砂糖・糖類そして糖質について その2

第二回目は糖質の種類についてです。

前回では、糖質とは、炭水化物から、人間によって消化できない食物繊維を引いたものだというところまでお話しました。

今回はもう少し詳しく糖質とは、炭水化物のうち、消化酵素によって加水分解を受け吸収される物質、あるいはそのまま吸収される物質をいい、また、消化吸収を受けない物質を食物繊維という、としてみました。

前回は、消化吸収されない食物繊維を炭水化物から引くというお話でしたが、今回は体内に吸収される糖質のお話です。

糖質の種類は、単糖類・二糖類・多糖類に分けられます。

  1. 単糖類 糖質の最少単位を単糖類といいます。
    グルコース(ブドウ糖)
    フルクトース(果糖)
    ガラクトース(脳糖)
    マンノース
  2. 二糖類 単糖が2つグリコシド結合(グリコシド結合とは、糖分子と別の有機化合物とが脱水縮合して    成する共有結合です、 この場合は、2つの糖がグルコシド結合)したものです。
    マルトース(麦芽糖)
    スクロース(ショ糖)
    ラクトース(乳糖)
  3. 多糖類 多糖類はさらに単糖類がグリコシド結合したものです。
    デンプン(結合の仕方によってアミロースとアミロペクチンに分類される)
    グリコーゲン(動物における貯蔵多糖として知られ、動物デンプンとも呼ばれる)
  4. 小糖類 単糖類同士がグリコシド結合によって結合した化合物の中で、多糖類というほどは分子量が大きくない糖類のことです。
    オリゴ糖
    難消化オリゴ糖
  5. 糖アルコール 糖類の分子に水素を添加することにより、アルコール基(-OH)をもつ糖質が得られますが、これらを「糖アルコール」と言います。
    エリスリトール (ラカントs・パルスイートカロリーゼロ  )
    ソルビトール
    キシリトール  (ガムなどに使われている)

*そのほか、単糖の一種で、希少糖と呼ばれる、プシコースがあります。なおプシコースについては、別の機会にふれることにします。

如何でしたか、糖質にもたくさんの種類がありますね。ただし例に挙げたのは一部です。あとは皆さんでお調べください。

なお、糖質制限で必要な糖質はこれくらいでいいと思います。

次回は本題である、砂糖0・糖類0・糖質0などの、まぎらわしい表示の意味などを、解説してみたいと思います。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.