ハーブと野菜・花の種まき その4

5/7に種蒔きした育苗パネル(セルトレイ)から育苗ポットへの植え替えをしました。
種蒔き用の土には、肥料が入っていませんので ある程度成長したら培養土を入れた育苗用のポットに植え替えます。
成長もぐんと早まります。
IMG_1406
専用のかごに入れ成長を待ちます。根がしっかり張ってきたら、地植えにします。

IMG_1426
ナスタチューム(金蓮花)

IMG_1425
2度目の植え替えをしたスイートフェンネル。

スーパーで買ってきたポットに入ったバジルです。
これを使ってバジルのさし芽をします
IMG_1403

日の当たる窓辺に置くと2週間ほどで髭のような根が出てきます。
そのあと育苗用ポットに植え替え、根が張ってきたら地植えにします。
IMG_1405

残った苗は、ポットに植えます。
IMG_1410

5月の半ばを過ぎるとハーブの花が咲きだします。

IMG_1422
ラベンダー(昨日BSでベランダーを観ました)

IMG_1421
イタリアンパセリ

IMG_1418
ローマンカモミール

IMG_1415
コモンセージ

IMG_1413
チェリーセージ

IMG_1412
チャイブ

低糖質ブランパンのハンバーガー

ローソンのブランパンが1コの糖質量3.4gから2.2gとして新発売になりました。
IMG_1371

そこで、オスティナートの自家製ハンバーグ糖質量3.48gを使いハンバーガーを作ってみました。

まず、ブランパンを、指で開きます。
IMG_1372

次に加熱したハンバーグを乗せ挿みます。
IMG_1373

IMG_1375

半分に切って完成です。
好みのソースや、野菜などを挿みお召し上がりください。
IMG_1378
ブランパン2個とハンバーグ1個で2個のハンバーガーができます。
ハンバーガー1個の糖質量3.84gとなります。

ジョン・コルトレーンとジョニー・ハートマン

今回ご紹介させて頂くレコードは、1963年3月6・7日録音です。
コルトレーンが肝臓症のために若干40歳で突然他界したのは、1967年7月17日のことでした。
亡くなる4年前のレコーディングになります。

この後亡くなるまでハードなフリージャズにのめり込む演奏に入ります。ちょっと一休みと思いきや、実は、当時のコルトレーンはマウスピースが気に入らぬことに悩み、具合の悪いマウスピースでは急速調のプレイをやりたくてもできず、代わりのマウスピースも入手できなかったので、このlpを作ったそうです。(スイングジャーナル誌油井正一「ジャズの歴史」より)

共演のジョニー・ハートマンは1932年シカゴの生まれ。
ナットキングコールにも通ずる魅力、ソフトな声とテクニックをを持つジャズボーカリストです。

JOHN COLTRANE     AND JOHNNY   HARTMAN

1

曲目

A面
1.ゼイ・セイ・イッツ・ワンダフル
2.デディケイテッド・トゥ・ユー
3.マイ・ワン・アンドオンリー・ラブ
B面
1.ラッシュ・ライフ
2.ユー・アー・トゥー・ビューティフル
3.オータム・セレナード

メンバー
ジョン・コルトレーン(テナー・サックス)
ジョニー・ハートマン(ヴォーカル)
マッコイ・タイナー(ピアノ)
ジミー・ギャリソン(ベース)
エルビン・ジョーンズ(ドラムス)

瞬間スモーク(燻製)

鰹の腹の部分を使い瞬間スモークの仕方を解説します。

スモークチップ(今回は桜のチップ)をホームセンターのアウトドア用品コーナーで買い求めておきます。
IMG_1347

鰹のさく180gに塩を振ります。
IMG_1338

専用の中華鍋にチップを適量入れて中火にかけます。
IMG_1340

煙が出てきたら鰹を丸い網に乗せ写真のように鍋に乗せます。
IMG_1342

ステンレスのボールをかぶせ、ドーム状にし、煙を対流させる。
IMG_1343

1分30秒スモークしたら、ボウルを取り、素早くキッチンペーパーを敷いた皿に移す。(鰹の中心部分に熱が入らない様に素早く移す)
IMG_1345

ペーパーで余分な水分を取り、冷蔵庫で冷やしておく。
IMG_1346

スライスして皿に盛り、とばやのポン酢20g、針生姜5g、万能ねぎ2gを振ります。
ガーリックオイル20gをかけて、鰹のスモークの完成です。
IMG_1349

 

自家製味醂風調味料

和食など、醤油を使う料理には、味醂や砂糖など甘味のある調味料が必要になります。
でも糖質制限実践中は使うことができません。
そこで糖質0の日本酒とラカントsを使い、自家製味醂風調味料を作っておくと便利です。

自家製味醂風調味料の方
鍋に糖質0の日本酒500gとラカントs150g~200gを入れ弱火で溶かせば完成です。(ラカントの量は好みで調整してください)
醤油などと合わせて直接かける場合は、煮きってアルコールを飛ばしてください。

自家製味醂風調味料と醤油を使い、自家製合わせ醤油を作っておきましょう。
丼の割り下や煮物また、直接おひたしや、刺身などにかけて使うこともできます。
直接使う場合、醤油の量が半分に減りますので減塩そして糖質制限になります。(醤油100gの糖質10.1g)

自家製合わせ醤油の作り方
自家製味醂風調味料と醤油を1:1に合わせるだけです。

料理を作ろう 糖質制限食に掲載中の料理レシピでも自家製味醂風調味料や自家製合わせ醤油を使っています。