糖尿病治療薬(経口血糖降下薬)

レストランで糖質制限食を提供していますが、糖質量20g以下で料理を提供しているため
いつも通りに薬またはインスリンを注射して、低血糖になるお客様がたまにいらっしゃいます。
そのため、予約をお受けするときにSU剤を服用されているか、またインスリンを注射しているかをお伺いしています。
ところがインスリン注射は別として、自分が飲んでいる薬の名前も、薬の効能も知らない人がほとんどのようです。
自分が飲んでいる薬をほとんど把握してない事実には驚くばかりです。
処方している医師も患者さんにあまり説明していないようで、大いに問題があります。
また医師任せにしている患者さんにも問題があると思います。

糖質制限食を召し上がる場合、同じインスリン分泌促進剤でも、SU剤(体内に糖質が入った時、入らない時に関係なく膵臓を刺激してインスリンを出させる薬(基礎分泌的))と
DPP4阻害薬(体内に糖質が入った時だけ膵臓を刺激してインスリンを出させる薬(追加分泌的))では、
確実にSU剤のほうが低血糖を起こします。
また即効型インスリン分泌促進剤(服用後数時間だけインスリンを出させる薬)も同様にご注意ください。

私は医師でも薬剤師でもはありませんので、これ以上詳しく説明する事は控えさせて頂きます。
そのため ウィキペディア へのリンクでご紹介させていただきます。
また武田薬品工業株式会社のサイトにもリンクしています。

経口血糖降下薬(2型糖尿病における糖尿病治療薬の総称)

追記
同様の内容が江部康二医師のブログに紹介されていましたので、リンクします。
2014/2/11/19:04

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.