糖質制限とスイーツそして依存症

糖質制限と言えば炭水化物はもちろんですが、なかでも甘いお菓子、 スイーツ が食べられないと思うのが、特に女性の場合一番だと思います。
ところが、人工甘味料(糖アルコールや合成甘味料)を使うことで、主食であるご飯や、パン、パスタ、うどんなどとは違い、味と甘味をほとんど変えずに低糖質スイーツを作ることができるのです。

お菓子の材料である生クリームやクリームチーズ・バター等の乳製品そして卵やゼラチンなどすべて低糖質な食材です。

小麦粉の代わりに、アーモンドパウダー、大豆粉、小麦ふすま粉、おから粉なども使うことができます。

パンと違いイーストの発酵も必要ないので、ほとんど無添加で作ることができます。カカオマスを使えば低糖質のチョコレート菓子も可能です。

しかし問題なのは、せっかく糖質制限により甘いものから遠ざかっていたのに、低糖質だという事で食べてしまえば、以前のように習慣化して甘いものが欲しくなるのではないかという事です。

すなわち依存症とは、糖質中毒であり、また甘いもの中毒でもあるのです。

やはり、低糖質なお菓子といえども習慣化させないような注意が必要だと感じています。最近では合成甘味料の問題点も指摘されています。
(糖アルコールであるエリスリトールは安全です)

お菓子だけではなく料理も、基本的に塩コショウだけで味付けする「シンプル」そして「素材を味わう」、料理の原点に帰るべきでしょう。
(料理にも味付けやソースにより依存性があります)

最近読んだ本の中に「ヒトはなぜ太るのか?  」    ゲーリー・トーベス (著),  があります。一部紹介します。

[控えめにするか、完全にやめるか? 230p後半
それは食事中にある程度の炭水化物を許容することは、人によっては元喫煙者に数本のたばこを許可するするとか、アルコール依存者から立ち直った患者に時々酒を飲ませるのと同じ事かもしれない。
それに対応できる人もいるかもしれないし、滑りやすい坂道と感じる人もいるかもしれない。特別な機会に時々食べるデザートが、週一回の贅沢になり、週二回になり、最後には毎晩になり、そして突然、、減量のための炭水化物の制限が失敗したと決めてしまう。
それを続けることができず、体重が元に戻ってしまったためである。]

内容は糖質制限中に炭水化物を食べてしまったことについて書かれていますが、低糖質なお菓子を食べた場合も、味も甘味も同じであれば、生理的に血糖値を上昇させなくても、脳には甘く美味しいものを食べた記憶が残るでしょう。そして糖質中毒また甘いもの中毒が復活するかもしれません。

関連した本を紹介します。

せたければ脂肪をたくさんとりなさい ダイエットにまつわる20の落とし穴ジョン・ブリファ (著), 江部康二 (監修), 夏井 睦 (監修)

[落とし穴15◎間食してもかまわない
人工甘味料  171p
もっと自然な甘味料はどうなのでしょう? ステビアやキシリトールのように、アスパルテームやスクラロースなどの人工甘味料よりヘルシーだと宣伝されている甘味料もあります。
確かに安全性は高いかもしれませんが、私が問題としているのは、その甘さです
そこが肝心なのは当然ですが、ここで問題なのは、人工甘味料を摂取することで、中毒になりやすい甘い味に慣れてしまうことなのです。
長期的には、甘さへの執着を避ける方が賢明だと、私は考えています。]

今回の掲載と同じく低糖質でも習慣 になってしまう危険性が指摘されていました。

糖質制限食レストランとしては難しい課題がいっぱいですが、初心に帰り、やり直そうと最近想っています。

追記

オスティナート さん

コメントありがとうございます。

『ヒトはなぜ太るのか? そして,どうすればいいか』
ゲーリー・トーベス著 太田喜義訳 Medical Tribune
2013年4月28日発行 A5判上製288ページ 2,800円+税

こちらは出版社に頼まれて、私が書評を書いています。

『やせたければ脂肪をたくさんとりなさい』
ダイエットにまつわる20の落とし穴   朝日新聞出版
ジョン・ブリファ (著), 江部康二 (監修), 夏井 睦 (監修), 大田直子 (翻訳)
2014年8月7日発売

こちらは
夏井睦先生と私の共同監修で、英国の本の翻訳です。

2つともいい本ですね。

2015/10/22(Thu) 18:15 | URL | ドクター江部 | 【編集

 

 

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.