朝食とグルコース

朝食とグルコースについて参考にしていただけたら幸いです。

ストライヤー生化学第7版p754からの抜粋
【3.再び摂食した状態
栄養たっぷりの朝食に体は生化学的にどう応答するのだろう。
脂肪は通常の摂食時とまったく同じに処理される。
しかしグルコースの場合は話が違う。
肝臓は初めは血中グルコースを吸収せず、他の臓器で使うため残しておく、さらに肝臓は糖新生モードを維持するが、今度は、糖新生で新たに合成されたグルコースは肝臓の貯蔵グリコーゲンの補充に使われる。
血糖値が上昇し続けると、肝臓は貯蔵グリコーゲンの補充を完了し、残った過剰なグルコースを脂肪酸合成に使い始める。】

剥がす

なにを、剥がすのか、
それは、柱と梁です。

住宅(築47年)の、柱と梁の汚れを剥がします。

過去、何度も汚れを落とさぬままに塗り重ねられた塗料(着色ニス)による独特な汚れです。

この柱と梁を建築当時の無垢の状態(白木)まで剥がします。
これは、私にとっては畑の草取りと同じ感覚です。

〇方法は、
●まず、どうしても落ちない塗料を、スケルトンという薬剤で溶かし、削り取ります。
●次に、ディスクグラインダー125mm#60と,100mm#60の研磨ディスクで粗削りします。
●そして、最後の仕上げでサンダー(#40~#100)を使います。
すべての工程において磨剤材が目詰まりしますので頻繁に交換しなければなりません。

〇使用する主な道具と研磨材は、
ディスクグラインダー3台、
サンダー3台
いずれも、ヤフオクで3,000円前後(新品の1/3程度が目安)で落札したものです。
工具の数が多いのは目詰まりした研磨材をまとめて交換するためです。

サンダー用のペーパー(#40)は市販のサンドペーパーをカットして作ります。
専用のペーパーより安くて助かります。

騒音と粉塵が出ますので
イヤーマフとマスクも必要です。

この作業、時間と体力を使う、職人も嫌がる仕事のようで、ふつうは研磨せずに、上から塗料で塗りつぶしてしまうようです。
では、なぜ私がこんな作業をするのか、それは熱中病を患っているためなのです。

続きます。

ウエイトトレーニングと糖質

ガイトン生理学 原著第11版ですが21,600円と高価ですので購入を控えていましたが、ついにAmazonで中古6,130円と格安で購入できました。
これまでは図書館での閲覧でしたので助かります。
本日午前中に届きましたので、さっそくコメントいたします。

参考にしていただけたら幸いです。

ガイトンの生理学(p1021)より

インスリンは筋肉のグルコース取り込みと代謝を促進する

1日の大部分の時間、筋肉はそのエネルギーをグルコースに依存するのではなく脂肪酸に依存する。

中略

しかしながら、2つの条件下では筋肉は大量のグルコースを利用する。

このうち1つは、中等度あるいは高強度の運動である。
このグルコースの使用には大量のインスリンは必要ない、というのは運動している筋肉繊維は、たとえインスリンがなくても、収縮の過程自体のためにグルコースをより透過できるようになるからである。

筋肉が大量のグルコースを利用する第2の条件は、食事後数時間である。
このときには、血糖の濃度が高く、膵臓は大量のインスリンを分泌している。
余分なインスリンは筋肉細胞へのグルコースの迅速な輸送をひき起こす。
後で述べるように、これがこの時期には筋肉に脂肪酸よりもむしろグルコースを優先的に利用させるのである。

筋肉におけるグリコーゲンの貯蔵:
もし食後筋肉が運動しないで、グルコースが大量に筋肉細胞に輸送されると、大部分のグルコースは、エネルギーとして利用されずに、濃度の上限の2~3%まで筋グリコーゲンの形で蓄えられる。
グリコーゲンは後に筋肉によりエネルギーとして使われ得る。
それは特に筋肉による短期間の極端なエネルギー利用に有用で、また数分間のグリコーゲンから乳酸への解糖による嫌気的なエネルギーの大量放出をまかなう。
これは酸素がなくても起こる。

コンダラ病

こちらの記事
https://toyokeizai.net/articles/-/232545

単純に、「白い炭水化物」と「茶色い炭水化物」について、自分の考え(自説)を正当化しようとしているように思えます。

基本的な誤りも結構ありますが、
○炭水化物の熱量(カロリー)
日本(7訂食品成分表)では、炭水化物1g当たりの熱量は4kcolではありません。
http://www.jfrl.or.jp/jfrlnews/files/news_no34.pdf
炭水化物=糖質(4kcal)+食物繊維(水溶性2kcal以下・不溶性0kcal以上)です。野菜の根菜類や海藻類では特に問題です。

この方、相当に「重いコンダラ病」のようです。
医学界に限らず、どの「業界」にも地位や経歴とは関係なく、この様な方はいらっしゃいます。
しかし、頭が不事由な場合は、なかなか治らないようです。
ちなみに、私は「軽いコンダラ病」です。

反論(正論)は、頭の自由な江部先生に任せて、我々は遠くから見守るしかないのでしょうね。

※注・コンダラとは整地ローラーの俗称です。

追記

こんばんは。
yanosono さん、オスティナートさんから
「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」
の著者、 津川友介氏のマスコミ登場について
情報を頂きました。
ありがとうございます。

津川氏、確かに極めて単純に
「茶色い炭水化物」が善玉で
「白い炭水化物」は悪玉と
決めつけておられますね。

私には津川氏は臨床経験が少ない総論家のように思えます。
実際に多くの患者さんを診ていると
このように簡単に決めつけることは困難なことも多々あるのですが・・・。

江部康二
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-4656.html

鈴なりトマト

今年は、トマトときゅうりの植え付けが遅れたため、最近やっと収穫となりました。

トマトは、ミニトマトと中玉トマトです。

コンパニオンプランツとしてスイートバジルも植えましたが、写すのを忘れました。

こちらは、ダークオパールバジルです。
花が満開です。

花が終わったラベンダーの前に、グランドカバーとして植えましたが、ラベンダーの上品な「薄緑」と、ダークオパールバジルの「渋い紫」の花がとてもきれいです。

キュウリも毎日収穫しています。
またアップします。