ちょっとした勘違い

私が24歳のころ、今から38年ほど前に読んだ源氏鶏太の小説があります。
直木賞受賞の小説家だそうです。

短編だったとは思いますが、本のタイトルが思いだせません、でも内容は覚えています。

とある通りに面する喫茶店でのお話です。

RIMG1419(私が以前経営していた幻のレストラン(仙台市の定禅寺通り))

カウンター前、ガラス越しに、毎朝同じ時間にこちらを向いて「にっこり」笑い、挨拶する素敵な女性が通るのです。
最初は偶然だと思ったのですが毎日続き、すっかりその気(思いを寄せるよう)になっていました。

ある日、なんとその素敵な女性がお店に入ってきたのです。
喫茶店の店員はこれぞとばかりに、思いを話しました。

女性の話はこうです、
「毎朝あわただしく自宅を出てきます。ちょうどお店(喫茶店)の前のガラスが鏡のように映るので、「にっこり」して自分の容姿を見ていました」ということでした。

こんなことってよくあることですよね、
飲食店を経営している私にも同じような経験があります。

ちょっとした勘違いに「にっこり」、
なんとも、「ほっこり」するお話でした。

男は黙って、一軒家、D・I・Y

投稿しているDIYすべて独学です。
きっかけとなったのは大改造劇的ビフォーアクターです。

前回放送の大改造劇的ビフォーアクター、wエンジンのえとう窓口さんの150万円リフォーム、大変参考になりました。
http://www.asahi.co.jp/beforeafter/d00177opbh.html

中でも「キッチンリフォーム」でリサイクルショップ(完全会員制の業務用リサイクルのテンポス)で調達したステンレス品の活用です。
http://www.tenpos.com/

afterimg_161

 

私も今回、業務用シンクや作業台を使い屋外キッチンを作りました。
すべてリサイクル品をテンポス仙台店(水栓金具を除く)でそろえました。

完璧な屋外キッチンです。

img_5457

●右、傾斜のついた奥行きのある作業台でオーダー品のようです。
規格外のため収まりが悪く売れ残っていたようです。
そして信じられないくらい安かった。(12,000円税別)
●中、幅広で中央に工夫のある、非常に使いやすいシンクです。(15,000円税別)
●左、スタンダードな作業台(15,000税別)

シンクや作業台のほかに使用した道具や水栓金具などです。
以前厨房を解体したときの在庫品も使用しました。
img_5435

水栓金具の取り付けにはシールテープを3回ほど巻きねじ込みます。(蛇口二本用の水栓金具です)
img_5439

蛇口を取り付けます。
シャワーホース用専用金具と交換しました。これは優れものです、蛇口に直接ホースを差し込めます。
img_5436

もう一本はフレキシブルな金具と交換し使いやすくしました
img_5444

水平をとります。
img_5438

錆や汚れを取ってから、防水抗菌のコーキングを使い一枚につないでいます。
ステンレステープやアルミテープを使うよりも清潔です。
消耗品ですので2~3年に一度コーキングしなおすことをお勧めします。
img_5454

プロの料理人もうらやむキッチンシステムが出来ました。
右の傾斜のある作業台に、畑から収穫してきた野菜などを乗せシャワーで洗い流すことができるので、農家の人にも向きます。
img_5456

もちろんBBQもできます。
左の作業台にIHコンロや炭などのコンロも置けます。ステンレスですので耐熱も十分です。
img_5459
新品で調達した場合、水栓金具や水回り工事費を含めると、25万円ぐらいになります。
今回の費用は水栓金具(10,000円税別)を含めて56,160円(税込み)でした。(diyのため工事費を除く)

前回放送の、大改造劇的ビフォーアクターで大活躍した、クールポコの型枠芸人(写真中央のタコハチマキ)「小野まじめ」さん、
最後に、 「男は黙って、一軒家、D・I・Y」 お見事でした。

photo_b021

 

ワイルドストロベリーとチョコレートコスモスの地植え

仙台地方、今年は雨が多く晴天がめったにありません。
今日、久しぶりに晴れました。

今日も草取りです。
img_5430
その後
ワイルドストロベリーとチョコレートコスモスの地植えです。
img_5431
ワイルドストロベリーはランナーが伸びてどんどん増えるので、他の植物の領域を侵略してしまいます。
そこで、プランターで管理し増えないようにしてきました。
これまで悩んでいましたが、ワイルでストロベリー専用の場所約1.5坪を決めました。(あっというまに増えますので、株分けして、ほしい人に差し上げる予定です。)
小さな実が成り、タルトなどに使えます。
酸味がありますが味が濃くスイーツに乗せますと全体に味がしまり美味しくなります。
来年の春から夏にかけて沢山収穫できそうです。
生育状況やスイーツなど、またアップします。
img_5434
チョコレートコスモス、ホームセンターで約半額の190円で買えました。
まだほとんど蕾ですが渋い色でお気に入りのコスモスです。
img_5432

 

鰤の照り焼き

美味しそうな油の乗った鰤がスーパーの店頭に並ぶようになりました。
今日はラッキーです。
img_5403鰤が食べられます。

早速、定番鰤の照り焼きを作りました。

切り身を塩を振らずにオイルを引いたテフロン加工のフライパンで焼きます。
img_5404

半分ほど熱が入ったらクッキングペーパーで余分な油をふき取ります。
img_5408
そこに合わせ醤油と好みでほんの少し液状ラカントを加えます。
img_5409
フライパンの中で炒るようにして、味をしみこませます。
img_5411
付け合わせはこれ
img_5412
鰤を皿に盛りナムル1/3を添えました。
img_5413
こんなのもありました。
img_5390
明太子マヨネーズ和えにし、タバスコを少量加え、大葉の千切りを添えて、もう一品。(2人分)
img_5400
今日の夕食
img_5421上左からタコの明太子マヨネーズ和え・小エビのだし巻きとラタトゥイユ
下左から鰤の照り焼きナムル添え・絹ごし豆腐

すべて低糖質です。
詳しい作り方は過去の投稿を参考にしてください。

低糖質万能合わせ醤油

カニ玉だし巻き

ラタトゥイユ

 

糖質制限食料理人のセルフリノベーション エントランス(玄関)編その10

前回エントランス(玄関)床の解体まででした。

糖質制限食料理人のセルフリノベーション エントランス(玄関)編その9

今日はエントランス(玄関) 床張りの仕上です。
材料はナラ無垢材を使いました。

今回のリノベーションは築46年の住宅で、床材は12mmが張られています。
ここで困ったことがありました。
既存の枠組みを生かしたかったので床材も12mmを探しましたが、ナラの無垢材の場合15mmがほとんどで、12mmが買えないことでした。

時間はかかりましたが、ネットで探して購入、やっと届き今日の床張りとなりました。

カットし仮置きしてから張っていきます。
img_5383
材料が固いのでスライド丸鋸を使いました。
img_5384
ネタボンドで接着したので、
貼り終わってから床が浮いたり軋みが出ないように、重量ブロックを置きました。
img_5386
床も落ち着き床張りの完了です。
img_5389