糖質制限的深夜食堂3の8話 きんぴらごぼう

糖質制限を実践しているセイゲニストにとって、きんぴら牛蒡は糖質が高く食べることができません。

そこで今回低糖質なきんぴら牛蒡を作ってみました。
2人分150gの糖質量6.95g 1人分75g の糖質量3.475g
IMG_1701

材料:牛蒡の千切り50g・大根の皮の千切り50g・ブロッコリーの茎の千切り50g
調味料:醤油15g・自家製みりん風調味料15g・一味唐辛子少量・ごま油・いりごま少量

作り方
材料を千切りにして水にさらしてあくを取る。
フライパンにごま油と材料をいれ炒める、熱が入ったら調味料を入れ軽く炒める。
器に盛り、いりごまと輪切り唐辛子を振って完成。

この秋から年末にかけて、深夜食堂というテレビドラマの第3シリーズがTBSやMBSで放送されています。
先週の深夜食堂3-8きんぴらごぼうが泣けました。

ざっとあらすじ
きんぴらごぼうあるかしら?」颯爽とした印象の女、 市川千鶴(つみきみほ)が店に入ってくる。
驚いて目を見開く、常連客で地回りのヤクザ・ゲン(山中崇)。
千鶴は、ゲンの高校時代の英語の教師であり、部活の顧問、そして憧れの女性だった。
有頂天のゲンは、その晩千鶴と飲み明かし、千鶴に「愛してるぜー!」と叫ぶ。
千鶴は教師の仕事を辞めたあと、通訳の仕 事でニューヨークに渡っていた。帰国は10年ぶりとなる。
時間を惜しむように昔の仲間や世話になった人と会う千鶴。
その理由をマスター(小林薫)にだけほ のめかす。
そんなことは知らず、千鶴との時間を待ち わびるゲン。
高校を辞めて上京するときに千鶴が持たせてくれたきんぴらごぼうの味を思い出しながら、千鶴のために堅気の男になろうと誓っていた。
(公式サイトより)

詳しくはyoutubeを

原作をご覧になっていない方には最後のシーンが分かりにくかったと思いますが、千鶴先生はニューヨークでお亡くなりになりました。
【千鶴先生とマスターの会話から
マスター:ずっとアメリカにいるつもりかい
千鶴先生:うーうん今度はもっと遠くに行くのだからゲンくんも私のこと忘れてほしい。】
ルームメイトからの手紙を、兄貴分のやくざ竜ちゃんが、ゲンちゃんの働くパチンコ店で渡していました。
ゲンちゃんが、お客のパチンコ玉の入った箱をひっくり返すシーンに涙が溢れました。

Copyright (C)2016 wp-Ostinato All rights reserved.