低糖質夕食メニューと血糖値測定

ワンタッチ ウルトラ ビュー(血糖値自己測定)のセンサーが届きました。
はかって健康ドットコムで注文(個人輸入)した、クイックセンサー200枚が韓国から送られてきました。
価格は16,900円です。(国内参考価格:30,200円
以前の残り2枚と比べて実際に測ってみたら、ほぼ変わらぬ数値が出たのでほっとしました。
今日から食後血糖値の測定開始です。

今日の夕食メニュー
IMG_3413
上左から、サラダ、黒豆煮、大根のゆず味噌
下左から、ブラン丸パンのガーリックトースト、シチュー風チーズ牛筋カレー
今日も結構なボリュームでしたが完食しました。

今日のデザートはおせち料理でおなじみの黒豆煮です。
上にのせた白のキューブは、菜種油と卵・ラカンカット・バニラエッセンスで作ったバニラアイス(100g当たりのエリスリトールを除く糖質0.054g)です。
マイナス20℃以下で2日間冷凍すると、固くなります。
それをキューブにカットして冷凍しておくと、いろいろ使えます。またおやつにもなります。
黒豆煮と一緒に食べたら、昔食べた金時のアイスキャンディーを思い出しました。
IMG_3423

2015/12//23  8:14pm  食事開始
IMG_3414

9:16pm
IMG_3425

10:16pm
IMG_3429

10:16pm  血圧
IMG_3464

今日の夕食メニュー作り方や糖質は、
下記のページを参考にしてください

小麦ふすま(ブラン)丸パン
http://goo.gl/byTTUL

大根煮
http://goo.gl/c4GKHP
柚子味噌(水煮缶を使ったサバの味噌煮から甘味噌の作り方を参考にし、柚子果汁を絞って下さい)
http://goo.gl/HpcgDc

黒豆煮(黒豆寒天の作り方を参考にし、煮汁を200gよりも煮詰め150gにしてください。
粉寒天は入れません。今回はキサンタンガム(増粘多糖類)で、すこしとろみを付けてあります。)
http://goo.gl/45XOhZ

牛筋カレー
http://goo.gl/MmnOND

低糖質餃子の皮とおまけのタリアテッレ

フィリップスのヌードルメーカーと、専用低糖質うどん用ミックス粉を使い餃子の皮を作りました。

材料:
専用低糖質うどん用ミックス粉250g(100g当たりの糖質18g)
水110g
塩4g
IMG_3375

作り方:
ヌードルメーカーにシート状に製麺するアタッチメントを取り付け、粉・水・塩を入れます。
製麺開始。

IMG_3382

出てきたシート状の麺では、厚みがあり低糖質の餃子の皮は作れないので、パスタマシーンで一番薄く延ばします。

IMG_3387

セルクルで、餃子の皮の大きさ(9cm)にくり抜きます。

IMG_3384

残った生地はもう一度、ヌードルメーカーに入れて製麺します。

IMG_3391

これを繰り返し無駄なく生地を使いこなします。
最後にどうしても余った生地は、パスタマシーンでタリアテッレにしました。
きしめん風に食べてもいいでしょう。

IMG_3394

餃子の皮:直径9cm、重さ6.5g、35枚、1枚当たりの糖質0.8g
タリアテッレ:110g、糖質13.6g

IMG_3395

○餃子の作り方はこちらをご覧ください

低糖質餃子

○リングイーネのジェノバソースですが
タリアテッレでも同様に作れます。

低糖質パスタ リングイーネのジェノバソース

○ジェノバソースの作り方

バジルソース(ソースジェノベーゼ)

 

鶏もも肉のポアレ粒マスタードソース

フライパンに少量の油を入れ、鶏もも肉を皮目から8割焼きます。
目安は、皮の部分から徐々に上の方に白くなっていくのが見えます。
この時、絶対蓋をしないでください。皮がパリッと焼けません。
時間は、焦がさない程度の火加減で10分以上かかります。
IMG_3353

裏返して残りの2割に火を通せば完成です。
IMG_3354

ソースを作ります。
鍋に粒マスタードを入れ、合わせ醤油と柑橘系の果汁(レモンまたは柚子)を入れます。
少量の水で塩分を調整します。
最後にキサンタンガムをごく少量入れてとろみを付けます。(計量できないほど少量でとろみがつきます)
IMG_3358

皿に盛り付けた鶏肉にかけて完成です。
IMG_3362

皮はパリッと中はジューシーです。
100g当たり44円の鶏肉もこれで大変身です。IMG_3373

大根が主役のおでん

知り合いからたくさん大根を頂きました。
今日は大根が主役のおでんです。

材料:
大根
三角揚げ(宮城県で食べられている油揚げ)
こんにゃく

ブロッコリ

作り方:
大根の下ごしらえは、大根の煮物をご覧ください。
三角揚げとこんにゃくは、食べやすい大きさにカットする。
卵は半熟に茹で殻をむいておく。
ブロッコリは下ゆでしておく。

大根の煮物で使った煮汁に、ブロッコリ以外の材料を入れ沸騰させる。
沸騰したらすぐ火を止め冷ます。(冷める時に味が染みます。)
食べる時に温め、ブロッコリを添え、茹で卵を半分に切って戻して完成です。
IMG_3341

下記のページを参考にしてください。

大根の煮物
http://goo.gl/Lzof8T

 

断食10日後の検査結果

断食10日後の検診結果が出ましたので、ご報告します。

○2015/11/4(橋本クリニック・仙台市)
尿酸値:6.3
TG(中性脂肪):56
HDLコレステロール:67
LDLコレステロール:139
総ケトン体:4040 (アセト酢酸:541 ・βヒドロキシ酪酸:3500 )
グルコース:108
HbA1c/NGSP:5.5
HbA1c/JDS:5.1
GA(グリコアルブミン):13.4
インスリン:2.9
抗GAD抗体:0.4未満

○体重・血糖値・血圧の推移
2015/12/5 断食開始
・・ ・・・体重 血糖値 血圧
01. 12/05 ・55.5・110・ 126
02. 12/06・ 55.0  ・83・ 131
03. 12/07 ・54.0 ・ 71 ・117
04. 12/08・ 53.0  ・80・ 117
05. 12/09・ 52.0  ・83 ・117
06. 12/10 ・51.5  ・95 ・115
07. 12/11 ・51.5  ・89 ・120
08. 12/12・ 51.0  ・89 ・122
09. 12/13 ・50.5  ・73 ・126
10. 12/14 ・50.0  ・76 ・126

※断食10日後(11日目空腹時)の検診結果
○2015/12/15(橋本クリニック・仙台市)
ALT(GPT):13
‎AST(GOT):17
‎γ-GTP:16
クレアニチン:0.62
尿酸値:8.9
TG(中性脂肪):82
HDLコレステロール:53
LDLコレステロール:189
総ケトン体:9910(アセト酢酸:1410・βヒドロキシ酪酸:8510)
グルコース:92
HbA1c/NGSP:5.3
HbA1c/JDS:4.9
GA(グリコアルブミン):12.9

・尿酸値が上がりました。
断食による肉体的ストレスでしょうか。

・グリコアルブミンは基準値内でした。

・食品として、口からコレステロールを入れなくてもLDL-Cが上がりました。

・グルコースは正常で、糖新生も十分行われたようです。

・総ケトン体9910でもケトアシドーシスにはなりませんでした。

江部先生からのコメント

Re: 断食10日後の検診結果が出ました

オスティナート さん

検査結果のコメント、ありがとうございます。

断食あるいは低カロリー食により、尿酸値は上昇します。

断食により、肝臓がコレステロールを多く生産したということですか。
興味深いです。

総ケトン体9910は、なかなかの高値ですが、インスリン作用があるていど以上確保されていれば
ケトアシドーシスにはなりません。
オスティナートさんの場合も生理的なケトーシスで安全なものです。

2015/12/19(Sat) 15:20 | URL | ドクター江部 | 【編集