ガイトンの生理学から、グルカゴン

私は最近、グルカゴンに夢中(熱中病)です。

ガイトンの生理学から、グルカゴンについて一部転載します。
残りは後日また追記します。

グルカゴンとその機能

グルカゴンは血糖が低下したときに、ランゲルハンス島のα細胞から分泌されるホルモンであり、インスリンの持つ作用と正反対のいくつかの作用を持っている。
これらの機能のうちもっとも重要なものは血糖濃度を上昇させることで、この作用はインスリンの作用とは正確に正反対である。
インスリンと同様にグルカゴンは大きなポリペプチドである。
その分子量は3,485で、29個のアミノ酸鎖からなる。
純化したグルカゴンを動物に注射すると強力な高血糖作用が起きる。
わずか1μg/kgのグルカゴンはおよそ20分血糖濃度を20mg/100ml上昇(20%の上昇)させる。
このため、グルカゴンは高血糖ホルモンとも呼ばれる。

グルコース代謝への作用

グルカゴンのグルコース代謝に対する主要な作用は、
(1)肝臓のグリコーゲンを分解すること(グリコーゲン分解)
(2)肝臓における糖新生

中略

アミノ酸はグルカゴンの分泌を刺激する。
これはアミノ酸がインスリン分泌を刺激するのと同じ作用である。
このように、この場合は、グルカゴンとインスリンの反応は逆ではない。
グルカゴン分泌に対するアミノ酸による刺激の重要性はグルカゴンがアミノ酸をグルコースに迅速に変換することで、組織に利用できるグルコースをより多くすることである。

運動はグルカゴン分泌を刺激する:疲労困憊に至る運動では、グルカゴンの血中濃度はしばしば4~5倍に上昇する。
血中グルコース濃度は必ずしも低下しないので、何がこれをおこさせるかは明らかでない。
グルカゴンの有益な作用は血中グルコースの低下を防ぐことである。
運動におけるグルカゴン分泌を増加させるかもしれない因子の1つは、循環血中のアミノ酸の増加である。
その他の因子として、ランゲルハンス島のβアドレナリン作動性刺激もまた役割を果たすかもしれない。

過去に投稿したグルカゴン関連記事です。
カテゴリー、グルカゴンから
https://wp-ostinato.eek.jp/wp/category/%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%82%b4%e3%83%b3/

反骨の外科医

NHKBS1で放送された
世界のドキュメンタリーから
医療の原点、考えさせられた番組でした。
再放送のリクエストをしましたが、まだ予定はないようです。
https://www.youtube.com/watch?v=EnRA39Q8zYY

反骨の外科医

エチオピアの山奥に赴任した医師エリクセンは、ありとあらゆる症状を数分単位で処置し、日用品を手術や治療器具に変身させる。「医療の原点」を実践する男と村人たちの絆の物語。

のこぎりや電動ドリル、釣り糸、自転車のスポークも、立派な手術道具に一変。医療先進国スウェーデンの病院の細分化・マニュアル化された毎日から飛び出したエリクセンは、設備もお金もないエチオピアで、忍耐強く運命を淡々と受け入れる村人たちを相手に、充実した10年を送る。だが、定年を機に帰国した母国では、居場所を失ってしまう・・・

原題
The Rebel Surgeon
制作
Fasad Cine(スウェーデン 2016年)
初回放送
2017年10月25日(水)午前0時00分~

マグロのタルタル

マグロの血合いが安く買えます。

もちろん加熱用ですが、赤身が1/4ほどついています。

赤身と血合いを包丁で切り分け、赤身肉をタルタルに使います。

血合い部分は、たれに漬け込みステーキにします。

左赤身、右たれに漬けた血合いです。

タルタル用の赤身を刻みます。

タルタルソースを作ります。

作り方は過去の投稿をさんこうにして下さい。

低糖質タルタルソース

赤身とタルタルソースを合わせます。この時赤身を少し残しておきます。
セルクルを皿に載せ中に詰めます。

残した赤身を上に載せます。

その上にチャイブ又は青ネギの刻んだものをたっぷり載せセルクルを抜いて完成です。

好みで、マグロ赤身にワサビと塩で下味をつけておくと、生臭さも消えしっかりとした味になります。
また、オリーブオイルやガーリックオイルをかけても美味しくなります。

前菜としてそのまま、またカナッペなど食べ方色々です。

味噌の糖質

各種みその食品成分を調べてみました。

「八丁味噌赤だし」を含め「豆みそ」の炭水化物が
米みそや麦みそに比べ低いようです。
炭水化物から食物繊維を引き糖質を求めてみると、思ったより低糖質で驚きました。
前回投稿した豚汁にも八丁味噌赤だしを使っています。
いつもの豚汁より色が濃い仕上がりですが、味は問題なしです。
味噌を使った和風ビーフシチューもいけそうです。
ちなみに私が作っているカレールウは、八丁味噌赤だしを使っています。

裁判官のカレー

〇日本食品標準成分表2015年版(七訂)
[栄養成分表100gあたり]

●麦みそ
エネルギー198Kcal,
たんぱく質9.7g,
脂質4.3g,
炭水化物30.0g,
食物繊維6.3g
ナトリウム4.2g
食塩相当量10.7g

●米みそ/赤色辛口
エネルギー186Kcal,
たんぱく質13.1g,
脂質5.5g,
炭水化物21.1g,
食物繊維4.1g
ナトリウム5.1g
食塩相当量13.0g

●豆みそ
エネルギー217Kcal,
たんぱく質17.2g,
脂質10.5g,
炭水化物14.5g,
食物繊維6.5g※
ナトリウム4.3g
食塩相当量10.9g

~~~~~~~~~~~~~~~~

●イチビキ 名古屋八丁味噌(豆味噌)赤だし(メーカー表示)
エネルギー205Kcal,
たんぱく質16.9g,
脂質9.5g,
炭水化物13.0g,
食物繊維g 不明※(6.5g)
ナトリウム4.2g
食塩相当量10.7g
※日本食品標準成分表2015年版(七訂)の豆味噌の食物繊維が6.5gなのでほぼ同じだと思われます。

こちらの商品(イチビキ 名古屋八丁味噌(豆味噌)赤だし)通販で注文しました、明日届きます。
https://www.amazon.co.jp/dp/B002PK12YG/ref=pe_492632_159100282_TE_item_image

豚汁

7日前に作った豚汁今日食べ終わりました。

材料は低糖質な食材が主です。

根菜のごぼうは糖質が多いのでささがきにして少量入れました。
味噌は、低糖質な八丁味噌を使っています。

材料
豚こま肉
ごぼう
こんにゃく
大根
白菜
ねぎの青い部分
ねぎの白い部分を刻んだもの
青唐辛子の刻んだもの
七味唐辛子

新しい発見がありましたので、作り方はまた投稿します。

追記
録画していたNHKの プロフェショナル仕事の流儀 豆腐職人 山下 健 を見ました。
大豆まで自分で栽培している、ほんとうのプロです。
収穫した大豆を自らより分けている、感動しました。

「いま甘さ一辺倒の時代なので、自分はへそ曲がりなので、その反対を行く。
うまさって、甘みだけじゃないんだよって、すべてが甘み甘みになっちゃっているから」
同感です。
私と同年代、とても尊敬します。