糖質制限的深夜食堂3の6話  ロールキャベツ

ロールキャベツは、トマトスープや、コンソメスープで煮込みますが、今日は鶏ガラ塩味のスープで煮込み、中華風あんかけにしました。
仕上に、豆板醤を入れても美味しいですよ。

IMG_1798
2個の材料:きゃべつ70g糖質1.82g、ハンバーグパテ60g糖質1.50g、(こちらを参考に)鶏ガラ塩スープ150cc糖質0.75g

IMG_1797
楊子でとめてスープで煮込みます。

糖質4.07g
IMG_1812
器に盛り付けとろみを付けたスープをかけて完成。
とろみはキサンタンガムで付けました。

2014年11月にTBSとMBSで放送された、深夜食堂3の6話ロールキャベツ

ざっとあらすじ
肌寒くなってきたある日、マスター(小林薫)はロールキャベツをあらかじめ多めに仕込んでいる。
喜ぶ常連客たちだったが、新しくできた男、キミトシ(高橋周平)と店にきていたストリッパーのマリリン(安藤玉恵)だけは、「母親がロールキャベツを作る日は、男のところに出かける日だった」と気が乗らない。
その母、エリ(柴田理恵)が急に入院することになり、見舞うために福島の実家に戻るマリリン。
しかし、エリの病状はたいしたことがなく、つきあっている男を紹介されるばかりか、「ダンサー」として患者仲間に紹介され、マリリンはショックをうける。
後日、マリリンの踊る新宿ニューアート前に、エリの姿が。
エリには上手く伝えられなかった娘への思いがあり、ある優しい嘘をついていた。
(公式サイトより)

詳しくはyoutubeを

実は、マリリンの母エリは、がんの転移の検査をうけるために上京していたのでした。

マスター:はい

マスターがカウンターに座るエリの前に、いきなり
ロールキャベツを出す。

エリ:これー

マスター:マリリンこれ見てさ、子供のころ母親に良く作ってもらったって、なつかしがってたよ。
味ってなあ~、いつまでも忘れないもんなんだな。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.