糖質制限とスイーツそして依存症

糖質制限と言えば炭水化物はもちろんですが、なかでも甘いお菓子、 スイーツ が食べられないと思うのが、特に女性の場合一番だと思います。
ところが、人工甘味料(糖アルコールや合成甘味料)を使うことで、主食であるご飯や、パン、パスタ、うどんなどとは違い、味と甘味をほとんど変えずに低糖質スイーツを作ることができるのです。

お菓子の材料である生クリームやクリームチーズ・バター等の乳製品そして卵やゼラチンなどすべて低糖質な食材です。

小麦粉の代わりに、アーモンドパウダー、大豆粉、小麦ふすま粉、おから粉なども使うことができます。

パンと違いイーストの発酵も必要ないので、ほとんど無添加で作ることができます。カカオマスを使えば低糖質のチョコレート菓子も可能です。

しかし問題なのは、せっかく糖質制限により甘いものから遠ざかっていたのに、低糖質だという事で食べてしまえば、以前のように習慣化して甘いものが欲しくなるのではないかという事です。

すなわち依存症とは、糖質中毒であり、また甘いもの中毒でもあるのです。

やはり、低糖質なお菓子といえども習慣化させないような注意が必要だと感じています。最近では合成甘味料の問題点も指摘されています。
(糖アルコールであるエリスリトールは安全です)

お菓子だけではなく料理も、基本的に塩コショウだけで味付けする「シンプル」そして「素材を味わう」、料理の原点に帰るべきでしょう。
(料理にも味付けやソースにより依存性があります)

最近読んだ本の中に「ヒトはなぜ太るのか?  」    ゲーリー・トーベス (著),  があります。一部紹介します。

[控えめにするか、完全にやめるか? 230p後半
それは食事中にある程度の炭水化物を許容することは、人によっては元喫煙者に数本のたばこを許可するするとか、アルコール依存者から立ち直った患者に時々酒を飲ませるのと同じ事かもしれない。
それに対応できる人もいるかもしれないし、滑りやすい坂道と感じる人もいるかもしれない。特別な機会に時々食べるデザートが、週一回の贅沢になり、週二回になり、最後には毎晩になり、そして突然、、減量のための炭水化物の制限が失敗したと決めてしまう。
それを続けることができず、体重が元に戻ってしまったためである。]

内容は糖質制限中に炭水化物を食べてしまったことについて書かれていますが、低糖質なお菓子を食べた場合も、味も甘味も同じであれば、生理的に血糖値を上昇させなくても、脳には甘く美味しいものを食べた記憶が残るでしょう。そして糖質中毒また甘いもの中毒が復活するかもしれません。

関連した本を紹介します。

せたければ脂肪をたくさんとりなさい ダイエットにまつわる20の落とし穴ジョン・ブリファ (著), 江部康二 (監修), 夏井 睦 (監修)

[落とし穴15◎間食してもかまわない
人工甘味料  171p
もっと自然な甘味料はどうなのでしょう? ステビアやキシリトールのように、アスパルテームやスクラロースなどの人工甘味料よりヘルシーだと宣伝されている甘味料もあります。
確かに安全性は高いかもしれませんが、私が問題としているのは、その甘さです
そこが肝心なのは当然ですが、ここで問題なのは、人工甘味料を摂取することで、中毒になりやすい甘い味に慣れてしまうことなのです。
長期的には、甘さへの執着を避ける方が賢明だと、私は考えています。]

今回の掲載と同じく低糖質でも習慣 になってしまう危険性が指摘されていました。

糖質制限食レストランとしては難しい課題がいっぱいですが、初心に帰り、やり直そうと最近想っています。

追記

オスティナート さん

コメントありがとうございます。

『ヒトはなぜ太るのか? そして,どうすればいいか』
ゲーリー・トーベス著 太田喜義訳 Medical Tribune
2013年4月28日発行 A5判上製288ページ 2,800円+税

こちらは出版社に頼まれて、私が書評を書いています。

『やせたければ脂肪をたくさんとりなさい』
ダイエットにまつわる20の落とし穴   朝日新聞出版
ジョン・ブリファ (著), 江部康二 (監修), 夏井 睦 (監修), 大田直子 (翻訳)
2014年8月7日発売

こちらは
夏井睦先生と私の共同監修で、英国の本の翻訳です。

2つともいい本ですね。

2015/10/22(Thu) 18:15 | URL | ドクター江部 | 【編集

 

 

美味しさと糖質について

今日は味の仕組みについてお話しします。
以前のブログで味の仕組みをお話ししたことがありますが、ここでもう一度 おさらいをします。

人間の味覚は、塩味・酸味・苦味・甘味の4味です。
そして最近では、旨味を入れることも多くなりました。その場合5味です。
辛味は痛みや刺激ですので味覚には入れておりません。
その他香辛料やハーブ・ニンニク・ゴマなど様々な香りがあります。
辛味や香りも4味との組み合わせて、味を決めるのに大事な働きをします。

美味しさと糖質について、今回は、和食について考えていきたいと思います。

和食は主に醤油を使いますので、ここでは醤油ベースに絞ります。

調味料割合2(転載不可)
以上、鳥瞰図的に味付けを整理してみました。ただ、あくまでも基本です。
各料理により細かな調整が必要となりますので、自分の味になるよう工夫してしてみてください。

以上の分量ですと味醂の糖質が気になりますが、後半に代用品として自家製味醂風調味料を紹介してありますので参考にしてください。砂糖が入りますと高糖質になります。

またとろみに片栗粉を使いますと高糖質になります。代用品としては
増粘性多糖類があります。(キサンタンガム・サイリュウムなどの食物繊維)

また上記の分量ではなく、佃煮など醤油と大量の砂糖で味付けする場合もあります。 この場合かなり高糖質になります。

鰹節や、昆布などから取った美味しい出しがあれば、薄味でも出しの旨味により満足できますが、 顆粒状の市販の出しなどを使うと、どうしても濃い味付けになるようです。よって甘みも強くなり 高糖質になります。

またお総菜や、弁当などは、予算や、人件費が限られているのと、職人ではなくパート・アルバイトが殆どですので、 出しの味をうまく引き出すのは難しいものと思われます。

それと、甘みが入ると美味しく感じるので、手っ取り早く美味しく仕上げるには、 どうしても糖質が高くなるものと思われます。

上記一覧でお解かりのように、和食で糖質制限食を実践していくには味醂の代用品が必要になります。
まだ商品として販売されていないようなので自分で作らなければなりません。

そこで私が作り置きしている、味醂風調味料の作り方をお教えします。

糖質0の日本酒500ccにラカントS(150~200g)を一緒に鍋にいれて弱火で溶かします。 これだけです。
甘く、日本酒の旨味もある調味料ができました。なお、好みがありますので、ラカントの分量は自分で調整してください

醤油と出来上がった味醂風調味料を、1:1に合わせ、オリジナルの合わせ調味料を作っておくと 便利です。
甘味は糖アルコールであるエリスリトールなので、血糖値を上げる糖質は醤油の糖質のみとなり、 又醤油をそのまま使うより、塩分も半分となります。(直接かける場合は煮きってください)

和食の基本である醤油1:味醂1:出しⅩ の割合も簡単に作れて便利です。
ぜひお試しください。

ま と め

今回は和食の基本的な仕組みを、お話ししましたが、お分かりのように、フランス料理や、イタリア料理とは違い、醤油を使いますので、必ず甘味が必要となります。

関東以北でいう、甘じょっぱい、と美味しく感じるのです。また甘酢なども、甘酸っぱいと美味しく感じます。

和食には甘みが付き物です。エリスリトール(糖アルコール)をうまく使って甘みを克服していただきたいと思います。

そして何よりも、薄味にすることを心掛けなければなりません。ただし病院の食事にならぬよう、出しの旨味や、 香り、辛味、酸味、香辛料をうまく使い、素材の味を引き出す美味しい料理を作って頂きたいと思います。

最後に

どんなに低糖質な食材を使い調理しても、味付け次第で、高糖質な料理になります。

味付けにはくれぐれも気を付けましょう。

追記
今回の投稿は2014/2に投稿した内容を編集(一部修正)したものです。

糖質制限食と摂取エネルギーそして糖質量

糖質制限食を続けていく場合、具体的にどのくらいのエネルギー量(カロリー)と炭水化物を(糖質+食物繊維)摂ればいいのかを考えてみたいと思います。

摂取エネルギーについては、糖尿病患者を前提とした日本糖尿病学会の考え方と、基礎代謝量に基づく厚生労働省の日本人の食事摂取基準では違いがあります。
今回は糖尿病患者を前提とした日本糖尿病学会の考えで検討していきます。

一日の炭水化物の摂取量については日本糖尿病学会の「炭水化物は指示エネルギー量の50%以上60%を超えない範囲」と、糖質制限食の考え方「一日の糖質の摂取量は130g以下とする」とこちらも比較しながら検討していきます。
まず摂取エネルギーについてです。


食事療法 – 日本糖尿病学会

④摂取エネルギーの決定
●血糖値、血圧、血清脂質値、身長、体重、年齢、合併症の有無、エネルギー消費(身体活動)量や従来の食事摂取量などを考慮して、医師が摂取エネルギー量を決定する。肥満者や高齢者では低い方に設定するなど、症例ごとの病態も考慮する。


摂取エネルギー算定の目安

摂取エネルギー量=標準体重×身体活動量

標準体重=[身長(m)]²×22

身体活動量(kcol/kg標準体重)
=25~30   軽い労働(デスクワークが多い職業など)
30~35   普通の労働(立ち仕事が多い仕事など)
35~    重い労働(力仕事が多い仕事など)

⑤三大栄養素の配分

●炭水化物は指示エネルギー量の50%以上60%を超えない範囲とし、たんぱく質は標準体重1kgあたり1.0~1.2g、残りを脂質で摂取する。
●飽和脂肪酸と多価脂肪酸は、それぞれ、摂取エネルギー量の7%、10%以内におさめる。

 

一日の摂取カロリーを計算します

上の計算式にあてはめて計算していきます。
身長170cmで普通の労働(30kcol/g)の場合

標準体重は
1.7×1.7×22=63.58kgとなります

摂取エネルギーは
63.58×30=1,907.4kcolとなります

50%以上60%を超えない範囲とありますのでここでは60%とします。

1,907.4×0.6=1,144.44kcol

一日の炭水化物の摂取カロリーは1,144.44kcolとなりました

あくまでも炭水化物のカロリーなので正しい糖質量の計算はできませんが、仮に100%糖質だとすると、糖質は1gあたり4kcolの熱量をもっていますので
1,144.44kcolを4で割ります。

1,144.44kcol÷4=286.11

一日の糖質摂取量は286.11gとなりました。

一日三食として平均一食あたりの糖質量は95.37g

 

●日本糖尿病学会推奨の食事療法

Ⅱ型糖尿病患者(体重64kgの場合糖質1gで血糖値が約3mg/dl上がります)インスリン及び薬の服用なしで空腹時血糖値が110mg/dlの場合
食後血糖値は
110+95.37×3=396.11mg/dlと予想されます。

 

●糖質制限食

糖質制限食の考え方「一日の糖質の摂取量は130g以下とする」

○一食あたり糖質40gの食事をした場合
Ⅱ型糖尿病患者(体重64kgの場合糖質1gで血糖値が約3mg/dlあがります)インスリン及び薬の服用なしで空腹時血糖値が110mg/dlの場合食後血糖値は
110+40×3=230mg/dlと予想されます。

○江部康二医師が推奨するスーパー糖質制限食の場合一食20g以下ですので
食後血糖値は
110+20×3=170mg/dlと予想されます。

 

○糖質制限食の場合、一日の総カロリー1,907.4kcolに対する糖質のエネルギー割合

糖質130gの場合27.26%

糖質60gの場合12.58%

 

以上「食品交換表」に基づくカロリー制限食と糖質制限食について検討してきました。

〇カロリー制限食の場合
いかに食後高血糖をもたらし、また血管内被に傷害を与えているかお分かりいただけましたでしょうか。
糖質を多量に摂取し、食後のグルコーススパイクを薬で抑えたり、インスリン分泌促進薬により疲弊した膵臓のβ細胞を刺激することを毎日繰り返していれば悪循環となります。

〇糖質制限の場合
食後血糖値の上昇が最小限ですみます。
メタボやダイエット、血糖値の改善と目的は様々だと思います。
糖質制限は、基本的な知識を持ち、そして自分に合った方法で長く続けるのが一番だと思います。
くれぐれも無理をしたり、カロリー不足にならぬよう気を付けてください。
あくまでも糖質制限は自己責任で実践してください。
また糖尿病治療中でSU薬の服用や、インスリン注射を打っている場合は、低血糖の恐れがありますので、必ず医師の指導の下に実践してください。

 

 

参考にさせていただいたサイト

食事療法 – 日本糖尿病学会
http://www.jds.or.jp/common/fckeditor/editor/filemanager/connectors/php/transfer.php?file=/uid000025_474C323031332D30332E706466

厚生労働省の日本人の食事摂取基準      7ページをご覧ください
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf

食物繊維とその熱量(エネルギー)

以前5回にわたり「砂糖・糖類そして糖質について」を連載しました。

そこで糖質とは、炭水化物から、人間によって消化できない食物繊維を引いたものだということをお話ししました。

今回は、その人間によって消化できない食物繊維について詳しく解説していきます。

■食物繊維の定義

食物繊維とは、 人の消化酵素によって分解されず、そして消化吸収されない、食物に含まれている成分である。
多糖類(難消化性)であることが多い。

■食物繊維の種類

大きく分けて不溶性(ふようせい)食物繊維と水溶性(すいようせい)食物繊維に分けられます。

■不溶性食物繊維

植物の細胞壁をつくるセルロース、ヘミセルロース、リグニンなどがあります。
不溶性食物繊維は、穀類(こくるい)の外皮や豆類などの細胞壁の基本的な成分であるセルロースを中心として、これにヘミセルロースやリグニンが加わり繊維状になったものです。
消化管内で水分を含み容積を増加させます。それによって糞便の量を増やして便の排泄を促進します。
それにより消化管を通過する時間を短縮させ便秘の予防効果をもたらします。

■水溶性食物繊維

水溶性の難消化性多糖類がからだにとって重要なことがわかり、繊維状ではないのですが、食物繊維と呼ばれています。

〇ジャムなどの原料になる果物に多く含まれるペクチン
〇こんにゃくの原料であるコンニャク粉の主成分であるグルコマンナン
〇種々の植物性のガム質や粘質物(ねんしつぶつ)
〇精製された難消化性デキストリン
〇合成多糖としてのポリデキストロース

粘性の強いものは、練り製品や片栗粉の代用品として又サラダのドレッシングなどに増粘多糖類(ぞうねんたとうるい)として使われています。

syasinn[1]

食物繊維の熱量(カロリー)について

これまで食物繊維はカロリーがゼロといわれていました。
しかし、人間の消化酵素では分解されないが一部は大腸の腸内細菌により発酵分解されエネルギーとして吸収されるという研究が進み、五訂日本食品標準成分表(2001年出版)から、0~2kcol/gのエネルギーが設定されました。

食物繊維が熱量に変わるメカニズム

食事で摂取した食物繊維は胃と小腸を通り抜け大腸に到達します。
そこで腸内細菌による発酵を受けて一部が短鎖脂肪酸に変換され、残りは体外に排出されます。
短鎖脂肪酸は体内に吸収され、肝臓や筋肉細胞などで代謝され熱量になります。

食物繊維の腸内細菌による分解発酵は種類によって著しく異なり、そのための基準が必要になります。以下が提案されました。

①発酵、分解率が75%以上のもの      2kcol/g
②発酵、分解率が25%以上、75%未満のもの   1kcol/g
③発酵、分解率が25%未満のもの            0kcol/g

炭水化物表2
炭水化物の熱量一覧表

食物繊維の熱量(カロリー)については資料が少なくここまでとなりました。
詳しい情報が入り次第追記します。

参考にさせていただいたサイト
 http://www.jfrl.or.jp/jfrlnews/files/news_no34.pdf
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E7%89%A9%E7%B9%8A%E7%B6%AD
http://kotobank.jp/word/%E9%A3%9F%E7%89%A9%E7%B9%8A%E7%B6%AD

 

押手納豆

私の経営するレストラン名ostinatoは、音楽用語です。

オスティナート(ostinato)とは、ある種の音楽的なパターンを続けて何度も繰り返す音楽技法をさし、言語はイタリア語でostinato(伊)「がんこな、執拗な」という意味を持ちます。
このため、執拗音型、執拗反復などと呼ぶ事もあります。
日本人の作曲では、伊福部昭の映画音楽「ゴジラのテーマ」などが知られています。
また、jazzのリフなども繰り返し演奏されるオスティナートです。

ネーミングは42年ほど前、アルトサックス奏者の渡辺貞夫氏が作曲したオスティナートという曲がきっかけです。
メロディーは思い出せませんが、オスティナートという響きのよさが忘れられず、レストランの名前としたのです。

ところが、震災前に営業していた所が(現在営業しているところは、東北大学や東北学院大学があり若者が多い街です)高齢化の進んだ住宅地で、ランチタイムの時などは、お客様も70代から90代の方までいらっしゃいました。
そこで問題なのは、オスティナートと言うレストランの名前がどうしても覚えられないという事です。
そして考えたのがショップカードでした。

押手納豆(おすてなっとう)      まあいいかぁ・・・・・・・

ショップカード完成
フリーソフト jtrim と 彩彩畑 で作りました。折り曲げて使います。

糖質制限食を始めて2年1ヶ月が過ぎました

糖質制限食実践中の皆様こんにちは、

江部康二先生の著書とブログそして読者の投稿を頼りに糖質制限食を始めて2年1ヶ月が過ぎました。
その間、糖質制限に理解のある医師が見つからず、毎日の自己血糖値測定 (4~6回/日)と年1回の人間ドックだけで今日まで来ました。
最近では、私の経営する糖質制限食レストランのお客様にも、医師・看護師・栄養士などの医療関係者が増えてきました。
これからは糖質制限に理解のある医師のもとでHOMAやケトン体等も調べてもらおうと思っています。

人間ドックの成績書が送られてきましたのでご報告いたします。

**********2012/6      2012/7    2013/7   2014/7
FPG *   227             112            131           105
HbA1c         8.2                6.9              5.4             5.0
TC **                                     71             167           200
LDL-C           141            107              75              90
HDL-C           72                44               82              97
TG ***           127               98               48              66
GOT                15                21               20              23
GPT                   9                 15               18              14
γ-GTP                                   22               18              17

*FPG(空腹時血糖値)  **TC(総コレステロール) ***TG (中性脂肪)

自分なりに感じたことをお話しします。

始めなかなか改善しなかった暁現象(早朝の血糖高値)が、7ヶ月前から急に改善し、96~106mg/DLの範囲で落ち着いてきました。
次にLDL-C/HDL-C は最初乱高下しましたがここ1年ほど安定してきました。現在0.92です。
TCは去年167と低めで気になっていましたが、今年は200となり一安心です。
体重は-9kgでBMI19なのでもう少し増やさなければいけなのでしょう。ただし体調がいいので悩むところです。
尿酸値は糖尿病発症時4.4~今回7.8とまだ乱高下しています、納先生(血清尿酸値の専門家)のおっしゃる通りストレスが関係しているのでしょうか。
その他腎臓・肝臓・膵臓・脂質すべてA評価でした。

糖質制限食は、最初なかなか効果が表れなくても、1年2年と続けるうちにだんだんといい方向に向かっていくようです。
焦らずに、今後もレストランに来て下さるお客様と一緒に頑張っていきます。

追記
江部康二医師のブログに投稿した内容を一部書き換えて掲載しました。
参考にしていただければ幸いです。

血糖値の目標値

MTPro[2013年4月25日]

◇HbA1c管理基準を改訂へ,日本糖尿病学会

*“きりのよい”3種の目標値を設定,6月1日に施行予定

日本糖尿病学会(門脇孝理事長)は4月23日に公式サイト上で,HbA1cによる血糖管理基準を改訂し,今年(2013年)6月1日から施行予定であることを明らかにした。
新たな管理基準として,合併症予防のための目標7.0%など,“きりのよい”3種の目標値が設定される。

*6.0%未満,7.0%未満,8.0%未満を設定

日本糖尿病学会の『糖尿病治療ガイド2012-2013』(以下,ガイド)および『科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2010』(以下,ガイドライン)によると,血糖管理のためのHbA1cの指標として下記の5区分が設定されている。

(1)優 6.2%未満
(2)良 6.2~6.9%未満
(3)可(不十分) 6.9~7.4%未満
(4)可(不良) 7.4~8.4%未満
(5)不可 8.4%以上

これに対し,同学会が公式サイトで明らかにしたところによると,新たに下記のような3つのカテゴリーが設定され,HbA1cの目標値も“きりのよい”値にそろえられるようだ。

(1)血糖正常化を目指す際の目標 6.0%未満
(2)合併症予防のための目標 7.0%未満
(3)治療強化が困難な際の目標 8.0%未満

(1)は適切な食事療法や運動療法だけで達成可能な場合,または薬物療法中でも低血糖などの副作用なく達成可能な場合の目標値。(2)については対応する血糖値として,空腹時血糖値130mg/dL,食後2時間血糖値180mg/dLがおおよその目安として付記されている。(3)は低血糖などにより治療の強化が難しい場合の目標だという。

詳細については,第56回日本糖尿病学会年次学術集会(5月16~18日,熊本市)で報告される。また,近日改訂版が発行予定のガイド,ガイドラインでも解説されるという。(平田 直樹)

(記載はすべてNGSP値)

経口血糖降下薬(糖尿病治療薬)からの離脱にはhba1c6.2%~hba1c6.0%未満の数値が必要と思われます。

尚hba1c6.5%以上は糖尿病発症の診断基準に使われている数値です。

 

味付き燻製卵

ラーメンのトッピングや、料理の付け合せまた糖質制限実践中のおやつとしても大人気の燻製卵の作り方を解説します。

味付き燻製卵 1個の糖質量0.25g
IMG_1477

半熟卵を作る。

湯沸かし器のお湯(40~42℃)に常温にした卵を入れ強火にかけます。
ゆで時間9分または沸騰してから4分茹でます。IMG_1441

湯沸かし器の流水にあてながら殻をむくと半熟卵でもむきやすくなります。
IMG_1436

茹であがった卵の断面
IMG_1437

合わせ醤油(以前掲載したブログをご覧ください)と水を2:1にあわせ、ポリ袋に入れた卵に入れ1日漬け込みます。IMG_1443

燻製にする

2分30秒燻製にする。燻製の仕方は以前掲載したブログをご覧ください。
IMG_1467

大き目のボウルで蓋をし、煙を対流させる。
IMG_1469

キッチンペーパーを敷いた皿に乗せ冷蔵庫で寝かせ香りを落ち着かせる。
IMG_1471

ほうれん草とベーコンのスペイン風オムレツ

初めての方は注意事項をご覧ください。

ほうれん草とベーコンのスペイン風オムレツ 1/8カット糖質量0.43g
IMG_1465

糖質0のベーコン99g
IMG_1444

ベーコンと茹でたほうれん草400g(糖質量1.6g)を炒める。塩2gと胡椒を少量入れ味を調える。

ボールに卵8個(糖質量1.2g)とマヨネーズ40g(糖質量0.24g)とパルメザンチーズ20g(糖質量0.38g)を入れる。IMG_1445

炒めたベーコンとほうれん草も入れすべてを合わせる。
IMG_1446

オリーブオイルを入れたテフロン加工のフライパンに材料を全部入れ最初強火でのち弱火にし、ふたをして10~12分加熱する。
IMG_1447

途中蓋を使い裏返しにして加熱する。
IMG_1448

皿に盛り付けて完成です。糖質量3.42gIMG_1455

 

低糖質鱈の香草チーズパン粉焼き

初めての方は注意事項をご覧ください。

生の鱈を調理する場合、ムニエルやフライが一般的ですが、どうしても糖質が高くなってしまいます。
そこで以前掲載しました低糖質香草チーズパン粉を使い低糖質な料理に仕上げました。ソースはやはり以前掲載した低糖質タルタルソースです。

低糖質鱈の香草チーズパン粉焼き  糖質量1.025g
IMG_1434

 

IMG_1429
真鱈125gの糖質0.125g

IMG_1430
軽く塩コショウしてから香草チーズパン粉をまぶす。
香草チーズパン粉8gの糖質0.6g

作り方
テフロン加工のフライパンにオリーブオイルを入れ真鱈をのせ最初強火で、フライパンが温まったら弱火にして両面で10分ほど焼きます。
焼きあがったら、皿に乗せ、低糖質タルタルソース30g(糖質量0.3g)を乗せ少量のパプリカと、ドライパセリを振れば完成です。

ハーブと野菜・花の種まき その4

5/7に種蒔きした育苗パネル(セルトレイ)から育苗ポットへの植え替えをしました。
種蒔き用の土には、肥料が入っていませんので ある程度成長したら培養土を入れた育苗用のポットに植え替えます。
成長もぐんと早まります。
IMG_1406
専用のかごに入れ成長を待ちます。根がしっかり張ってきたら、地植えにします。

IMG_1426
ナスタチューム(金蓮花)

IMG_1425
2度目の植え替えをしたスイートフェンネル。

スーパーで買ってきたポットに入ったバジルです。
これを使ってバジルのさし芽をします
IMG_1403

日の当たる窓辺に置くと2週間ほどで髭のような根が出てきます。
そのあと育苗用ポットに植え替え、根が張ってきたら地植えにします。
IMG_1405

残った苗は、ポットに植えます。
IMG_1410

5月の半ばを過ぎるとハーブの花が咲きだします。

IMG_1422
ラベンダー(昨日BSでベランダーを観ました)

IMG_1421
イタリアンパセリ

IMG_1418
ローマンカモミール

IMG_1415
コモンセージ

IMG_1413
チェリーセージ

IMG_1412
チャイブ

低糖質ブランパンのハンバーガー

ローソンのブランパンが1コの糖質量3.4gから2.2gとして新発売になりました。
IMG_1371

そこで、オスティナートの自家製ハンバーグ糖質量3.48gを使いハンバーガーを作ってみました。

まず、ブランパンを、指で開きます。
IMG_1372

次に加熱したハンバーグを乗せ挿みます。
IMG_1373

IMG_1375

半分に切って完成です。
好みのソースや、野菜などを挿みお召し上がりください。
IMG_1378
ブランパン2個とハンバーグ1個で2個のハンバーガーができます。
ハンバーガー1個の糖質量3.84gとなります。

ジョン・コルトレーンとジョニー・ハートマン

今回ご紹介させて頂くレコードは、1963年3月6・7日録音です。
コルトレーンが肝臓症のために若干40歳で突然他界したのは、1967年7月17日のことでした。
亡くなる4年前のレコーディングになります。

この後亡くなるまでハードなフリージャズにのめり込む演奏に入ります。ちょっと一休みと思いきや、実は、当時のコルトレーンはマウスピースが気に入らぬことに悩み、具合の悪いマウスピースでは急速調のプレイをやりたくてもできず、代わりのマウスピースも入手できなかったので、このlpを作ったそうです。(スイングジャーナル誌油井正一「ジャズの歴史」より)

共演のジョニー・ハートマンは1932年シカゴの生まれ。
ナットキングコールにも通ずる魅力、ソフトな声とテクニックをを持つジャズボーカリストです。

JOHN COLTRANE     AND JOHNNY   HARTMAN

1

曲目

A面
1.ゼイ・セイ・イッツ・ワンダフル
2.デディケイテッド・トゥ・ユー
3.マイ・ワン・アンドオンリー・ラブ
B面
1.ラッシュ・ライフ
2.ユー・アー・トゥー・ビューティフル
3.オータム・セレナード

メンバー
ジョン・コルトレーン(テナー・サックス)
ジョニー・ハートマン(ヴォーカル)
マッコイ・タイナー(ピアノ)
ジミー・ギャリソン(ベース)
エルビン・ジョーンズ(ドラムス)

瞬間スモーク(燻製)

鰹の腹の部分を使い瞬間スモークの仕方を解説します。

スモークチップ(今回は桜のチップ)をホームセンターのアウトドア用品コーナーで買い求めておきます。
IMG_1347

鰹のさく180gに塩を振ります。
IMG_1338

専用の中華鍋にチップを適量入れて中火にかけます。
IMG_1340

煙が出てきたら鰹を丸い網に乗せ写真のように鍋に乗せます。
IMG_1342

ステンレスのボールをかぶせ、ドーム状にし、煙を対流させる。
IMG_1343

1分30秒スモークしたら、ボウルを取り、素早くキッチンペーパーを敷いた皿に移す。(鰹の中心部分に熱が入らない様に素早く移す)
IMG_1345

ペーパーで余分な水分を取り、冷蔵庫で冷やしておく。
IMG_1346

スライスして皿に盛り、とばやのポン酢20g、針生姜5g、万能ねぎ2gを振ります。
ガーリックオイル20gをかけて、鰹のスモークの完成です。
IMG_1349

 

自家製味醂風調味料

和食など、醤油を使う料理には、味醂や砂糖など甘味のある調味料が必要になります。
でも糖質制限実践中は使うことができません。
そこで糖質0の日本酒とラカントsを使い、自家製味醂風調味料を作っておくと便利です。

自家製味醂風調味料の方
鍋に糖質0の日本酒500gとラカントs150g~200gを入れ弱火で溶かせば完成です。(ラカントの量は好みで調整してください)
醤油などと合わせて直接かける場合は、煮きってアルコールを飛ばしてください。

自家製味醂風調味料と醤油を使い、自家製合わせ醤油を作っておきましょう。
丼の割り下や煮物また、直接おひたしや、刺身などにかけて使うこともできます。
直接使う場合、醤油の量が半分に減りますので減塩そして糖質制限になります。(醤油100gの糖質10.1g)

自家製合わせ醤油の作り方
自家製味醂風調味料と醤油を1:1に合わせるだけです。

料理を作ろう 糖質制限食に掲載中の料理レシピでも自家製味醂風調味料や自家製合わせ醤油を使っています。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.