全武装です。   是非糖質制限食を勧めてメタボを解消させてあげたいと、つくづく思います

そして今日も、彼らをわき目に(優越感にひたりながら)軽くなった体でスイスイ歩いています。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.