熱中症と熱中病

今日は私の住む仙台地方も結構暑かったです。
そこで熱中について考えてみました。

熱中症とは、
猛暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称である。
本質的には、脱水による体温上昇と、体温上昇に伴う臓器血流低下と多臓器不全て、表面的な症状として主なものは、めまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気、気分が悪くなる、体温の異常な上昇、異常な発汗(または汗が出なくなる)などがある。
また、熱中症が原因で死亡する事もある。(ウィキペディアより)

私が考える熱中病とは
熱中とは、物事に心を集中することや、夢中になってすること。
熱中病とは、これが病的になること、またそれによっておこる状態の総称。
つまり体の病気ではなく脳(心)の病気。
また、熱中病が原因で、経済的破たんに陥ることもある。

熱中病(私の場合)
何事も完璧にやらないと気が済まない。
でも、普段は何もしない。
しかし、いったん始めると、止まらなくなる。

 ・・・・・・・・・・・・

今日は炎天下の中、熱中症の危険を伴う草取り熱中病(1週間前まではdiy熱中病)でした。

○これまで私が患った主な熱中病
・音楽
・法律
・料理
・糖質制限
・diy
・ガーデニング

 

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.